彼氏にお金を貸すのはNG?その理由と頼まれたときの上手な断り方

  • 実際みんなどうしてる?【彼氏にお金を貸す派】

    彼氏にお金の無心をされたら、世の女性達はどうするのでしょうか?まず初めに、彼氏にお金を貸す派の意見に耳を傾けてみましょう。

    少しなら貸してあげる


    「彼氏にお金を貸すかどうかは、金額によります。少しなら貸せるけど、10万円以上を無心されたら断ります」(32歳/女性/営業職)

    そのときの彼女自身の経済力にもよるでしょうが、「金額次第では彼氏に貸す」という人もいます。少額なら彼氏に貸しても良いと考えている人は、「もしお金が返ってこなくても気にならない金額」を貸すようにすると良いでしょう。

    彼氏が好きだから助けてあげたい


    「彼氏が困ってたら助けてあげたくなりませんか?彼氏が金欠で困ってるなら、いくらでも貸します」(24歳/女性/接客業)

    大好きな彼氏が困っていたら、なるべく助けてあげたいと思うのは当然ですよね。彼氏に献身的な女性は、お金を貸すこともためらいません。

    「頼りがいのある彼女になりたい!」という想いで彼氏にお金を貸すこともあるかもしれませんが、自分も金銭的に余裕がない場合は、彼氏よりも自分を優先するべきですよ。

    念書を書いてくれるなら貸す


    「彼氏だろうが、お金を貸すことになったら念書を書いてもらいます。相当お金に困ってるなら、念書くらい書けますよね」(29歳/女性/公務員)

    念書とは、証拠として残るように、何かしらの契約の際に記す合意書のことを指します。お金を貸したという事実をあやふやにすることなく、確実にお金を返してもらいたいなら、念書を書いてもらうのが一番でしょう。

    お金関係の問題となればいざこざが起きやすいので、彼氏にお金を貸す時点でしっかりと念書を書かせて、「彼女にお金を借りた」という自覚を持たせるべきでしょう。

    私も彼に貸してもらったから…


    「私も彼に借りたことがあるので、彼氏に頼まれたらお金は貸すと思います」(26歳/女性/接客業)

    「困ったときはお互い様」の精神で、普段からお金の貸し借りをよくしているなら、もちろん彼氏にお金を貸すことに抵抗もないでしょう。お互いが合意の上で日々金銭的に助け合っているなら、彼氏にお金を貸すのも問題なさそうですね。
  • 実際みんなどうしてる?【彼氏にお金を貸さない派】

    ここまで「貸す派」の意見を見てきましたが、「彼氏にお金を貸さない派」の意見も見てみましょう。

    返ってこなかったら困る


    「もしもお金を貸した後に別れたら、お金の回収が難しくなるし、お金が返ってこないのは困るので、貸すことはできません」(25歳/女性/接客業)

    彼氏にお金を貸すことができない理由として、単純に「返ってこなかったら困る」という意見が多くみられます。お金を貸したまま別れたりすると、お金が返ってこない可能性が高くなりますよね。

    彼氏とお金のことで揉めたくないなら、あげるつもりで貸すか、一切貸さないかのどちらかに意思を固めておいた方が良いかもしれませんよ。

    彼氏にお金を貸すなんてもってのほか


    「『お金を貸して』って言ってくる彼氏なんて無理。むしろこっちが奢ってほしいくらいなのに、貸すなんて嫌です!」(22歳/女性/大学生)

    彼氏が彼女にお金を借りることに対して嫌悪感を抱く女性は少なくありません。とくに、「全てにおいて彼氏に頼りたい」と考えている女性には、この傾向が強いと言えるでしょう。

    「お金を貸して」と彼氏に言われ、急激に冷めて別れてしまうケースも少なくないようですよ。

    お金にだらしない人とは即別れるし一銭も貸さない


    「彼氏が彼女にお金の無心って…。お金を貸す貸さない以前の話ですよね。一銭も貸しませんし、お金にだらしない人とはすぐに別れます」(30歳/女性/アパレル関係)

    彼氏が彼女にお金の無心をする理由にもよるでしょうが、ギャンブルや身の丈に合わない浪費で生活費が足りなくなったのであれば、それは「お金にだらしない人」ですよね。

    お金にだらしない彼氏にお金を貸すのは、かなりリスクが高いです。長い目で見ると、そのまま付き合っていても苦労することは目に見えていますから、だらしない彼氏にお金の無心をされたら、スパッと別れるのもひとつの手かもしれません。

    そもそも誰かにお金を貸すのが嫌


    「どんなに大好きな彼氏でも、お金を貸すのだけは嫌です」(27歳/女性/医療事務)

    彼氏に限らず、誰に対してもお金は貸さないと決めているという人も多いのではないでしょうか?何度も言うように、お金の貸し借りはトラブルのもとになり得ますから、あらかじめトラブルを回避するためにお金を貸さない、という選択をとるのもアリですよね。