【シーン別】男性が言われて嬉しい言葉!おすすめシチュエーションも

  • 言われて嬉しい言葉を使うおすすめシチュエーション

    最後に、ここまで紹介した男性が言われて嬉しい言葉を使うおすすめのシチュエーションについてご紹介します。同じ言葉でも、言うタイミングによって男性を喜ばせる効果は段違いです。場の雰囲気をさらに盛り上げられるように、適切なタイミンで使ってみてくださいね。

    真剣に話しているとき


    「真剣に話をしているときに、『頭いいですね』とか『仕事早いですね』と言われると嬉しい。もっと頑張ろうとやる気がでる」(27歳/男性/研究職)という意見がありました。言われて嬉しい言葉を使うのにベストなタイミングの一つです。

    一生懸命頭を回転させて話したり仕事をいるときに、褒められたら嬉しいですよね。「自分のことを客観的に評価してくれる意見はありがたい」という意見もありました。

    イチャイチャしているとき


    「イチャイチャしているときにパートナーから『一緒にいると落ち着く』と言われて嬉しかった。その後、さらに盛り上がった」(25歳/男性/団体職員)という男性もいました。イチャイチャタイムは体だけでなく、言葉でもお互いを愛で合いたいですよね。

    ちょっと恥ずかしく感じるかもしれませんが、男性としてはストレートな表現の方が言われて嬉しいと感じる傾向があります。「彼女が恥ずかしがる様子まで含めて嬉しい」という男性もいますので、少し頑張って言葉にしてみましょう。

    話の合間


    「話の合間に『〇〇さんみたいな手が好きなんです』と言われて、思わず彼女の手を握ってしまった」(27歳/男性/教育関係)という経験談もありました。話のふとした合間に、自分の気持が口からポロッと漏れ出てしまうことってありますよね。

    自然なタイミングで褒められると、心に響くもの。話が途切れた瞬間を気まずいと感じてしまうのはもったいないですよ。男性を喜ばせる絶好のチャンスですので、積極的に相手を褒めてください。

    男性がドヤ顔している時


    「男性が気持ちよく自分の話をし終わったタイミングで褒めるとすごく喜ばれす。鼻がちょっと膨らんでドヤ顔している瞬間がベストタイミングです」(23歳/女性/接客業)というように、女性からの意見もあります。

    男性の話が白熱して、合いの手を入れるのが難しいことってありますよね。そんなときに無理せずに、最後まで男性の話を聞いてしまいましょう。話を終えてドヤ顔をした瞬間に、褒め言葉をかけてあげれば男性としては大満足です。