好きな人がそっけないのはなぜ?冷たい態度をとる男性の心理&対処法

  • 職場の好きな人がそっけない態度を取る原因

    次に紹介するのは、職場の好きな人がそっけない理由です。職場だからこその理由もあるので、詳しく見ていきましょう。

    仕事モードになっている


    先ほど紹介したように、男性は何か作業や考え事に集中していると返事がそっけなくなるものです。女性としてはやや理解しづらいですが、男性はもともと複数のことを同時に考えるのが苦手な傾向があります。その分一つのことに集中するのは得意なので、研究職などは男性が多いわけですね。

    つまり、職場では仕事モードになっているとそれ以外のことは頭から離れているということ。逆に言えば仕事が終わった後であれば普通に応じてくれる可能性は高いので、タイミングを見計らってみましょう。

    職場に他に好きな人がいる


    実は別の人に夢中なせいで、あなたに対してそっけないのかもしれません。特に一途な人であれば、好きな人がいれば他の女性にはほとんど興味を示さないかも。特別嫌っているわけではなくても、その興味のなさがそっけない態度としてにじみ出てしまうことがあります。

    また、あなたと親しくなった結果、好きな人に「△△君は○○さんが好きなんだ」と勘違いされては困るというのもあります。いずれにせよ、脈は薄いパターンといえるでしょう。

    彼女がいるので女性と距離をとっている


    彼女がいる場合も別の女性と親しくなるのを避けようとする傾向があります。あなたが「彼には彼女はいなさそう」と思っていても、実はいるのかもしれません。特に男性は彼女がいてもそれを感じさせない、というより隠していることが多いので、傍から見ると分かりにくいのです。

    こういう場合、彼女以外の女性と親しくなると彼女を悲しませることになります。いらぬ不安を彼女に与えないために、彼女以外の女性とあまり関わらないようにしているのです。その結果、人を寄せ付けないそっけない態度をとっているのかもしれません。

    同僚や上司の目が気になる


    誰かを好きである気持ちを同僚や友人に知られ、からかいの対象になるのを避けたい心理があることは先ほど紹介しました。それと少し似ていますが、女性と楽しく喋っているところを同僚や上司に見られたくないという心理があります。

    これは好きな気持ちがばれるのが嫌だというより、楽し気にしているのが仕事をさぼっているように見えるのを恐れているのです。特に上司が厳しい人だと、気が抜けているように見られてしまうかもしれません。相手が同性ならともかく、女性と話しているとそういう風に思われるんじゃないか…と不安なわけです。

    このパターンは、一目を気にしたり誰かの顔色を伺いがちな男性に多め。一目を気にしなくてよい場所では普通に接してくれる可能性は高いでしょう。