LINEが返ってこないのはなぜ?隠された男性心理&対処法を大公開

  • LINEが返ってこない時の正しい対処法

    LINEが返ってこない時は、正しい対処法で乗り越えていくべきです。

    脈あり、脈なしを判断しながらも、好きな人に嫌われない対処法を試していきましょう。

    数日のあいだ様子を見る


    「送ったのに返ってこない」と思ったとしても、数日は様子を見たほうがいいでしょう。送った当日は、たまたま忙しい日だったかもしれません。あるいは、大事な仕事が控えている、テストがあるなどの理由で忙しくしていることも考えられます。慌てず急がず、数日間は様子を見ましょう。

    3、4日様子を見ている間に、LINEが返ってくるケースも少なくありません。相手にも都合やペースがあることを考慮し、3日から1週間程度は様子を見るべきです。

    LINEスタンプを送ってみる


    相手がまだLINEに気付いていない可能性も否定できません。一度LINEスタンプを送って、様子を見るのもいいでしょう。

    例えば、LINEで公式アカウントなどをたくさん登録している場合、通知が溜まっていることが考えられます。あなたが送ったLINEもその中に未読のまま入っていて、画面をスクロールしないと気付けない状態になっている可能性もありますよね。

    こうしたケースも考えられるため、LINEを送っていることに気付いてもらえるよう、スタンプだけ送って試してみるというのもアリでしょう。

    LINEのやりとりを振り返る


    あなたのLINEの内容が、返事がこない原因になっていないかどうかを確認することも大切です。もしかしたら、返信しにくい内容や相手を怒らせるようなLINEを送った可能性もあります。自分が送ったLINEを振り返り、内容やタイミングを確認してみると良いでしょう。

    またその際、これまでのLINEが返ってきている時間帯にも注目すべきです。相手によって、夜のほうが返ってきやすいなどの特徴がある場合も。今後LINEを送る際の参考にし、返ってきやすい時間帯を覚えておくようにしましょう。

    相手のSNSをチェックしてみる


    相手の男性がSNSをやっていて、あなたも見られる状態にあるなら、チェックしてみるのもアリです。SNSが更新されている場合は、LINEをあえて見ていない可能性があり、再びLINEを送ることでさらに距離を置かれてしまう恐れもあります。

    もし「LINEを返してほしい」「気付いてほしい」という思いが強いのであれば、SNSの投稿に「いいね」するくらいに留めておけば問題ないでしょう。あなたからの「いいね」で、「あ、LINEそういえば来てたんだった!」と思い出す可能性もあります。

    ブロックされていないか確認する


    もし未読の状態が続いているようであれば、ブロックされていないか確認してみましょう。

    ブロックされると、相手のタイムラインが表示されません。頻繁に更新されていたタイムラインが見られなくなっていたら、ブロックされている可能性が高いです。

    また、スタンプをプレゼントする際にも、ブロックされると送れません。相手が持っていなそうなスタンプを選び「プレゼントする」を選択すると、プレゼントできる相手が表示されます。その時に選択画面に相手の男性が表示されなければ、ブロックされている可能性が高いです。

    ブロックされている場合は、残念ながら脈なしで、関わりたくないと思われている証拠。素直に受け止め、気持ちを切り替えるしかないでしょう。

    共通の友人にも返ってこないか確認


    相手が故意に無視しているのか、それとも忙しい等の事情があるのかを確認するために、共通の友人がいる場合は、協力してもらうのもアリでしょう。そこで、友人にはLINEが返ってくるがあなたには返ってこないという状況であれば、故意にスルーされている可能性が高いです。

    逆に、友人に対してもLINEが返ってこないという場合は、まだ脈ありの可能性も充分あります。何かしらの事情があって返せない、あるいは返さないタイプの人だということがわかるため、第三者に協力してもらうのもアリでしょう。