デブスの特徴とは?デメリットだらけのデブスを卒業する方法も解説!

  • デブスの特徴《性格編》

    次に、性格の特徴です。「デブス」と呼ばれるからには、性格にも何かしら問題や欠点があるのでしょう。具体的な性格についてまとめてみました。

    自分に甘い


    デブスと呼ばれる人たちは自分に甘く、なかなか努力が続きません。もし努力できるのであれば、太めの体型から脱出できたり、多少なりともメイクでカバーできるはずです。

    しかし自分に甘いので、少しでも良く見えるようにしたいと思っても、継続して努力することができません。その結果、どんどん体重が増えてしまいます。そして手入れをおろそかにすることで、見た目の欠点が増えていってしまうのです。

    根暗な性格


    自分に自信がなく、ネガティブになりがちな根暗な性格をしているデブスも多いです。自分の見た目に悲観的で諦めている部分があるので、改善しようとする意欲もありません。

    また、外見のことで過去にいじめられた経験があるせいで、人間不信から根暗になっている場合も。いじめられた経験がいつまでも尾を引いて、「何をしてもこの見た目は変えられない」と思い込んでいるのでしょう。

    卑屈


    太っていても、顔があまり可愛くなくても、「可愛い」と思われる女性はたくさんいますよね。内面から溢れ出る可愛らしさが「可愛い」という印象になるんです。しかし、デブスな人は外見への大きなコンプレックスがあるため、卑屈な性格になりやすいです。

    卑屈な性格が表情や人相に出てしまい、ムスッとしている人が多いですね。卑屈になると「頑張って改善しようとしてもどうせ無駄」とひねくれてしまい、デブスを脱出することができなくなる悪循環に陥ってしまいます。

    諦めるのが早い


    デブスな人は努力が苦手ですから、何事も諦めが早いのが特徴です。せめて痩せようと思ってダイエットを始めたとしても、三日坊主で終わってしまうことは少なくありません。しかも、運動をしたら多少なりとも効果が出ると思い込んでいるため、なかなか効果が出ないのが気に入らず、諦めてしまうのです。

    ダイエットだけに限らず、調べ物や仕事などを早々に諦めてしまう人もおり、そのようなタイプのデブスの作業は、仕上がりが中途半端になってしまうことがよくあります。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)