LINEが返ってこないのはなぜ?隠された男性心理&対処法を大公開

  • LINEが返ってこない時のNG行動

    次に、LINEが返ってこないときにしてはいけないNG行動を確認しておきましょう。あなたの行動次第では、二度とLINEが返ってこないという事態になってしまうこともあり得るのです。

    「返信してよ!」と催促する


    相手が忙しくしていて、LINEが返ってこない可能性もあります。「返信してよ!」と催促するLINEは、相手を追いつめるだけでなく重く感じられてしまうためNGです。

    数日経って再びLINEを送るにしても、返信を催促するような内容にはしないこと。以前のLINEとは切り離して、別の内容を考えるべきでしょう。

    忙しいタイミングで催促されれば、「もうLINEしたくない」と未読スルーされる可能性もあります。送る前に「相手にも事情がある」と配慮するよう心掛けましょうね。

    長文LINEを送る


    LINEが返ってこないからといって、思いを長文に込めて送ることも避けた方が良いです。読むのが億劫だと思われるだけでなく、面倒くさいと思われる可能性がありますよ。スクロールが必要なほどの長文LINEは避けるべきでしょう。

    こうした長文LINEを送ろうとする人の中には、特に不安な思いやネガティブな感情をこめてしまう人が多く見られます。「何か嫌に感じることがあるなら言ってほしい」とか、「私とLINEするの嫌になったの?」といった内容ですね。

    相手はどう返信していいか分からないだけでなく、勝手な思い込みや妄想をされていることを面倒に感じるでしょう。

    相手が気付くようなSNSの投稿


    相手の男性とLINE以外で繋がりがある場合だと、「気付いてほしい」「返してほしい」という思いから、SNSに男性に関する投稿をしてしまう人もいます。

    例えば、「LINEが返ってこないから眠れない…」「LINE以外はやってるんだ…」といった内容です。こうした投稿を見た相手の男性は、「自分のことを言っている」と気付くでしょう。

    すると、面倒くさい、返信しにくいと思われてしまいます。相手が気付くようなSNSの投稿は避けた方が良いです。

    周囲に不満を漏らす


    男性からLINEが返ってこないからといって、まだ嫌われたわけでも、避けられていると断定できるわけでもありません。こうした状況の中であなたが周囲に男性への不満を漏らせば、その内容が筒抜けになる可能性もあります。

    自ら男性との距離を広げ、嫌われたり避けられたりする原因になりかねないため、不満を漏らすのも避けた方が良いでしょう。

    特に共通の友人や知人がいる場合は要注意です。職場が同じ、遊んでいるグループが同じといった場合は、「○○ちゃんがこう言ってたよ」と伝わる危険があります。不安を口にするくらいはよくても、不満は漏らさないようにしましょう。