彼シャツが好きな男性の本音とは?ドキッとさせるモテテクも伝授!

「彼シャツ」という男性からの支持が圧倒的に高い着こなしについて考えていきましょう。今回は、彼シャツに対する男性の本音や、普段着への取り入れ方をご紹介します。彼シャツの萌えポイントを強調させる着こなし方を知って、男性をドキドキさせてみましょう。

  • 彼シャツを着たら彼をドキドキさせるチャンス!

    「彼シャツ」と呼ばれるシャツの着こなし方について、深く考えたことはありますか。どんなものかは知っているけど、実際に彼シャツを着たことがない…という女性も少なくはないでしょう。

    彼シャツは、男性から高い支持を得ています。彼にドキドキ感を味わってもらうために、男性の心理や彼シャツの着こなし方を理解していきましょう。

    そもそも「彼シャツ」とは?


    「彼シャツ」の語源は、彼氏のシャツを着る、ということですよね。それも、Tシャツではなく、襟と前びらきのボタンがついているYシャツ型のシャツです。男性がいつも仕事で着ているような白いYシャツと言えば、想像しやすいのではないでしょうか。

    彼の家に泊まりに行って部屋着を貸してもらう際、着古したワイシャツを渡されるというシチュエーションで、彼シャツ文化が出来上がったのでしょう。また、よく恋愛ドラマにも登場するシーンですね。

    普段使いのファッションとしても人気がある


    大きさの合わないシャツをゆるっと着こなす女性に魅力を感じる男性が多いのは確かです。なので、家の中だけのファッションではなく、外でのファッションアイテムとしても活躍しているようです。

    大きめのシャツをおしゃれに着こなすのは、定番のファッションになりつつあるのです。最近は、オーバーサイズの着こなしがずっと流行していますよね。なので、彼シャツのように大きなシャツを自分用に買う女性も多くなっています。

    純粋な「彼シャツ」とは違うかもしれませんが、まるで彼氏のシャツを着ているような着こなしをしているので、「彼シャツ風」のファッションと言って良いでしょう。

    彼シャツはエロい感じのものだけではない


    彼シャツと言うと、女性が白いダボダボのシャツを着て、その中は下着だけでズボンも履かず、肌の露出が多い…といった、エロい雰囲気のものを想像する人も多いのではないでしょうか。二次元作品やドラマの影響があるのかもしれません。

    しかし、常にその格好で家の中に居るとは限らないですし、気温によっては生活するには不便な点もありますよね。

    もちろん、男性がその着こなし方を求めている場合もありますが、彼シャツの萌えポイントは、エロティックさだけではないのです。肌の露出をしすぎず、男性から「かわいい」と思ってもらえる着こなしもあります。具体的な着こなし方は後ほどご紹介していきますね。
  • 彼シャツに対する男性の本音

    日常のファッションに取り入れられるほど、男性受けが良いと思われる彼シャツ。実際に、男性が彼シャツに対してどのような本音を持っているのか、ご紹介していきます。

    男性心理を理解すると、彼シャツをより魅力的に着こなすことができるようになるかもしれません。

    ダボダボ感が可愛い!


    「明らかにサイズが合ってない感じで、全然外に着て行けなさそうなダボダボ感が可愛いと思う。普段はしっかりした格好をしている女性だと特にそう思うかもしれない。自分との体格差がすごくよく分かる。

    ちっちゃいものって可愛いと思うことが多いし、それと同じような感じかな。普通にしてると大人の女性なのに、彼シャツを着るとちょっと幼く見えちゃうところが、ギャップになってるのかもしれない」(28歳/男性/営業)

    彼シャツを着ることによって、普段とのギャップが生まれるようです。普段はオーバーサイズなものを着ない女性だと、更に効果絶大です。

    あざとい感じがして好きじゃない


    「いかにも彼シャツですっていう雰囲気の自撮りとかをインスタでよく見るけど、あざといなあと思う。もちろん可愛いって思っちゃうんですけど、可愛いと思われるのを分かっててやってるんだと思うと、小悪魔的なあざとさを感じる。

    可愛いって思われたいのは分かるけど、それって不特定多数に見せるものじゃなくて、二人きりだから可愛いってなるんじゃないのかなあ」(21歳/男性/学生)

    彼シャツは、彼氏と二人きりだから良さを発揮するという意見ですね。確かに、可愛い姿を他人に公開するような行動は、彼氏の嬉しさを半減させてしまうでしょう。

    とはいえ、可愛いと思われることには違いないため、2人きりの時だけ着れば、あざとくならずに歓迎されると捉えることもできますね。

    着る女性を選ぶ


    「自分はそんなに背が大きくないし、体格が良い方ではないから、自分のシャツを着せてもぴったりになってしまう女性が多いと思う。背が小さいことはコンプレックスだから、そうやって服を貸して、自分の線の細さを実感したくないかな。

    でも、自分のシャツを着てだぼだぼになっちゃうような小柄な子が着てくれるなら、すごく嬉しいかもしれない。絶対に可愛いって思う自信がある。彼シャツ風の着こなしをしている女性は可愛いと思いますし。だから、自分のシャツでの彼シャツを見てみたい気持ちはあるけど、相手によりますね」(30歳/男性/保険外交)

    男性の体格と女性の体格が近いと、彼シャツの本領を発揮してくれない可能性があるのですね。男性自身が体格にコンプレックスを持っていると、彼シャツを貸してもらえないこともありそうです。

    ただ服を貸してるだけ


    「彼シャツって言っても、自分の服を貸してるだけでしょ。正直、貸すとしたらYシャツじゃなくて、スウェットとかTシャツの方が確率高いと思うんだけど。Yシャツを部屋着として貸す男は、彼シャツを着てる彼女を見たいだけじゃないかな。

    もちろん、グラビアとか見てて、彼シャツ風の写真を可愛いと思ったこともあるけど、彼女にしてもらってもそんなに感動はないかも。グラビアみたいに、ボタン締めないで下着も着てない状態だったら興奮するかもしれないけど!」(27歳/男性/大学院生)

    普段着として取り入れられているような、彼シャツ風の着こなしには何も思わないけれど、エロい感じの彼シャツなら嬉しい、ということでしょう。やはり、彼シャツにはエロの要素が必要なのかもしれません。

    すごく親密になったみたいで嬉しい


    「自分のシャツを素肌に着てくれるって、純粋に嬉しい。自分の家の中に、自分の服を着た女性が居るのはすごく満足感があります。外見の可愛さというより、征服感の方が強いかもしれません。

    自分の匂いがついたシャツを着てくれるって、結構すごいことじゃないですか?」(29歳/男性/美容師)

    彼氏の家に行けば、必ず彼シャツを着るというわけではないですよね。なので、男性からすると、自分のシャツを着てくれているという特別感もあるのかもしれません。