頼られたい男性の心理とは?上手に甘える方法や注意点を解説します!

女性に頼られるのが好きな男性は多いもの。とはいえ、男性に頼らなくても何でもできてしまう女性もいますし、上手に甘えられない女性も多いため、頼られる機会があまりない…と残念がっている男性も少なくないのだとか。そこで今回は、頼られたいと思っている男性の心理や、男性に上手に甘える方法などを紹介します。上手に彼氏に頼ったら、どんどんいい男に育っていくかもしれません。

  • 男性はみんな、女性に頼られたい!

    最近では、男性に臆することなく自分の意見を表明し、能力を存分に発揮するたくましい女性が増えてきました。その一方で、男性がおとなしくなり、昔と比べて男女が逆転しているとまで言われることもあります。

    とはいえ、自分から言わないだけで、本当は「女性に頼られたい」「甘えてほしい」と思っている男性も多いのではないでしょうか。

    あまり自己主張しない男性も、いざという時に頼りになったりするものです。恋人同士や夫婦になれば、彼氏や夫には「頼れる男」でいてほしいですよね。女性が強いと言われる時代だからこそ、男性への上手な頼り方について考えてみませんか?

    男は頼られたい生き物?


    よく冗談交じりに「男は単純な生き物だ」などと言われます。たしかに、褒めて伸びるタイプの男性は多い印象がありますし、何か役割を与えられることで、メキメキと責任感や自信を持つようになる男性も多いです。

    デキる女性ほど、男性に頼らなくても生きていくことができてしまいます。でも、男性の中には密かに「女性から頼られたい」「役に立って自信をつけたい」と思っている人もたくさんおり、何でも一人でこなす女性にちょっと寂しさを感じていたりするのではないでしょうか。

    頼られたいけど言えない男性も多い


    「何でも頼って」「俺に任せて」と自らリーダーシップを発揮する男性ばかりではなく、一見おとなしそうな草食系男子でも、実は女性から頼られたいという気持ちを秘めている人はいます。

    本当は頼られたいけれど、自分から手や口を出すのは差し出がましいと思う謙虚な男性や、実際は役に立たなかったらどうしようと不安に思う男性もいるでしょう。様々な理由で、自分から頼られようとまでしないのです。

    そこで、女性から上手に甘えて男性の「頼られたい願望」を満たし、心を掴むようにするといいでしょう。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)