「月が綺麗ですね」に込められた愛のメッセージとは?返答方法も紹介

「月が綺麗ですね」というフレーズに、素敵な意味が込められていることをご存知ですか?この記事では、「月が綺麗ですね」に隠された意味や、言われた時の返答方法などを詳しく掘り下げていきます。ロマンチックで印象に残る告白をしてみたい人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

  • 「月が綺麗ですね」は愛のメッセージ?

    男性と2人で夜道を歩いている時に「月が綺麗ですね」と言われたら、どんなふうに返しますか?「月が綺麗ですね」には、ただ単にお月様を見ての感想だけではなく、大切なメッセージが隠されている場合があります。

    有名なフレーズなので、詳しくは知らないけど聞いたことがある!という人も多いかもしれませんね。この記事では、「月が綺麗ですね」の意味や、そう言われたときの返答方法について詳しく掘り下げてご紹介していきます!是非参考にしてみてくださいね。

    「月が綺麗ですね」の意味


    「月が綺麗ですね」というフレーズを聞いたら、どのように捉えますか?字の如く、月の美しさを褒めている時もあります。ですが、「月が綺麗だなー」と月をそのまま褒めているのとは少し違う場合もあるんです。

    実は、「月が綺麗ですね」というフレーズには、別の素敵な意味が込められているんです。それは「あなたを愛しています」という意味。ストレートな言葉ではないですが、とてもロマンチックな表現ですよね。

    その意味を知っていたら、「月が綺麗ですね」と意中の相手に言われた時、ドキドキしてしまいますよね。そして、相手がその意味を理解して言っているのか、そうではないのか気になってしまいそう…。「月が綺麗ですね」は、知っていてこそ成り立つ愛の告白と言えるでしょう。

    「月が綺麗ですね」は夏目漱石が語源という説も


    「月が綺麗ですね」というフレーズは、夏目漱石が語源と言われています。ただし、それを示す資料は見つかっていないため、真実かどうかはわかりません。とはいえ、なかなか気の利いた逸話なので紹介しておきます。

    夏目漱石が英語の教師だった頃の話です。夏目漱石の教え子が「I love you.」を「我、君を愛す」と直訳しました。その時、夏目漱石は「日本人はそんなことは言いません。月が綺麗ですね。とでも訳しておきなさい」と指摘したそうです。

    当時の日本人は、「好きです」や「愛してる」なんてストレートな表現はなかなかしなかったと言われるため、このように指摘したのでしょう。「I love you.」を「月が綺麗ですね」と訳すなんて、なんだかとても奥ゆかしくてお洒落だと思いませんか?

    史実かどうかはさておき、愛の伝え方として「月が綺麗ですね」を選ぶあたりは、さすが文豪だと思わず脱帽してしまいますね。