デブスの特徴とは?デメリットだらけのデブスを卒業する方法も解説!

  • デブスはデメリットだらけ!

    デブスになってしまうと、メリットがあるようにはあまり思えないでしょう。どうしてもデメリットのほうが次々に頭に浮んでしまうと思います。そこで、具体的にはどんなデメリットがあるのかをまとめてみました。こんなデメリットがあるので、デブスにならないように気をつけるための参考にしてみてください。

    恋愛対象になりにくい


    男性が恋愛対象として女性を好きになるのは、第一に「見た目」が重要なポイントになります。それから内面を見て恋愛対象になるか否かを決めている人が多いでしょう。

    つまり、まずは見た目で恋愛対象になるか否かが決まるため、たいていの場合、デブスは最初から対象外として弾かれてしまいます。デブでブサイクな女性が好きという男性もいますが、そういう好みを持つ男性と巡り会うのはかなり難しいでしょう。

    合コンや婚活をしても相手にされない


    女友達に誘われて合コンに行く機会に恵まれることもあるでしょう。しかし、恋愛に発展するには第一印象が大事。デブスな人が合コンにいっても、男性に相手をされることはほとんどないでしょう。

    また、結婚願望があり婚活パーティーに行ったり、婚活サイトに登録する方もいると思います。しかし、やはり見た目が整っていないからという理由で相手にされない可能性が高いため、デブスだとデメリットが大きいでしょう。

    友達を作りにくい


    恋愛対象になりにくいどころか、友達作りに苦労するのもデメリットです。デブスは性格にも問題がある人が多く、それが原因になり友達ができない場合もあります。

    しかし、性格は一切関係なく、「一緒に歩くのが恥ずかしいから」という理由で、デブスとは友達になりたくないという人もいるのです。人気のカフェやショッピング施設など、オシャレな雰囲気に合わない人が隣にいると、楽しい気持ちが台無しになってしまうのだとか。

    そのような人とは無理に友達になる必要はありませんが、見た目だけでジャッジされてしまうことがあるのは、デメリットと言えるでしょう。

    デブスは仕事にも影響する場合がある


    接客業、営業職など人を相手にする仕事は、デブスな人は不利だと言われています。ただ普通にしているだけなのに「愛想がない」「接客が不快」「信頼できない」「不潔」などと言われてしまうことがあるのです。

    特に、営業職で契約をとるとなると大きな悪影響が。美人に比べると業績が低くなる傾向があります。「人は見た目ではない」とは言いますが、人間関係や接客、業績に多少なりとも違いが出てしまうのがデメリットです。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)