大学教授は不倫しやすい?その理由や不倫関係からの抜け出し方を紹介

  • 大学教授と不倫関係になるリスク

    次に解説をしていくのが、大学教授と不倫関係になるリスクです。

    そもそも不倫自体がリスクのある行為ですが、大学教授との不倫は、大学教授が相手だからこそ負うリスクというものがあります。

    それを知らずに不倫してしまえば必ず後悔することに繋がるため、リスクを知って、できる限り不倫しないように気を付けたほうが良いでしょう。

    大学内に広まると居づらくなる


    これは普通の不倫にも言えることですが、不倫していることがバレる、または噂が広まってしまえば、確実に大学に居づらくなります。これは女子学生に限らず、職員や同じ大学教授にも言えることですね。

    たとえ噂レベルであっても、不倫の噂は良い印象を感じさせません。好き勝手に言われることも増えてしまいますし、肩身が狭い思いをしてしまうでしょう。

    バレると慰謝料を請求される


    不倫がバレると、相手の配偶者から慰謝料を請求されるおそれがあります。この場合は大学教授の妻から慰謝料を請求されることになりますが、金銭的にかなり厳しい状態になるでしょう。

    特にあなたが女子学生の場合、学生の身で多額の慰謝料を払うのはかなり厳しいはずです。ほとんどのケースで両親にバレて肩代わりしてもらうことになるため、両親との関係にもヒビが入りやすいのが事実でしょう。

    就職が難しくなることも


    不倫がバレたり、一度でも噂が広まってしまえば、就職に大きく影響を及ぼすリスクもあります。不倫をしていたという事実や噂などが就職を希望している会社に知られてしまえば、当然それはマイナス点として捉えられ、良い評価を受けることは難しくなるでしょう。

    また、会社でも不倫をしてトラブルを起こしそうという印象を与える可能性も否定できません。そうするとかなり就職には不利になるため、将来を考えるならば不倫をしないことが大切です。

    貞操観念が低い軽い女として見られることもある


    バレてしまえば、しばらくの間は「不倫女」というレッテルを周囲から貼られることになるでしょう。人によっては、貞操観念が低く簡単にセックスさせてくれそうな女として、あなたを見てしまう人もいるかもしれません。つまり、不倫がバレると軽い印象を持たれるというリスクがあるのですね。

    たとえ不倫関係を終わらせて真面目に大学生活を送ろうと思っても、軽い印象を持たれた以上、変なちょっかいやアピールをされてしまうことはあるでしょう。純粋に好きな人ができたとしても、その人から本命として見られる可能性も必然的に低くなります。
  • 大学教授との不倫関係から抜け出す方法

    最後に解説していくのが、大学教授との不倫関係から抜け出す方法です。

    どうすれば大学教授との関係を終わらせられるのか。その方法が知りたくてたまらないという人もいるでしょう。リスクや将来のことを考えれば、一刻も早く不倫をやめたほうが自分のためになるのですから。

    そんな人のために、不倫関係から抜け出す方法を解説していきます。

    リスクを負っても関係を続けたいか考える


    どうしても不倫を終わらせる踏ん切りがつかないという人は、今一度リスクを考えてみましょう。そのリスクを考えた上で、それでも大学教授との不倫を続けたいと思うならば、それでもいいかもしれません。バレた時の責任を負うのはあなたであり、それがわかっているならば火遊びをしてもいいでしょう。

    しかし、リスクを考えて、背負うのは到底無理だと思うならば、早めに関係を切り上げるのがおすすめです。たとえ好きだと思っていても、不倫関係がバレてしまえば、決して少なくないリスクがあなたを襲うことになります。たとえ今は頼れると思っている大学教授も、バレてしまえば平気であなたを見放すこともあるでしょう。

    きっぱりと別れを告げて関わらない


    きっぱりと別れを告げることができるならば、ぜひそうしてください。そして、できる限り今後は関わらないようにして、何かのキッカケで再び不倫関係に繋がらないように細心の注意を払いましょう。

    たとえ大学教授から止められたとしても、相手が既婚である以上、不倫関係を続けるのはおすすめできません。もし本気であなたを思ってくれているならば、すぐに離婚をしてあなたを選んでくれるはずです。そうではないのに引き止められるということは、ただ都合の良い相手がほしいだけ。

    思い切って別れを告げ、徹底的に距離を取りましょう。

    同世代の男性との関わりを大切にする


    同世代の男性との関わりを大切にすると良いでしょう。サークルの仲間、男友達、バイト先の人など、大学教授以外の男性との接点を増やしていけば、少しずつ大学教授に対する興味はなくなっていくはずです。

    最初は大学教授と同世代の男性を比べて、やっぱり大学教授のほうが魅力的だと思うこともあるかもしれませんが、同世代男性にも魅力的な部分はあります。大学教授からしてみても、年の離れた自分よりも同世代の男性と過ごしているあなたを見れば、不倫関係を続けるのはやめにしようと思うこともあるかもしれません。

    どちらにしても、身近に仲の良い男友達の目があれば、あなたも大学教授もお互いに近づくのが難しくなっていくため、おすすめの方法だと言えます。

    彼氏を作って大学教授との不倫をやめる


    彼氏を作ってしまうのが手っ取り早く不倫をやめる方法でしょう。大学教授からしてみても、彼氏がいる女性に手を出すのは非常にリスクがあることはわかっています。ちょっとした火遊びのためにリスクを上げるのは危険であり、ほとんどの場合は身を引いてくれるはずです。

    また、彼氏ができることで、あなた自身に心の余裕ができるかもしれません。頼れる相手が大学教授しかいないと、どうしても意識はそちらに行きがちですが、他にも相手ができれば自然とそちらにシフトチェンジしていくでしょう。