頼られたい男性の心理とは?上手に甘える方法や注意点を解説します!

女性に頼られるのが好きな男性は多いもの。とはいえ、男性に頼らなくても何でもできてしまう女性もいますし、上手に甘えられない女性も多いため、頼られる機会があまりない…と残念がっている男性も少なくないのだとか。そこで今回は、頼られたいと思っている男性の心理や、男性に上手に甘える方法などを紹介します。上手に彼氏に頼ったら、どんどんいい男に育っていくかもしれません。

  • 男性はみんな、女性に頼られたい!

    最近では、男性に臆することなく自分の意見を表明し、能力を存分に発揮するたくましい女性が増えてきました。その一方で、男性がおとなしくなり、昔と比べて男女が逆転しているとまで言われることもあります。

    とはいえ、自分から言わないだけで、本当は「女性に頼られたい」「甘えてほしい」と思っている男性も多いのではないでしょうか。

    あまり自己主張しない男性も、いざという時に頼りになったりするものです。恋人同士や夫婦になれば、彼氏や夫には「頼れる男」でいてほしいですよね。女性が強いと言われる時代だからこそ、男性への上手な頼り方について考えてみませんか?

    男は頼られたい生き物?


    よく冗談交じりに「男は単純な生き物だ」などと言われます。たしかに、褒めて伸びるタイプの男性は多い印象がありますし、何か役割を与えられることで、メキメキと責任感や自信を持つようになる男性も多いです。

    デキる女性ほど、男性に頼らなくても生きていくことができてしまいます。でも、男性の中には密かに「女性から頼られたい」「役に立って自信をつけたい」と思っている人もたくさんおり、何でも一人でこなす女性にちょっと寂しさを感じていたりするのではないでしょうか。

    頼られたいけど言えない男性も多い


    「何でも頼って」「俺に任せて」と自らリーダーシップを発揮する男性ばかりではなく、一見おとなしそうな草食系男子でも、実は女性から頼られたいという気持ちを秘めている人はいます。

    本当は頼られたいけれど、自分から手や口を出すのは差し出がましいと思う謙虚な男性や、実際は役に立たなかったらどうしようと不安に思う男性もいるでしょう。様々な理由で、自分から頼られようとまでしないのです。

    そこで、女性から上手に甘えて男性の「頼られたい願望」を満たし、心を掴むようにするといいでしょう。
  • 頼られたいと思う男性心理とは

    女性から頼られたいと思っている男性の心の中では、どのような心理が働いているのでしょうか。なんとなく「頼られることで、男として認められてる感じがするからかな?」と予想できますよね。実際のところはどうなのでしょうか。

    頼られたいと思う気持ちの裏には、次のような心理が隠されていると考えられます。

    いい男だと思われたいから


    「頼られる男はいい男」という構図がほとんどの男性にあるようです。頼ってきた女性だけでなく、周りからもいい男と思われたいという密かな願望があるのでしょう。

    周りからいい男と評価されるには、男として頼られ一役買うことが手っ取り早い方法です。頼られることで女性からはモテたり憧れの目で見られたり、男性からはうらやましがられたりすることを期待しているのですね。

    男としてのプライドが刺激されるから


    誰かに頼られるということは、それなりの存在として認められていることを示します。人から頼れる存在として認められると、男としてのプライドが刺激されるもの。

    たいていの男性には、自分はいい男なんだ、頼られるべき存在なのだというプライドがあり、それを守りたいと無意識のうちに思っています。そんな願望が「頼られたい」という気持ちにつながり、プライドを刺激されることで快感を覚えるのでしょう。

    人から求められることが嬉しいから


    男としてどうこうではなく、誰かに必要とされたいと願う気持ちを、多くの人が持っているのではないでしょうか。女性だけでなく誰からも頼られたいのは、人から求められ期待されること自体に喜びを感じる気持ちがあるからでしょう。

    人は誰でも少なからず承認欲求を持っています。男性の場合は特に、頼りにされることで承認欲求を満たそうとするのかもしれません。

    自分に自信がつくから


    人から頼られることで男としてのプライドがくすぐられるうえに、頼られた結果、自信を得ることもできます。頼られて自分が行動した結果、相手に喜ばれたという経験を持つ男性は、頼られることで得られる自信を知っているのです。

    頼られ、相手のために何かをすることで、自分の自信にもつながるとわかっているため、人のためだけでなく自分のためにも頼られたいと思うのでしょう。

    人の役に立ちたいから


    自信や快感も得られますが、単に人のためを思う気持ちから、頼られたいと考える男性もいるでしょう。このような男性は、「役に立ちたい」「相手に喜ばれたい」と自分よりも人のことを思って行動します。

    本当に人のために行動する男性は下心がないため、多くの人から頼られる存在となりそうですね。とはいえ人間ですから、自分が認められたい、モテたいという気持ちを持つことも、決して悪いことではないでしょう。