不倫で都合のいい女にならない為の注意点は?遊びか見極める方法も!

既婚者の彼とついつい不倫関係を続けてしまって、「もしかして私って都合のいい女になってる?」と悩む女性は少なくないでしょう。この記事では、不倫で都合のいい女になってしまう女性の特徴や、不倫相手の男性の気持ちを見極める方法、都合のいい女を抜け出す方法を解説していきます。

  • 彼は既婚者…私って都合のいい女になってる?

    既婚者と交際していると、「もしかして私って都合のいい女になってるだけ?」と不安になってしまうこともあるでしょう。

    彼が好きでたまらなくても、やはり既婚者との交際は不倫です。

    「彼からはただ都合のいい女としてしか愛されていないのでは?」と考え始めると、これからの関係をどうすべきか悩んでしまうでしょう。

    そこでここからはまず、不倫における都合のいい女の意味、既婚者と付き合うリスクなどについて解説していきます。

    都合のいい女の意味


    いわゆる「都合のいい女」とは、男性から見て「何でも言うことを聞いてくれそうな女」「身体だけの関係でも文句を言わなそうな女」という意味です。

    都合のいい女とされる女性は、男性から恋愛面でリスペクトされておらず、力関係ではかなり下の位置にいます。

    男性にとって都合のいい女のままでいると、良い男性となかなか巡り会えず、身体の関係だけを求めてくるダメ男にばかり引っかかってしまいます。

    既婚者と付き合うのはやっぱりダメ?


    基本的に、既婚者の男性が不倫相手として選ぶのは「都合のいい女」だと言えるでしょう。男性だけが既婚の不倫関係においては、自分の意見をしっかり言えて、奥さんとの離婚を迫るような意志の強い女性は好まれません。

    そのため既婚男性は、男性の都合で会う日程を決め、身体だけの関係でも文句を言わないような女性をターゲットにします。

    しかし、男性から不倫関係を迫られた場合であっても、不倫はモラルに反する行いです。場合によっては、男性の妻から慰謝料を請求される可能性もあります。

    社会的立場をも失いかねないため、やはり不倫関係は可能な限り避けるべきだと言えるでしょう。

    都合のいい女のままだとどうなる?


    もし都合のいい女として既婚者の男性と不倫関係を続けていると、結婚のチャンスを失う可能性があります。

    既婚者の男性があなたに本気でなければ、既婚者の男性と結婚できる可能性はゼロです。しかも既婚者男性と交際している間、別の男性と交際することもできないので他の男性と結婚するのも難しいです。

    そのため、都合のいい女として年齢だけを重ねると、一般的に「適齢期」とされる年齢で結婚できるチャンスを失ってしまいます。

    さらに不倫関係を持っていたことがバレると、家族や友人からの信頼を失ってしまうおそれもあります。リスクを取ってまで不倫を続けるか、一度深く考えてみることが大切です。