人生の転機の前触れに体調不良になる理由|乗り越え方も詳しく解説!

  • 人生の転機の前触れに体調不良が起こる理由

    ではなぜ、人生の転換期が近づくと体調不良を起こしてしまう場合があるのでしょうか。体調不良を起こしている最中は、それが人生の転機の前触れだと自覚することは難しいため、その理由には気づけないものです。ここでは、なぜ人生の転機の前触れに体調不良が起こるのかについて迫っていきます。

    人生の転機にはエネルギーが必要


    大事な受験や転勤などを乗り越える時には、これ以上ない大きなエネルギーを使います。人生の転機を迎える時は、寝不足になったり心身の疲弊から体調不良に陥りやすいです。このような理由から、「体調不良は人生の転機の前触れ」とたびたび言われるようになりました。

    つい無理をしてしまう人も体調を崩しやすいものですが、そこが転換期の前兆ならば、エネルギー補給に専念した方が良いかもしれません。

    体調不良は運気がよくなる途中の段階


    人生が好転する直前まで、ひたすらもがいて苦しむ時期が続くことがあります。何をやってもうまくいかない時期は、大きなストレスを抱えてしまいがち。そして、体調不良を起こしては失敗を繰り返す負のループに陥ってしまう…こんな経験は誰にでもあるでしょう。

    運気を好転させるために大きな体力を消耗することが、体調不良を起こす原因かもしれません。不調の状態は苦しいですが、その先には明るい未来があると信じられれば、人生は好転するでしょう。

    眠気や体のだるさも症状の一つ


    人生の転換期が近づいていると、無意識に悩んだり準備をすることがあります。わけもなく眠気が襲ってくるのは、心身ともに疲弊している証拠かもしれません。目の前の壁を乗り越え時、「体調不良が続いたのは、人生の転機の前触れだったんだ」と確信できるはずです。

    ストレスを強く感じているときも寝不足になりがちです。睡眠不足は体調不良の大きな原因につながり、マイナス要素を引き寄せてしまうこともあります。人生の転機の前触れだと感じたときこそ休んだ方が、人生にとってプラスになるものですよ。

    外的要因による体調不良も起きやすい


    調子が乗っている時に大きなケガや病気にかかり、まるで人生のどん底に落ちたような心境に陥ることもあります。そんな時は、しばらく体調不良に悩まされるものですよね。しかし、必死に乗り越えた時に好転したなら、「あの体調不良は人生の転機の前触れだったのかもしれない」と感じられるでしょう。

    大きな外的要因をどう受け止めるかによって、体調不良が人生の転機の前触れだと感じられるか感じられないかが違ってくるのかもしれません。それによって、その後の人生を大きく変わることもあるでしょう。
  • 転機の前触れに体調不良が起こった人の経験談!

    人生の大事な時にどんなふうに体調不良が起きたのか、実際に人生の転機の前触れとして体調不良を経験した人の話を紹介します。どんな時にどんなふうに体調不良が起こり、なぜ転機の前触れだと感じたのでしょうか。今後の人生の転機を逃さないためにも、どんな前触れがあるのかを掴みましょう。

    毎日たっぷり寝ているのに眠気が消えない


    「半年前まで寝ても寝足りない状態が続いて、仕事も空回りしていました。そんな時、人事異動があって、嫌な上司が別の部署へ移ったんです。そこから急に眠気が覚めて、体がシャキッとしたんです!ストレスが溜まっていたのかもしれません。今は仕事が楽しくなりました」(28歳/男性/営業部)

    この方は、職場の人間関係が体調不良に影響を及ぼしていたようです。眠気が続いた日々は、まさに人生の転機の前触れだったのでしょうね。

    風邪でもないのに体がだるい日が続き…


    「寝込むほどではない、微妙な体調不良が続いた時があったんです。ちょうど責任の重いプロジェクトを担当しているのもあって、つらいなあ…と感じていました。その時、上司が親身になって支えてくれて、本当に嬉しかったです。

    なんと、その上司は今では夫です。あの体調不良は人生の転機の前触れだったのかなと、今なら思えます」(34歳/女性/広告代理店)

    つらい仕事による体調不良が続くと、心底疲弊するものです。しかし、この女性のように乗り越えた先に幸運が待ち受けているなら、「体調不良は良いことの前触れだ」と信じられますね。

    原因不明の高熱は好転の前触れだった


    「ファストフード店でバイトをしている時に、原因不明の高熱が1週間ほど続きました。でも休んでいる間に抜き打ち調査が入ったらしくて、ずっと嫌いだった先輩がミスをして、かなり注意されていたんです。そこからバイトが楽しくなって、今は店長になりました。あの謎の高熱が、ある意味人生を変えてくれましたね」(23歳/男性/飲食店勤務)

    1週間も熱にうなされることはつらいですが、ずっとストレスに感じていた事態が好転したのは、確かにラッキーに感じますね。それがきっかけになって店長になったなら、体調不良が人生の転機の前触れだったと頷かずにはいられません。

    夢ばかり見て熟睡ができない


    「仕事で行き詰っていた時期は、夢ばかり見て熟睡できませんでした。頭痛まで続いてしまって、限界を感じて転職を決断したんです。でも転職先でいい人達に恵まれて、今は大満足してます!」(27歳/女性/不動産会社)

    寝不足や頭痛がきっかけで転職を決断し、良いリスタートができたこちらの女性。やはり何かの前触れとして体調不良に陥ることもあるようです。今満足しているからこそ、その時が人生の転機だったと感じるのでしょうね。