アソコが黒いのが気になる!原因や改善方法は?気になる男性の本音も

  • アソコが黒いのを改善する方法ってある?

    アソコの色が黒いことに悩んでいる女性は少なくないでしょう。もしアソコの色を改善する方法があれば、すぐにでも実践したいですよね。こちらでは、アソコの色を改善する方法や予防につながる方法をご紹介しています。黒いアソコを改善したい方、これ以上黒くしたくない方はぜひお試しください。

    アンダーヘア処理は正しい方法で


    アンダーヘアの処理を自己流でしていると、余計な刺激を与えて黒ずむ原因になる可能性があります。アンダーヘアを剃るときはきちんとシェービングフォームを使用し、切れ味の落ちていないシェーバーやカミソリを使いましょう。クリームを使わず切れ味の落ちたシェーバーやカミソリを使うと、摩擦刺激が大きくなるので要注意。

    また、脱毛器を使う場合は商品ごとの説明に従い、正しい方法で使いましょう。除毛クリームを使う場合も、説明に従うことが大切です。また、肌に合わない除毛クリームは必ず使用を中止し、肌に合うクリームを探し使用するようにしてください。

    肌を刺激しない素材の下着を付ける


    サイズの合わない肌を締め付ける下着は、摩擦によりアソコが黒ずむ原因になりやすいので、ゆとりのある下着を着けるようにしましょう。蒸れも黒ずみ原因になる場合があるので、下着の素材は化学繊維よりも通気性が良い綿素材やシルクがおすすめです。

    下着の縫い目も肌に刺激になるので、できれば縫い目が無いシームレスタイプの下着を選ぶと良いですね。また、補正下着はぴったりと密着するので要注意。どうしても体のラインをキレイに見せたい特別な日だけ使用するなど、毎日使わないことがポイントです。

    トイレのときアソコを優しく拭く


    尿をした後、トイレットペーパーでゴシゴシと拭いていませんか?それが摩擦刺激になり、アソコが黒くなる原因になる場合があるので要注意。トイレットペーパーで拭くときは、ポンポンと尿を吸い取るイメージで拭くだけで大丈夫です。

    こする必要はないので、陰毛や肌についたしずくを吸い取る程度に優しく拭くように意識してみてください。毎日必ずすることですから「優しく」を心がけるようにしましょう。

    お風呂のお湯の温度に気をつける


    アソコが黒いのとお風呂のお湯の温度に関係はなさそうに見えますが、実はあるんです。お風呂のお湯の温度が高いと、肌の皮脂を根こそぎ落としてしまい、乾燥の原因になります。

    肌が乾燥するとバリア機能が低下し、少しの刺激でも大きな負担に。その刺激が黒くなるもとになるので、お風呂のお湯に気をつけた方がいいのです。お風呂の温度は38℃~40℃くらいで、少しぬるめのお湯にするのがおすすめですよ。
  • アソコが黒い以外にも!女性の性器の悩み

    アソコが黒い以外にも女性器の悩みは色々あります。人それぞれ違う色・形だからこそ、さまざまな悩みが出てくるのでしょう。よくある女性器の悩みについてまとめてみました。

    ビラビラの大きさ


    なかなか他人とビラビラの大きさを比較するという機会はありませんが、明らかに自分のビラビラは大きいと思っている人は多いです。ビラビラが大きいと割れ目からビラビラが出てしまったり、おしっこが変な方向に飛ぶなどの影響があります。

    また、見た目もグロテスクに感じやすいので、ビラビラを小さくしたいという女性は少なくないのだそう。今はそんな女性のために、ビラビラを小さくする手術まであるんですよ。それだけ多くの女性が悩んでいるということなのでしょう。

    アソコのニオイ


    もともと女性の性器はニオイが発生しやすい場所で、周りにニオイが漏れていないか悩んでいる人が多いです。しかし、蒸れにくい下着を選んだり、おりものシートの使用、ビデの使用など、細かいことを心がければニオイを軽減できます。

    また、お風呂に入ったときにはしっかり洗うことも重要です。中は洗わなくても良いのですが、外側はビラビラがあったり入り組んでいます。溝に汚れが溜まりやすく、洗い落とせていないとキツイニオイの原因に。アソコのニオイが気になる方は、下着選びやおりものシート、ビデ、良く洗うなどのことに気をつけてみてください。

    アンダーヘアが濃い


    アンダーヘアが広範囲に濃く生えているのが悩みという女性は少なくありません。毛量が多いだけでなく、毛の一本一本がしっかりしているので、処理をしてもブツブツ見えたり、抜くと血が出るなど。

    アンダーヘアが濃いと頻繁にお手入れが必要になり、面倒臭いですし処理をたくさんすることでアソコが黒くなりやすいです。処理が面倒なだけでなく、黒ずみやすいという2つの問題があるのが悩みになりやすいのでしょう。

    アンダーヘアが生えていない


    アンダーヘアの濃さに悩む人からすると羨ましいかもしれませんが、アンダーヘアが生えていないのが悩みの人もいるのです。海外ではアンダーヘアを全て剃ってしまうのは当たり前の文化になっていますが、日本でつるつるにするのは一般的ではありません。

    そのため、アンダーヘアが生えていないと温泉に行ったときに恥ずかしい思いをしたり、白い目で見られるなどのことがあるそうです。