彼氏に飽きたと感じる原因とその対処法|別れるべきかはココで判断!

  • 彼氏に飽きたと感じるようになった原因

    なぜ、あなたは彼氏に飽きたと感じるようになったのでしょうか?

    ここで、飽きてしまった原因を探っていくことにします。彼氏との付き合い方、あるいはあなたの考え方や意識に原因が隠れているかもしれません。

    デートのマンネリ化


    まず考えられる原因に、デートのマンネリ化があります。女性の本音でもあったように、「いつもデートが家」など、デートの内容や行き場所がいつも同じだとマンネリ化するでしょう。一緒に過ごす内容に飽きてしまったため、彼氏に飽きたと感じているのかもしれません。

    思い切って別の場所でデートしてみたり、あなたが新たなデートの内容を決めてみるべきです。見る景色、過ごす空間を変えるだけでも、新鮮味を感じられるようになるでしょう。

    ドキドキ感がない


    彼氏に対するドキドキ感がなくなり、飽きたと感じている可能性もあります。

    付き合い始めのうちは、好きな人と付き合えたことによって距離感が縮まるため、それだけでドキドキ感を味わえていたはずです。しかし、1ヶ月2ヶ月と過ごしていけば、次第に彼氏に慣れてきてドキドキ感を感じられなくなってしまうでしょう。

    もしかしたら、「会い過ぎ」「連絡の取りすぎ」が原因かもしれません。一緒に居れば居るほどドキドキ感は薄れていってしまうもの。今二人には、ある程度の距離が必要になるでしょう。

    彼氏といるのが当たり前になっている


    あなたの中で、彼氏の存在が当たり前になっていることで「飽きた」と感じていることも考えられます。恋愛感情が落ち着き、まるで家族のような存在になってはいませんか?彼氏といるのが当たり前、付き合っていて当たり前という感覚があり、「大切な人」という意識が薄れていっている状態です。

    今は彼氏に飽きたと思っていても、「離れてみたら大切なことに気付いた」とあとから気付くケースも実際にあります。一緒にいすぎたこと、近すぎたことで、すべてが当たり前となってしまったのでしょう。

    彼氏のすべてを知り尽くしてしまった


    付き合いが長くなっていくと、彼氏のことも多く知るようになりますよね。彼氏の仕事の内容、毎日のスケジュール、趣味や交友関係など、彼氏のほとんどを知り尽くしてしまえば飽きたと感じるようになります。

    質問をしなくても把握しているため、会話が減ってしまうでしょう。「こんな人」という性格も知っているため、どう行動するか・どう考えるかもだいたい予想がついてしまいます。すると、相手への関心・興味がなくなり飽きたと感じるように。

    彼氏の知らないところ、未知なる部分がないために飽きたと感じることもあるのです。
  • 彼氏に飽きた時にとりがちな行動

    「彼氏に飽きたな」と自覚できる人もいますが、飽きたことに気付かずモヤモヤした思いを抱えながら付き合い続ける人もいるでしょう。

    ここで、彼氏に飽きた時にとりがちな女性の行動を見ていきます。こんな行動が見られたら、あなたは彼氏に飽きた可能性があるでしょう。

    優先順位が下がる


    彼氏に飽きると、彼氏の優先順位がどんどん下降していきます。「会いたい」「話したい」と思う気持ちが薄れたことで、順位も下がってしまうのでしょう。

    仕事や約束といった予定を、彼氏よりも優先してしまうということは仕方ないことです。これだけでは彼氏に飽きたとは言えないでしょう。しかし、後回しにできること、些細なことを優先するようになったら、彼氏に飽きた可能性が高いです。

    例えば、彼氏から「今から会える?」と言われた時、面白いテレビ番組を見ていたとしましょう。以前までは、すぐに彼氏の元へと駆けつけていたはず。しかし、「テレビ観てからでいいなら」「また今度にして」と言うようになったら要注意です。

    イライラしてすぐ喧嘩する


    彼氏に対しイライラしすぐに喧嘩に発展してしまうのも、彼氏に飽きた時に起こりがちな問題です。

    好きな気持ちが強く「嫌われたくない」という思いを持っている時は、例え自分と意見が違っても「そうだよね」「そんな意見もあるよね」と受け入れられたでしょう。しかし、彼氏に飽きてしまえば、嫌われたくないという恐怖心も薄れます。すると、「私はこうだから」「そうじゃないから」と彼氏に意見をぶつけるようになるため、衝突することが増えるのです。

    彼氏に聞くことが少なくなる


    「今日何してた?」「今週末空いてる?」など、彼氏に質問することが減っていくこともあります。彼氏が自分から話すタイプでなければ、これによって二人の会話も激減。沈黙になることも多いでしょう。

    相手に対し聞くことが少なくなったのは、関心がなくなったため。もしくは、「面倒くさい」「聞かなくてもいいや」という適当さを持ってしまったためでしょう。彼氏に飽きたから関心がなくなり、飽きたから適当になってしまっているのです。

    「そういえば彼氏に聞きたいと思うことってないかも…」と感じたら、あなたは彼氏に飽きたのかもしれません。

    自分磨きをしなくなる


    彼氏に好きでいてもらいたい、可愛いと思ってもらいたいと思わなくなれば、自分磨きもしなくなるでしょう。彼氏に飽きると、デートだからと気合を入れなくなったり、女性らしくいようとする意識がなくなっていきます。

    単純に、着飾ったりメイクに時間をかけることを面倒だと感じる人もいれば、「そこまでする必要がない」と感じている人も。彼氏に対する「好き」や「好きでいてもらいたい」という思いが薄れてしまったことで、自分を高めることをしなくなる人も多いです。