LINEが返ってこないのはなぜ?隠された男性心理&対処法を大公開

  • LINEの返信をしない男性心理とは?

    なぜLINEが返ってこないのか、男性の心理を知ることで理解できることもあるはずです。まずは、LINEの返信をしない男性の心理から見ていくことにしましょう。

    仕事が忙しい


    仕事が忙しくて返信ができない男性はたくさんいるでしょう。仕事中にLINE自体は確認しているものの返信する余裕がなく、「あとで返そう」と思いつつも忘れてしまっている可能性があります。

    この場合は、LINEを送る時間帯を変えてみるべきですね。好きな人が仕事をしている時間帯を避け、相手が返信しやすいタイミングで送れば、返ってくることもあるでしょう。

    どう返信すればいいのか迷っている


    あなたから来たLINEを見て、「どう返信しよう…」と迷っていることも考えられます。男性が困るようなLINE、どう答えれば良いのか分からないようなLINEを送ってはいないか、一度LINEの内容を確認してみましょう。

    例えば、唐突にスタンプだけを送られたら、受け取った側は返信に困ってしまうでしょう。LINEが返ってこない…と不安になる前に、返信しやすい内容を送っているかどうかを確認すべきです。

    返信する必要がないと感じている


    LINEの内容によっては、返信する必要がないと思って返さない男性もいるでしょう。あなたが送ったLINEに特に質問などが書かれていなくて、男性が返答する必要がないと判断したとしたら、反応がないと不安がるのはピントがずれていることになります。

    仮に、翌日会う予定でいて「明日楽しみにしてるね!」とあなたが送ったとしましょう。「了解」と思った男性は、既読を付けることで返信したつもりでいるのです。

    男性は、女性同士のように長々とLINEを続けない人が多い傾向にあります。返信する必要性が感じられなかったり、「了解」「納得した」としか思わなければ、返信しないこともあるでしょう。

    面倒くさいと思っている


    LINEの内容が、どうでもいい内容や自分に関係ない内容の場合、返信しないという男性もいます。LINEのやりとりそのものを「面倒くさい」と感じている人もいれば、「用件のない連絡は不要」と感じる人もいるでしょう。

    男性の中には、LINEのやりとりは最低限で良いと考える人も多いです。約束をする時、確認をする時など、相手の意思や予定を知る術としてだけLINEを活用している人にとって、だらだらとしたLINEのやりとりは苦痛に感じます。

    面倒くさがりな人、不器用な人、あっさりした人付き合いを好む人は、面倒くさくてLINEを返さないこともあるでしょう。

    話が完結したと思っている


    ある程度男性とのLINEのやりとりが続いた後に返ってこなくなった場合は、「話が終わった」と思われている可能性もあるでしょう。

    それまでは楽しく会話をしていたかもしれませんが、その話題が終わったり、それ以上会話を広げることができないと感じた男性は、「もう返さなくて良い」と判断します。悪い意味も意図も込められておらず、単に会話が終わって解散した気持ちでいるだけでしょう。

    怒っていることも


    LINEの内容そのものではなくても、あなたに対して怒っていて返信が返ってこないケースもあるでしょう。

    例えば、相手の男性があなたのことを気になっているとします。あなたが男性の見えるところで、他の男性と仲良くしている姿を見て嫉妬しイライラしているとしたら、あなたからのLINEであっても返さないかもしれません。

    このように、脈ありではあるものの、LINEが返ってこないというケースもあります。「返ってこない=脈なし」ではなく、何かしらのサインということもあるのです。