人生の転機の前触れに体調不良になる理由|乗り越え方も詳しく解説!

  • 転機の前触れである体調不良の乗り越え方

    体調不良が続いてしまうと、何もかも嫌になってしまうものです。しかし、その体調不良が人生の転機の前触れだとするなら、諦めたくないですよね。ここでは、人生の転換期の前触れとして起こり得る体調不良の乗り越え方を教えます。

    悪いこともこれから好転していくと考える


    心と体は連動してしまうため、体調不良になると、どうしてもマイナス思考になりやすいです。さらに、いつもの調子を発揮できずに、失敗が続いてしまうこともあるでしょう。しかし「ピンチはチャンス」と捉えてみてください。悪いことがいつまでも続いてしまうことなど、決してありません。

    体調不良が落ち着けばきっといいことがある、こう考えることが大切です。元気を取り戻してから再復活しましょう。その時まではじっと耐えるべきです。

    固定観念を捨てることを恐れない


    人生の転機の前触れをプラスに変えるには、「どうせダメだ」といった決めつけや固定観念をなくすことが鍵です。体調不良が新しい未来の前触れだとは、とても思えないかもしれません。でも、凝り固まった価値観を一度捨ててみてください。いつもと違った視点から見つめることができ、ようやく「人生の転機の前触れが今なのかも」と気づけるでしょう。

    ルールに従うことも、社会人としては大事です。しかし時には、自分の心の声に耳を傾けてみましょう。体調が悪い時は無理をせずに思い切って休んでください。

    残業をうまく回避して早めに帰宅する


    体調不良の時はパワー温存のためにも、残業をうまく回避して早めに帰宅しましょう。
    何をやっても裏目に出てしまえば、周囲へ心配や迷惑をかけてしまいます。体調不良なのは人生の転機の前触れだとしても、資本の体を壊してしまえば、大事な時に能力を発揮できなくなります。

    もし違法な残業を強いられているならば、思い切った決断をする時かもしれません。体調不良のまま働き続けるよりも、転職で心機一転することを検討しましょう。

    体調不良のまま無理をしない


    体調不良のまま無理をしても良いことはありません。無理をせずしっかりと休養を取ることで、体調とともに運気も回復します。「元気になってからまた頑張ろう」と思える人は、現状を好転できるものです。体調不良が何かの前触れだと感じた時こそ、しっかりと体を休ませてくださいね。

    早めに医師へ相談した方が、体調の悪化を食い止めることにつながります。体調不良の状態のまま無理をすると、運気を下げてしまうので要注意。仕事も大事ですが、自分の体を一番に優先しましょう。

    「何の前触れなのか」と深読みばかりしない


    体調不良になる度に「何かの前触れかな」「人生の転機がやって来るのかも」と過剰反応しても、期待ばかりが空回りします。また「病は気から」という言葉があるように、自ら体調不良を招いてしまうこともあります。

    そのため、スピリチュアル的な世界にばかり逃避せず、目の前のことに集中しましょう。そして規則正しい生活を送ることにも専念しましょう。

    人生に迷いが出た時に占いや風水に頼ることもアリですが、あまりにも依存し過ぎてしまうと、結果的に不幸になることもあります。目の前にある大事なことや、良い転換期を見逃さないように、現実をしっかりと受け止めてください。

    身を任せてみるのも時には必要


    長い人生、良い時もあれば悪い時もあります。そんな波に何度か乗ると、体調不良に陥った時「これは転換期の前触れかも」と気づくこともあるでしょう。

    だからといって、無理をして行動する必要はありません。まずは体調を回復することを優先して、慌てず騒がず身を任せてみるのも時には必要です。落ち着いたら次のステップを考えましょう。

    もがき苦しむ時期が続くと、人生を諦めてしまいたくなります。心が疲れてしまう前にリフレッシュして、運気が上昇するのを待ってみてください。人生の転機の前触れが長く感じることもあります。それでも、「止まない雨はない」と信じて前に進みましょう。
  • 体調不良だけじゃない?色々な人生の転機の前触れ

    転換期の前触れとして起こるのは、体調不良だけではないようです。仕事や私生活が波に乗っている時に思わぬ事態が起きたり、何をやってもうまくいかない時に思わぬトラブルに巻き込まれてしまうこともあります。できれば目をつぶりたくなるような事態ばかりですが、人生の転機の前触れとして起こり得ることをご紹介します。

    ケガや病気


    「ここから本領発揮だ」という時に痛みを伴うケガをしてしまったり、重い病気にかかってしまうと、一気に転落した気持ちになります。

    人生は「正負の法則」で成り立っていると言う人もいます。何かを得た分だけ、何かを失ってしまうこともあるでしょう。「ケガや病気は運気が上昇する前兆だ」と捉えてみてください。自分を見失わないことが大切です。

    愛する人との別れ


    大きな失恋や死別など、試練とも言えるようなとてもつらい経験も、生きていると避けられないものです。しかし、愛する人との別れと向き合って乗り越えようとしたときや、過去のことだと心の中で整理がついたときには、新しい一歩を踏み出せます。

    愛する人との別ればかりが続くの時は「人生の転機の前触れ」だとは思えないものですが、乗り越えた際には分かるのではないでしょうか。

    リストラやビジネスでの失敗


    勤め先からリストラされたり、事業に失敗してしまった時は、まさに人生のどん底に落ちた気持ちでいっぱいになるでしょう。世の中の不公平さに不平不満をぶちまけてしまうかもしれません。

    でも、そこが人生の底辺だと感じたのなら、あとは這い上がるのみ。気持ちの切り替えができれば、大きなトラブルも人生の転機の前触れだと思えるはずです。

    不慮の事故や災害


    不慮の事故や大きな災害に遭ってしまうことも、残念ながら起こり得るものです。とても不幸で自分では防ぎようがないトラブルですが、そんな時も「好転の前触れだ」と信じられる人の方が、早く新しいスタートを切ることができます。

    マイナスな出来事ばかりが続いても、人生の転換期だと心に刻んでみることが大切です。

    興味や関心ごとが変わる


    今までとは違った分野に興味を持った時は、ぜひ積極的に取り組んでみてください。新たな自分がやってくる前触れかもしれません。環境や人間関係の変化に合わせて、関心ごとが変わることはよくあります。

    新しい出会いやビジネスチャンスが眠っている可能性もあるので、人生の転機を迎えるチャンスだと信じてみましょう。