【男女別】デートをドタキャンする理由とは?正しい&ダメ対応も解説

この記事では、デートをドタキャンする人には、どんな理由があるのか、そしてどんな心理があるのかについて触れていきます。ドタキャンされたからと言って、脈なしと言うことではありません!また、男女別ドタキャンの理由とその本音や、ドタキャンされた時のNG対応も紹介します。

  • デートをドタキャンする理由ってなに?

    楽しみにしていたのに、デートをドタキャンされてしまった!と言う経験をしたことがある方は、意外と多いのではないでしょうか?ドタキャンされた人は「どうしてドタキャンするの?」「嫌われてしまったのかな?」などと、ひたすら考えてしまう人も多いでしょう。

    デートをドタキャンする理由には、具体的にどんなものがあるのか、ひとつひとつ紹介していきます。

    やむを得ない理由


    ドタキャンをする理由のひとつに「やむを得ない理由」があります。例えば、体調不良になってどうしても行けなくなることもあるでしょう。更に、交通事情も関係してきます。積雪によって電車がストップしてしまった…豪雨で道路が冠水した…なども「やむを得ない理由」です。

    ドタキャンをされたとしても、どうしても行けなくなった「やむを得ない理由」があることも多いので、まずはしっかりとドタキャンの理由を聞くことが大切です。

    相手の個人的な理由


    相手の個人的な理由によって、ドタキャンされてしまうこともあるでしょう。個人的な理由とは、「急に行きたくなくなった」「やっぱり他の人と会うことにした」などの理由です。そして大抵の場合、本当はデートに行きたくないためドタキャンしたのに、「体調が悪くて…」と嘘をつくことが多いです。

    嘘だとわかったとしても、まずは受け入れてあげることが大切。優しく相手を気遣うような言葉をかけてあげると、その優しさにときめくようになり、再度デートの約束の連絡が来ることも少なくなりません。

    そもそもドタキャンってどこからがドタキャン?


    基本的に、約束していた予定を断るのであれば、1週間前には断っておくのが大切。先に予定がわかっているのであれば、できれば2週間前までには断るのがいいでしょう。人によって、いつからが「ドタキャン」だと感じるかは差があります。

    数日前にキャンセルしても、それを「ドタキャンされた」と受け取る方もいます。基本的に2〜3日前にキャンセルをするのがギリギリ。前日キャンセルもドタキャンに入ります。当日キャンセルは、完全なるドタキャンです。

    一般的に、どこからがドタキャンなのかを理解しておくことも大切です。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)