後ろからハグする人の心理とは?理想のシチュエーションも一挙公開!

  • ドキッ!後ろからハグの理想的シチュエーションとは

    映画やドラマで見かけると、ドキドキする後ろからのハグ。実際に後ろからハグをされたら、心臓が止まってしまいそうになるかも。ここでは「こんな後ろハグをされてみたい!」という理想的なシチュエーションを見ていきましょう。

    そばにいるよ…相手が落ち込んでいる時


    男性から女性へ、女性から男性のどちらにも落ち込むことはあるものです。そんな落ち込んだ時にそっと後ろから近づいて、優しくハグしてくれるのは理想のシチュエーションですよね。

    男性なら、落ち込んでいる彼女を優しく包み込むように後ろからハグすると、不安な気持ちを和らげ、安心感を与えることができます。落ち込んでいる彼を慰めたい女性なら、その背中に手を回し、女性ならではの柔らかくて温かい体でそばにいることを伝えましょう。

    人生、誰にだって落ち込むことはあるもの。互いに相手の様子を読み取り、静かに後ろから抱きしめれば、ドキッとすると同時に心が救われるハグになります。

    眠れなくなりそう!ベッドで横になっている時


    恋愛映画では、ベッドに横向きに寝そべった男性が、同じく横向きの女性の体を後ろから抱きしめるシーンがよく登場しますよね。ベッドで横になった状態での後ろからのハグは、見ていて幸せな気持ちになると同時に、ドキドキするシチュエーションでもあります。

    そんな二人の体がピッタリくっつくように、男性が女性を後ろから抱きしめながら寝る姿勢を、スプーンポジションと呼ぶのだとか。重ねたスプーンがぴったりとくっつくように、互いの体の線に沿ってくっつくことから生まれた言い方ですが、安心する後ろからのハグも、逆に眠れなくなりそうですね。

    後ろから近づいてこられてドキッ!待ち合わせの時


    男女共に相手を驚かせたいという心理は共通しており、この心理が後ろからハグする行為につながることは、すでにご紹介しました。ということは待ち合わせの時、知らない間に相手が後ろに来ていて、いきなり背中を抱きしめられたらドキッとすること必至ですね。

    初めての後ろからのハグなら、ビックリしすぎて心臓が止まりそう。ドキドキすること間違いなしのシチュエーションですが、驚かせすぎないためにも、初めての後ろからのハグは軽く抱きしめて離れるのがいいでしょう。「驚いた?」「ビックリしたでしょ?」など、明るい雰囲気にするとよさそうです。

    悲しくて涙が止まらない時


    悲しみに暮れて涙が止まらない時に彼がそっと後ろから腕を回してくれたなら、いっそう泣いてしまう女性もいるかも。とはいえ、涙が止まらない時は言葉にするのもつらいものです。それを察しての後ろからの優しいハグは、つらい気持ちを慰めてくれます。

    男性も、あまりにもつらいことがあれば、男泣きしてしまうこともあるでしょう。そんな時に彼女がそっと背中に寄り添って抱きしめてくれたら、泣き顔を見せずに済むようにしてくれたことに感謝の気持ちがわいてくるはず。

    悲しくて涙が止まらない時は背中から相手を抱きしめ、理由は聞かずにそっと温もりを与えて泣き止むのを待つ。そんなシチュエーションも素敵ですね。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)