【男女別】足の長さの平均&測り方!足の長さを伸ばす方法もご紹介

鏡に写った自分を見て「もっと足が長ければスタイルよく見えるのに…」と思ってしまうことはありませんか。そこで今回は、足の長さの測り方や、みんなの足の長さの平均値、あの有名人の足の長さは平均とどれだけ違うのかなど、足の長さにまつわる情報をご紹介します。今よりもスタイルを良くしたい人のために、足の長さを伸ばす方法もお伝えします。

  • 足の長さの平均って?どうやって測るの?

    モデルのようにどんな服も格好よく着こなしている人は、スタイルがよくて足が長いイメージがありますよね。私もそうなりたい!と自分のスタイルを振り返ると、自分の足は長いのか短いのか、ついつい気になってしまうものです。

    足の長さの平均ってどのくらい?そもそも足の長さはどうやって測るの?これらに関して、知識がない人もいるのではないでしょうか。

    また、長ければいいことばかりなのか、長くなかったらあきらめるしかないのかなど、誰でも一度は気になったことのある「足の長さ」にまつわるエトセトラをご紹介しましょう。

    足の長さは股下を測ると分かる


    足の長さは、股下を測ることで分かります。では「股下を測る」とは、具体的にどこを測ればいいのでしょうか?詳しい測り方をご紹介しましょう。

    股下の長さを測って平均と比べても、もちろん身長によって、長く見えるかどうかは変わってきます。それを数字で見るにはどう計算したらいいのか、ということもご紹介していきましょう。

    股下の測り方


    股下の長さを測るのは、意外と簡単です。一人で測れる簡単な方法をご紹介しましょう。ただし「股下」といっても、ふたつあります。ひとつは股の付け根から足の裏までの長さ、もうひとつは洋服のボトムのサイズとしての「股下」です。

    ここでは、股の付け根から足の裏までの長さの測り方をご紹介していきましょう。用意するのはメジャーと、印をつける付箋などのシールや鉛筆、そしてやや厚みのある雑誌または四角いタイプのペットボトル、これだけです。では、測ってみましょう。

    足の長さを立ったまま測る方法


    立ったまま股下の長さを測る方法のご紹介です。用意するのは、少し厚みのある雑誌や本、印をつけるシールや鉛筆、メジャーの3点です。準備ができたら、まずは壁を背にしてまっすぐ立ってみてください。

    雑誌や本を、背表紙を上にした状態で股の間に挟み込みます。背筋を伸ばした姿勢のまま本を壁に押し付けつつ、股下いっぱいまで引き上げます、このとき、本が床と垂直になるように気を付けましょう。

    押し付けた本の上端の位置を壁から動かさないように注意しながら、シールや鉛筆などで壁に印をつけます。跡が残らないようにするなら、付箋やマスキングテープなどを使うのがおすすめです。あとは床からシールの場所までの長さをメジャーで測るだけです。

    足の長さを寝転がって測る方法


    次に寝転がって測る方法をご紹介します。基本的なやり方は、立ったまま測る方法とほとんど同じです。股にはさむものとして、本ではなく、四角いペットボトルやそれに似ている形のものを用意します。多少の厚みがあり、また少し重みのあるものがいいでしょう。

    まずは壁に足の裏を付けて寝転がってください。足の裏をぴったり壁につけたままで、股下にペットボトルを挟みましょう。姿勢を良くしたまま、ペットボトルを股に押し付けます。ペットボトルを動かさないようにして、床に印をつけ、壁から印までの長さを測ります。

    簡単ですが、見つかるとちょっと恥ずかしい姿になってしまうので、誰かに見られないようにこっそりと測りましょう。

    股下比率の計算方法


    股下の長さを測れたら、それが平均より長いのか短いのかが気になりますよね。でも長さだけで見ると、もちろん身長の高い人が長いに決まっています。そこで計算したいのが「股下比率」。文字通り、身長に対する股下の長さの比率です。

    計算式は「股下比率(%)=股下の長さ/身長×100」となります。この計算方法なら、身長の高い低いに関わらず、自分の身長に対する股下の長さがわかります。計算結果はいかがでしたか?