振った女性を思い出す瞬間とは?相手を気にする男性心理も詳しく解説

自分のことを振った男性から優しくされたら、「私を振ったくせに、その思わせぶりな態度はなんなの?」と混乱してしまうでしょう。そこで今回は、男性が振った女性を思い出す瞬間や、相手のことを気にする心理などを詳しく解説していきます。女性には理解できない男性の行動を、男性の生の声とともに紹介していきます。振られて落ち込むのはまだ早いかもしれませんよ!

  • 振った女性が気になる男性は多い?

    男女で恋愛に対する考え方や、価値観の違いを感じたことはありませんか?昔の恋人のことを、男性は「名前を付けて保存」し、女性は「上書き保存」する、などと表現されることがありますよね。

    恋人との交際に、出会いと別れはつきものです。恋人同士が別れを選択する経緯はそれぞれですが、男性は自分の振った女性のことが気になってしまうことが多いようなんです。

    交際していた相手との別れを乗り越えることは、時にはとてもエネルギーのいること。しかし女性の場合には、その別れを乗り越えてしまえば、相手に対する思いは消え去っていることが多いのではないでしょうか?

    振ったことを後悔している男性も


    別れを選択する理由はたくさんありますが、別れた後に恋人の存在の大きさに気付き、後悔してしまう男性も実際には少なくないようです。

    例えば、男性が彼女ではない女性を好きになってしまったり、目先の楽しみを優先した結果、別れを切り出した場合などです。彼女と別れた直後は、気になっていた女性にアタックしてみたり、シングルであることを思いっきり楽しみます。

    しかしふと我に帰ったときに、慣れ親しんでいた彼女の存在やぬくもりを思い返し、少しずつ後悔し始めるのです。「一時の気の迷い」とよく表現されることもありますが、失くして初めて気づくこともあるのです。

    振った女性をキープする男性もいる?


    一方で、「プレイボーイ」と呼ばれる男性がいるように、自分が振った女性をキープする不届き者もいます。

    こういった男性は真剣な交際を望んでおらず、女性に対してカジュアルな関係を求めて、恋愛ごっこを楽しんでいるのかもしれません。女性に別れを告げる時に、思わせぶりな言葉を巧みに操り、相手の女性の気持ちを完全に離れさせないように、工夫している場合もあります。

    「恋は盲目」と言われますが、女性が恋愛中の場合には、そういった男性を見破ることができないこともありますよね。
  • 男性が振った女性を思い出す瞬間

    男性から別れを切り出し、二人の交際にピリオドを打ったならば、心はすでに違う女性に向いているか、シングルになって自由をエンジョイしていると思いますよね。

    しかし、男性の心の中で、別れた女性は思い出として存在していることが多いのです。では一体、男性が振った女性を思い出す瞬間とはいつなのでしょうか。

    ここでは、男性が振った女性を思い出す瞬間をまとめてみました。女性の立場で考えると理解し難い心理も、これを読んだら理解できるかも?

    綺麗になった姿を見た時


    「元カノとのマンネリ期に、人数合わせで合コンに呼ばれたんです。その時、女性にチヤホヤされたのがとても楽しくて、遊びたい欲が燃え上がってしまいまして。結局、その合コンがきっかけで、これといった理由もなしに彼女を振ってしまいました。

    それからしばらくは、シングルで自由に遊びまわる生活を楽しんでいたんですが、ちょっとペースダウンしてきたときに、元カノとバッタリ遭遇したんです。なんだか色気が増して雰囲気が大人っぽくなった姿を見て、ドキッとしてしまいました。センチメンタルな気分になったことを今でも覚えています」(30歳/男性/商社勤務)

    失ってから初めて気づくことは多いです。自分と関係がなくなった元カノがキレイな姿で目の前に現れた時、初めて「失ってしまった」と実感するのではないのでしょうか?

    相手に彼氏ができた時


    「中学の同級生で、初めてのお付き合いをした彼女とは、大学進学を機に別れてしまいました。遠距離とかではなく、新しい世界に完全に浮ついていた僕は、彼女をあっけなく振ったんです。

    大学生活は順調に流れていき、3年生に上がる頃でした。地元の友達と同窓会を兼ねて集まって、そこで元カノと久々に再会しました。懐かしさに話が進み、何やら彼氏との同棲を考えているという話題になり、なんとも言えない切なさながこみ上げてきました。

    それから、しばらくはその元カノの顔を忘れられずにいました」(24歳/男性/事務職)

    進学や就職などの環境の変化で、男性の方から女性を振ってしまうエピソードはよく聞く話です。新しい世界に足を踏み入れると、大切なものをつい見失いがちですよね。落ち着いた頃に思い返しても、もう元には戻れない状況になっており、そのことが男性を切なくさせてしまうようですね。

    新しい彼女とうまく行っていない時


    「元カノと今カノを、無意識のうちに比べてしまっています。元カノはいわゆる尽くすタイプだったので、僕の部屋にきて料理や掃除をしてくれたりと、自分のことよりも彼氏を優先して考えてくれる子だったんです。

    今カノは、経済的にも精神的にも自立している女性で、『自分のことは自分で』というスタンス。彼女のそんな一面に惚れたものの、たまに元カノの母のような包容力が恋しくなります。無い物ねだりかもしれませんが、チヤホヤと甘やかされて嫌な男はいないですよ」(28歳/男性/公務員)

    元カノと比較されているなんて、女性にとってはあまり良い気分にはならない事実かもしれません。直接「元カノはこうしてくれたのに…」という発言はないにしろ、心の中では元カノとの思い出を引っ張り出し、一人で懐かしんでいるのかもしれないですね。

    仕事で疲れ切った時


    「社会人になって仕事で失敗を繰り返し、残業漬けの毎日を送っている時、振った彼女のことを思い出してしまうことがよくありました。

    社会人になって、お互い大変な毎日を過ごしていたのはわかっていたんですが、会社でのストレスなどもあり、彼女のことを思う余裕がなかったんです。あまりに追い込まれていたので、とてもひどいことをその彼女に言い放って振ってしまいました。

    仕事で疲れて帰宅した時に、実は彼女に癒され助けられていたんだな…とふと思うことがよくあり、寂しい気持ちで思い出しています」(23歳/男性/営業職)

    彼女のことを思う余裕がなくなって振ってしまったけど、ふとした瞬間に彼女のことを思い出しては、寂しい夜を過ごしているというエピソードです。男性は、同時に複数のことをこなすのが苦手な不器用な人が多いと言われています。仕事と私生活のバランスがうまくいかない時に、元カノを思い出しては寂しい気持ちになってしまうようですね。