LINEが返ってこないのはなぜ?隠された男性心理&対処法を大公開

  • LINEの返信率を高めるモテテクニック!

    最後に、LINEの返信率を高めるモテテクニックをご紹介していきます。

    今後再び「LINEが返ってこない…」と不安や心配になる前に、返信率を高めるLINEの送り方を知っておきましょう。

    男性が返信しやすい内容を送る


    男性が「返したい」と思うような内容にすれば、当然返信率は上がります。そのためには、男性が興味を持つ内容、好きな内容を話題にする必要があるでしょう。

    つい自分の話をしてしまう女性が多いですが、返信してもらいたいならば、男性の好きな話題を知ることが大切。趣味は何か、好きなことや興味のあることは何か、LINEを送る前に情報を得ておくと話題を振りやすいです。

    男性が返信しやすい内容を送れば、相手は深く考えずに返信できるため、男性もあなたとのLINEを楽しいと感じてくれるでしょう。

    写真や動画を活用する


    文字だけのLINEより、写真や動画も活用した方が返信率は高まります。

    LINEで文字のメッセージを送った場合には、LINEのトーク画面を開く前の段階で、どんなメッセージか内容を見られますよね。「元気?」といった短文であれば、トーク画面をわざわざ開かなくても内容を確認できてしまいます。

    ところが写真や動画を送った場合には、「○○さんが写真/動画を送信しました」と表示され、内容はトーク画面を開くまで確認できません。写真や動画が送られてくると「なんだろう?」と興味を持ちますよね。伝えたいメッセージのあとに続けて写真や動画を送れば、相手は気になってLINEを見ることになり、一緒にメッセージも読んでもらえるでしょう。

    こうしたちょっとしたテクニックでも、返信率を高めることができます。送る順番にも注意して試してみると良いでしょう。

    あえて自分からLINEを終わらせる


    相手からLINEが返ってこないと、次に送る時に遠慮が生まれてしまいます。そのような状況を作らないために、あえて自分からLINEを終わらせるというのもテクニックの一つです。

    あなたからLINEを終わらせることで、相手は「LINEが返ってこない」とあなたに対して思うでしょう。すると、男性からはLINEをしにくくなるもの。その後、あなたからLINEが来たら、相手は「やっと来た!」と感じ、思わず返信をしたくなるのです。

    好きな人とは長く繋がっていたくて、ついつい何に対しても返信してしまうもの。しかし、次に繋がるように少し我慢し、あなたからLINEを終わりにしてしまえば、次回相手からの返信が返ってきやすくなるのです。

    会話のようなテンポの良いLINEを心掛けて


    男性は、長々とした話や内容の濃い話をLINEでしたいと思う人は少ないです。ですから、会話のようなテンポの良いLINEが好まれるでしょう。

    相手から一文でLINEが来たら、一文+アルファくらいの短文を返すのがベスト。質問に対して答えるだけだとそこで会話が終了してしまうため、答えに新たな質問を付け加えると会話が弾みやすいです。

    一方的な話にならないよう、会話のキャッチボールをしていることを常に意識することが大切。相手に合わせた内容と文章量だと、LINEしていて楽しいと思ってもらえるでしょう。