ディズニーデートで別れるのはなぜ?原因と別れないための楽しみ方!

  • カップルがディズニーデートで別れる理由

    より具体的にカップルがディズニーデートで別れる理由を知るために、よくある原因をチェックしていきましょう。

    楽しいディズニーデートですが、よく見れば別れる理由になる落とし穴がいくつもあることに気付かされます。

    どんなことが別れることに繋がるのか、早速見ていきましょう。

    人が多い


    人が多いというのは、ディズニーデートをする上では切っても切り離せない環境でしょう。そのため、そもそも人混みが苦手な人や、人の多さに酔ってしまう人の場合はディズニーデートに向かない可能性もあります。

    それでもディズニーデートをするならば、人が多いということを覚悟して楽しまなくてはなりません。ある程度割り切ってデートを楽しもうとしないと、終始イライラや不快感が増して、結果的に恋人に迷惑をかけてしまうことになるでしょう。

    待ち時間が長い


    人混みが当たり前にあるように、アトラクションやフード購入の待ち時間が長いことも避けて通れないディズニーデート事情です。ディズニーデートで別れる原因になるのは、この待ち時間の過ごし方がNGだったからというのは珍しくありません。

    当然待ち時間に対してイライラしていては恋人を不愉快にさせますし、かといって待ち時間を楽しもうという意思がなければ、気まずい雰囲気や恋人を退屈させてしまう原因になります。

    待ち時間を上手く対処していけないと、恋人から「この人と一緒にいても楽しくない」と思われることに繋がり、結果的に別れてしまうのですね。

    スマホゲームなどを片方がやりだす


    スマホゲームなどを片方がやりだしてしまうと、必然的に取り残された一人はつまらない状態になってしまいます。そもそもディズニーデートに限らずとも、デート中に恋人がスマホゲームに熱中をしていたら不愉快に思う人は多いでしょう。いくら待ち時間が長いディズニーデートとは言え、許されるものではありませんよね。

    放置された立場としては「自分の存在よりもゲームを取った」「一人だけ楽しんでいてずるい」という気持ちになるため、別れる決意に繋がることは少なくないのです。

    別れるのは会話が続かず気まずいから


    会話が続かない状態は、恋人に限らず非常に気まずい思いをするものでしょう。特に恋人ともなれば、あまりに会話が続かず気まずい思いをすると「この人と相性が悪いのかもしれない」と思うことや「もしかして自分といるのがつまらないのかな」と不安にさせてしまうこともあります。

    ディズニーデートをすると別れるカップルが多いというのも、そもそも会話が長続きするほど親しくなっていない、または会話がなくても問題ない関係になっていない、ということが理由として挙げられるでしょう。
  • カップルがディズニーデートで別れる理由<続き>

    カップルがディズニーデートで別れる理由は他にもあります。

    どんな落とし穴にハマってしまうと別れに繋がってしまうのか、できるだけ多くの注意点をしって備えておくことが大切でしょう。

    アトラクションの好みが合わない


    そもそもアトラクションの好みが合わないと、ディズニーデートを思う存分楽しめないという状態に陥ってしまいます。特に片方が絶叫系好きで絶叫に乗りたいという気持ちが強いと、絶叫系が苦手な人からすれば大きな負担となるのですね。

    ディズニーデート全体が楽しいと思えないものとなり、負担や疲ればかりが募るものとなるので、「嫌なことをさせている人と付き合ってもいいのか」という考えに行き着いてしまうのです。

    基本的にディズニーをはじめ遊園地系のデートをする際には、苦手な人に合わせたアトラクション選びをしないと、2人で楽しむのは難しくなります。

    パレード好きかそうじゃないかで分かれると…


    ディズニーと言えばパレードが目玉だという考えを持つ人もいるでしょう。しかし、中にはパレードよりもアトラクションに乗りまくりたいという考えを持つ人もいますよね。このタイプの2人がディズニーデートをした場合、お互いがある程度妥協しないとデートが楽しめないというのは容易に想像がつくはずです。

    アトラクションの好みの違いの問題とも似ていますが、ある程度ディズニーデートをするならば相手に合わせる姿勢が大切でしょう。恋人がパレード好きならば、パレードを見る時間を作ってあげたほうが確実に盛り上がります。しかし、ある程度相手にもパレードを諦めてもらってアトラクションを優先してもらったほうが、お互いWin-Winな感じがしますよね。

    お互いに譲らない姿勢を持ってしまう、またはあからさまに機嫌が悪くなってしまうようであれば、結果的に別れることになるのも当然のことだと言えるでしょう。

    ディズニーデートを過大評価した結果、別れることも


    おそらくほとんどの人は、ディズニーデート=特別なデート・ロマンチックなデート、といったポジティブなイメージを抱いていることでしょう。実際、他のデートスポットと比べるとディズニーデートは特別なものであることが多く、いつも以上に張り切って期待してしまう人は多いはずです。

    しかし、別れるカップルが多いことを見ると、楽しいことばかりではないというのもわかりますよね。それを理解しないまま「ディズニーデートをすれば必ず楽しめるはずだ!」と思い込んでしまえば、注意や意識不足での失敗を招き、2人の関係は気まずいものになってしまうのです。

    盛り下がる発言は別れる原因に


    中には「ディズニーなんて子供がいくもの」「ミッキーは人気者だけどどうせ人間が入っているし」と、どこか冷めた考えを持つ人もいるでしょう。そういった人にとってみれば、ディズニーデートではしゃぐ人を見てもイマイチ理解ができず、つい上記のようなことを言ってしまうこともありますよね。

    しかし、ディズニーデートを楽しんでいる恋人に対して、そういった盛り下がる発言をするのはNG。楽しんでいる本人からしてみれば、せっかく夢の世界に来ているのに現実的なことを言わないで…と気持ちが盛り下がる原因になるのです。

    当然、恋人の無神経な言葉には不快に思う人はいるわけで…。「この人と一緒にいても楽しくなさそう」「否定された気持ちになって冷めた」と思い、別れを決意してしまうのですね。