デブスの特徴とは?デメリットだらけのデブスを卒業する方法も解説!

「デブス」と呼ばれる女性は、容姿がイマイチで体型が太めというだけではなく、ネガティブになりがちというマイナス要素もあるようです。顔の造りを変えるのは難しいですが、人から好感を持たれるような見た目に整えたり、一緒にいて楽しいと思われる言動を心がけることなら、十分可能でしょう。そこで今回は、デブスを卒業するための方法を紹介します。「どうせ私なんてモテないし…」と思っている女性こそ、ぜひ参考にしてください。

  • デブスな女性は男性にモテない!

    「デブス」という言葉を聞いたことはありますか?どんな女性を指すのか具体的にはわからなくても、なんとなく意味を知っている場合、「そうはなりたくない」と思う女性は多いでしょう。

    「恋愛の機会が少なそう」「オシャレが楽しくなさそう」など、デブスにはマイナスのイメージを抱く人が大半です。男性からのウケも悪いので、恋愛をしたい女性は「デブスになりたくない」「デブスから脱却したい」と思っているはずです。

    そもそも「デブス」の意味とは?


    デブスとは「デブ」と「ブス」が合わさった言葉。つまり、デブでブサイクな人という意味になります。しかし、容姿が整っていなくて太っている人すべてが「デブス」と呼ばれるわけではないようです。

    例えば、性格が悪い、清潔感がないなど、別の要素が合わさることで「デブス」と呼ばれるようになります。太っていたり容姿に自信がなくても、他の要素に気をつければデブスには当てはまらないと言っても良いでしょう。

    男性にも女性にもウケが悪い


    デブスな人は、場合によっては、男性からも女性からも「一緒にいたくない」と思われてしまうことがあります。ただし、性格の良いデブスは受け入れてもらえることが多いです。明るく面白い性格をしたデブスは、「マスコットキャラクター」のようなポジションになれることも珍しくありません。

    しかし、内面に欠点がある性格が悪いデブスは、「一緒に歩きたくない」「話をしたくない」「友達や恋人にはしたくない」と思われやすく、残念ながら男性にも女性にもウケが悪い存在です。