「また連絡します」と言われたら?男女別の心理や対処法を解説します

気になる男性から「また連絡します」と言われたら、どう思いますか?「脈なし」と判断する人もいれば、「遠回しに断られた?」と疑問に思う人もいるでしょう。「次の連絡を待とう」と前向きに考える人もいるかもしれません。実はこの「また連絡します」という言葉には、さまざまな心理が隠されています。そこで今回は、「また連絡します」に隠された男性の本音と、そう言われたときの対処法について紹介します。

  • 「また連絡します」と言われたら脈なし?

    想いを寄せる男性との別れ際や、LINEでやりとりしている最中に「また連絡します」と言われたら、あなたはどのような気持ちになりますか?「もしかしてフラれた?」「リップサービス?」「これは脈なしの証拠?」などなど、さまざまな感情が入り乱れてしまうでしょう。

    「また連絡するね」と言われたら、果たしてその言葉を信じていいのでしょうか?それとも、遠回しに「気持ちはない」と断られているのでしょうか?または、ただの社交辞令なのでしょうか?

    今回は、「また連絡します」という言葉の意味に隠された男性、女性、それぞれの心理と対処法をご紹介します。恋の行方を知るためにも、ぜひとも「また連絡するね」の裏に隠された本当の気持ちを知っておきましょう。
  • 「また連絡します」と言う女性の心理

    男性から「また連絡するね」と言われたら、まず自分がそのフレーズを使うときの気持ちを想像して、それを参考に男性の意図を読み取ろうとするのではないでしょうか。

    そこでまずは、「また連絡します」と言う女性の心理をご紹介していきましょう。果たして、また連絡するというのは本当なのでしょうか?それとも社交辞令なのでしょうか?それとも、体の良い断り文句なのでしょうか?気になる言葉の裏に隠された心理を解説していきましょう!

    連絡する気のない社交辞令


    すべての場合がそうとは言いませんが、多くの女性は「また連絡します」を社交辞令として使っているようです。「いつ連絡するとは約束できない」「連絡をしないかもしれない」「連絡をする気はないが、とりあえず相手に不快感を与えたくない」という気持ちが、「また連絡する」というセリフに繋がっているのでしょうね。

    LINEやメールを一旦やめたい


    もうLINEやメールを終わらせたいのに、いつまでも終わらせることができない!いつサヨウナラを言えばいいのかわからない!そんな経験ありませんか?そんな時に便利に使える言葉こそが「また連絡する」というワードです。「用事があるからごめん!また連絡するね」「ちょっと〇〇に行ってくる!また連絡するね」という使い方が主流です。

    面と向かって断れないとき


    たとえば「今度〇〇に行こうよ」「デートしようよ」というお誘いを受けたとき、面と向かって断るのは気まずいと感じませんか?面と向かって断るのが難しい時や、話題を変えたい時に「じゃあその件については、また連絡するね」「予定がわかったら、また連絡しますね」という言い方をして、ひとまず話を終わらせるのです。

    特に気の弱い女性や、人に気遣いができる女性は、このようなふんわりした断り方をすることが多いでしょう。相手がどのような性格をしているのかを考えながら判断をすると、断り文句なのかどうかがわかるかと思います。

    本当にまた連絡する時もある


    いつとは約束できないけれど、本当に連絡をするつもりがあるときも「また連絡するね」という言葉を使います。この場合は断り文句でも社交辞令でもないので、女性はそのうちに連絡するつもりでいるはず。ただし、連絡をするつもりだったけれど、忙しくて忘れてしまう場合もあります。そのため、必ず連絡するとは言い切れません。

    「また連絡します」が別れの挨拶になっている


    女性によっては、「また連絡します」というフレーズが別れのあいさつになっている場合もあります。「また連絡します」が「バイバイ」の同意語のようになっているのでしょう。たとえ友人であっても、知人であっても、思いを寄せる恋人であっても、彼氏であっても、別れ際には「また連絡しますね」と言っているのかもしれません。

    この場合の「また連絡しますね」には、深い意味もありませんし、人によっては「連絡します」と言ったことすら忘れている可能性もあります。したがって当然のことながら、「脈あり」「脈なし」ともまったくの無関係です。