彼氏にお金を貸すのはNG?その理由と頼まれたときの上手な断り方

  • 彼氏にお金を貸すのはダメ?その理由とは

    ここまで、お金を貸す派、貸さない派、両方の意見を見てきました。しかし、彼氏にお金を貸すのはあまり良いことだとは言えません。どうして彼氏にお金を貸すのがいけないのでしょうか?その理由をお話します。

    一度貸すと何度も借りようとしてくる


    彼氏から「お金貸して」と言われてすぐにホイホイ貸してしまうと、彼氏は調子に乗って何度も借りてくる可能性があります。そうなってくると、一度貸した手前、断りづらくもなりますよね。たとえ少額でも、何度も貸していると金額は膨れ上がるばかりです。

    押しに弱い人こそ、最初の段階で「彼氏でもお金は貸せない」と断っておくことをおすすめしますよ。

    彼氏に対する気持ちが変わってしまう


    彼氏にお金を貸した日から、なんとなくモヤモヤしてしまってうまく付き合えなくなる、というケースも少なからずあります。お金が返ってきたらそのモヤモヤは晴れるかと思いきや、彼の顔を見るたびに「お金を貸した」という記憶がよみがえって、うまく接することができなくなってしまう…というわけです。

    お金を貸しただけで気持ちが冷めるとかありえない!と思うかもしれませんが、人によっては、お金を貸すことで彼氏に対する気持ちがマイナスに変化することもあるのです。

    少しでも「貸したくないな…」と思ったら、お金を貸すのはやめましょう。

    対等な関係でいられなくなる


    彼氏にお金を貸したことで、カップル内で上下関係が生まれてしまう場合もあります。彼女側が彼氏に対して「貸してやった」という気持ちで接してしまったりすると、きっと関係にヒビが入るでしょう。彼氏が「俺にお金を貸すべきだ」という態度で彼女に接した場合も同様です。

    このように上下関係ができてしまうと、交際がうまくいかなくなるものです。カップルとは対等であり、互いを尊敬しあってこそ良い関係が築けるものですよね。日ごろから些細なケンカで亀裂が入りがちなら、お金を貸すことで関係が悪化してしまう可能性が高いので、貸さないほうが無難でしょう。

    彼氏にお金を貸すとヒモ化してしまうおそれも


    一度彼氏にお金を貸してしまったばかりに、彼氏が金銭的にかなり頼ってくるようになり、だんだんヒモ化していくというケースもあります。彼氏にお金の無心をされたとき、自分がお金に余裕があるなら「助けてあげたいから貸す」という判断を下す人も多いでしょう。

    しかし、お金を貸すときは自分の経済状況だけでなく、彼氏の性格も見極めてから、貸すかどうか決めるべきです。すぐに誰かに頼ったり、普段から甘えた考え方をしているような彼氏なら、お金を貸すべきではないでしょう。ヒモになる可能性大です。

    もし彼女が一人暮らしをしていようものなら、転がり込んでくる可能性だってあります。ヒモ化した彼氏を養うのは、ストレスがたまるものです。別れの原因にもなりかねません。

    「お金をちょっと貸すくらい大丈夫」と気楽に考えすぎないほうが良いですよ。
  • 彼氏に「お金を貸して」と言われたときの断り方

    いくら彼氏でも、できればお金を貸したくはありませんよね。ですが、断り方がわからず、押しに負けてお金を渡してしまう人もいると思います。今回は、やんわりと断る方法をいくつかご紹介します。

    「お金の貸し借りはしないと決めてるの」


    彼氏や友人などから「お金貸して」と言われて、なんのためらいもなく「いいよ」と言える人は少ないと思います。身近で大切な人なら特に、金銭トラブルが原因で縁が切れてしまう事態は避けたいものですよね。

    いい断り方が思いつかない…という時には、「お金の貸し借りはしないと決めてるから貸せない」と断りましょう。彼氏は粘ってくるかもしれませんが、絶対に折れてはいけません。一貫して「貸せない」という姿勢を貫きましょう。

    ただし、この断り方をするからには、彼氏以外の友人などにも一切お金を貸してはいけません。過去に一度でも人にお金を貸したことがある人は、それがバレたとき彼氏とケンカになる可能性が高いですから、この言葉を使うのはやめておいたほうが良いですよ。

    「今持ち合わせがないから」


    その場しのぎの断り方ではありますが、「今すぐお金を貸してほしい!」という彼氏に対しては、「今持ち合わせがないからお金を貸せない」と伝えるのもアリです。ただ、予想できるとは思いますが、この言い方だと「じゃあ、お金おろしてきて!」と言われる可能性がかなり高いです。

    その場合は、「今持ち合わせもないし、生活費でいっぱいいっぱいだし貸せない」という具合に、人に貸せるほどお金に余裕はないことを強調してください。お金を持っていないことを強調して、彼氏に諦めてもらうよう仕向けてみてくださいね。

    「私も金欠!貸す余裕なんてないよー」


    彼氏に「お金がない!貸して!」と言われたら、「私も金欠なんだよねー。私も貸してほしいー」という感じで、彼氏の金の無心を軽く受け流す方法もあります。彼氏に「真剣に言ってるんだけど」と詰められても、「軽く聞こえたかもだけど、私も結構深刻だよ」と真剣な面持ちで返してみましょう。

    「彼女も金銭的な余裕がない、つまり彼女には頼れない」ということを認識させれば、彼氏が「お金を貸して」と言ってくることもなくなるはずですよ。

    「これから出費がかさみそうだから貸せない」


    引っ越しをするときや家電を買うとき、もしくは家族の誰かが入院することになったときは、まとまった大きなお金が必要になります。そんなときに彼氏に「お金貸して」と言われても、貸すことはできないですよね。そんなときは正直に、「これから大きな出費があるから、貸す余裕がない」と伝えてみましょう。

    理解のない彼氏だと、「そのお金を俺に貸してよ!」と図々しいことを言ってくるかもしれません。いくら切羽詰まっているとはいえ、彼女の事情は無視で、自分のことしか考えられない彼氏なんてありえないですし、ちょっと引きますよね。その場合は、彼氏との付き合い自体を考え直したほうが良いかもしれませんよ。