かわいい喘ぎ声の出し方を徹底解説!男が興奮するエロいセリフも紹介

  • かわいい喘ぎ声の出し方

    男性が思う「彼女のかわいい喘ぎ方」を参考にした上で、つぎは今回の記事の本題であるかわいい喘ぎ声の出し方について見ていきましょう。

    吐息をもらす


    かわいい喘ぎ声は、吐息をもらすことからスタートします。「ハァハァ…」という吐息は、まだ喘ぎ声が出ていない状態でも男性を十分興奮させることができるもの。男性によっては、大きな喘ぎ声よりも恥じらいのある吐息のほうがかわいいという人もいるほどです。

    吐息をもらすだけなら、かわいい喘ぎ声を出すことが苦手な人でも抵抗なくできるでしょう。エッチに慣れていない、清楚で奥手な彼女を演出することもできるので、まさに一石二鳥。男性の耳元に熱くなった吐息をかけるのも効果的でおすすめです。

    呼吸を乱す


    乱れた呼吸も、かわいい喘ぎ声を出す前の準備段階です。エッチを始めて男性が体を触ってきたあたりから、「ハァ〜、ハァ〜…」と乱れた呼吸で息をするようにします。男性からの愛撫で気持ちよくなってくれば自然に呼吸が乱れてくるので、とくに意識しなくても大丈夫でしょう。

    エッチのときの呼吸は、鼻呼吸よりも口呼吸がおすすめ。呼吸の前に「ァ」や「ゥ」をつけると「ァハァ〜、ゥハァ〜…」とさらにエロさが増し、興奮度も高まります。

    喘ぎ声を出すのを我慢する


    いくらかわいい喘ぎ方ができる女性でも、エッチの序盤からいきなり声を出したり激しく喘ぐのはおすすめできません。男性が求めているのは、喘ぎ声を出すのを必死にこらえているような恥じらいのある姿だからです。なので、エッチが盛り上がってくるまでは、喘ぎ声を出すのを極力我慢するようにしたほうが効果的。

    喘ぎ声を我慢すると言っても、完全に息を押し殺す必要はありません。吐息をもらしたり、呼吸を乱したりしながら、眉間にしわを寄せるようにして切ない表情をしてみてください。この様子を見た男性は、かわいい喘ぎ声を出してもらおうとますます張り切ってくれることでしょう。

    普段よりも高めの声を出す


    声変わりを経験して低い声になった男性にとって、高い声は聴覚から女性らしさを感じることのできる要素。かわいい喘ぎ声を出したいなら、普段の会話では出さないような高めの声を出すようにしましょう。

    大人の女性になればなるほど普段の声が低くなっていくので、意識的に高めの声を出すことでギャップを感じさせることができ、より興奮の度合いを高めることができるはずです。

    幼い感じのかわいい声を出す


    かわいい喘ぎ声を出すためには、幼い子どものような感じの声をイメージするのがおすすめ。幼い子どもをかわいいと感じるのは人間の本能なので、この本能を利用して男性からかわいいと思ってもらうのが狙いです。

    幼い感じのかわいい声を出すには、口を小さく開き、少し鼻にかかるように発するのがコツ。甘ったるくねっとりとした喘ぎ声を出すことでエロさが増し、男性の征服欲を満たすことができるでしょう。
  • かわいい喘ぎ声をもっとエロくするコツ

    かわいい喘ぎ声の出し方が確認できたら、応用テクニックとして喘ぎ声をさらにエロくするコツをご紹介します。

    声の大きさにメリハリをつける


    いくらかわいい喘ぎ声を出していても、そのトーンがずっと同じでは単調になってしまいますし、いかにも演技のように見えてしまいます。ときには聞こえるか聞こえないかくらいの小声で、感情が高ぶってきたら大きめの声を出すなど、エッチの動きに合わせて声の大きさにメリハリをつけるのが大事です。

    「イヤ」「ダメ」などの否定的な言葉も使う


    「イヤ…」や「ダメ…」などの否定的な言葉をあえて使うことも、エッチのときには有効です。言葉の意味自体は否定形ですが、これらのセリフには「こんなふうに攻められたら、気持ちよくなりすぎるからイヤ」とか「これ以上気持ちよくなったら、おかしくなりそうだからダメ」などの意味が込められているからです。

    このとき気をつけたいのは、あまり強い口調で言わないようにすること。強く言ってしまうと本気で嫌がっていると勘違いされてしまうので、あくまでも甘えた感じでソフトに言うのがポイントです。

    否定的な言葉を発しながらも言葉と裏腹に本気で感じまくる彼女を見て、男性の興奮度はさらに高まるでしょう。

    言葉を途切れさせながら発する


    エッチも終盤に差し掛かり、気持ちよさの波がひっきりなしに押し寄せてくるようになると、「気持ちいい」ということを言葉で伝えようとしても言葉がスムーズに出てこなくなります。興奮すると息が乱れるため、発する言葉も途切れ途切れになってしまうのです。

    言葉を発するときは、気持ちよさで声が出てしまうのを我慢しながら、ときどき断片的に喘ぎ声を出してみましょう。シーツをぎゅっとつかんだり、男性の背中をもどかしく引っ掻くようにするとさらにかわいいと思ってもらえるはずです。

    敬語を使う


    男性には、女性を支配したい、征服したいという心理があります。その支配欲や征服欲を満たしてあげるために、喘ぎ声の語尾に敬語を使ってみましょう。

    「もっとして…」「挿れて…」ではなく、「もっとしてください…」「挿れてください…」と言うことで、彼女に求められていることを実感し、エッチな気持ちがますます燃え上がるのです。

    言葉とは逆の動きをする


    「イヤ…」「ダメ…」と否定的な言葉を発しながら、男性の首筋に舌を這わしたり、腰を激しく動かしたり…。言っていることとは裏腹に真逆の動作をすることで、「恥ずかしいけれど、もっとあなたが欲しい」ということを暗に伝えることができます。

    人間は、言葉よりも行動のほうに正直な感情が表れるもの。言葉では恥じらいながらも行動では大胆に求めてくる彼女の様子に、男性の興奮がぐっと高まるのは間違いありません。男性に素直に甘えることが苦手な女性は、言葉と行動が矛盾するテクニックを使ってみましょう。