友人の紹介で恋人を作るコツ!注意点や気まずくならない断り方も解説

どうしても恋愛がしたいというとき、思いつくのが友人の紹介。でも実際、友人の紹介で出会えるのか、そもそも友人に紹介を頼むべきなのか迷ってしまいますよね。この記事では、友人の紹介で恋人を作るメリットとデメリット、紹介された相手と恋愛に進むためのコツを解説します。

  • 友人の紹介で恋人を作るメリット&デメリット

    「恋人が欲しい」と思ったときに友人の紹介を考える人は多いでしょう。友人から紹介された人ならなんとなく安心感もありますし、事前に人柄を聞くこともできます。

    しかし、もし紹介された人とうまくいかなかった時のことを考え、不安になる方もいるはずです。

    そこでここからは、友人の紹介で恋人を作るメリット&デメリットを徹底解説。恋人が欲しい男女は必見です。

    ネットの出会いより安心出来る《メリット》


    信頼できる友人から紹介された人なら、ネットで知り合った人よりも真面目でまともな人である可能性が高いでしょう。もちろんネットでの出会いで恋人になった人も最近では多いですが、「いきなり見ず知らずの人と会うのは怖い」という方もいます。

    しかし友人の紹介なら、友人がその相手のことを良く知ってくれているので安心できます。特に、紹介してくれる友人と親しければ親しいほど、紹介してくれる相手も信頼できると言えるでしょう。

    安心して恋人と出会いたい方は、友人の紹介がおすすめです。

    難ありな人の可能性が低い《メリット》


    類は友を呼ぶ、という言葉にもあるとおり友人の友人は、どこか友人に似たところがあります。そのため、仲が良く趣味の合う友人が紹介してくれる相手であれば、難ありな人に出会う可能性は低いはずです。

    「何度も合コンに行くけど、なぜか良い人と出会えない」「デートまではできるけど、結局気が合わなくて分かれてしまう」という経験のある人は、親しい友人に恋人候補を紹介してもらいましょう。

    すぐに連絡先を聞ける《メリット》


    マッチングアプリで相手と連絡を取り合う場合、メッセージを送るたびにお金がかかってしまうこともあります。

    しかし友人の紹介であれば、すぐに相手の連絡先を教えてもらうこともできます。連絡先を教わり直接やり取りすることで、スムーズにデートの約束ができるので、コスパが良いと言えるでしょう。

    出会い系に課金をしたのに、結局LINEを聞けず終わってしまうという方は、友人に良い人がいないか聞いてみましょう。

    事前にどんな性格か聞ける《メリット》


    事前に容姿だけでなく性格を聞いておくことができる点も、友人の紹介で恋人を作るメリットです。

    交際するまでは良い人だったのに、付き合っていきなり豹変する人は男女問わず少なくありません。その点友人の紹介なら、紹介された後に「想像してた性格と違う」と悩むリスクも少なくなります。

    別れた時に友人と気まずい《デメリット》


    友人の紹介は安心できる一方で、紹介相手との恋愛が終わって別れてしまったときに、友人と気まずくなってしまうというデメリットもあります。別れたことをきっかけに友人と話しづらくなり、そのまま疎遠になってしまった…というケースは、決して珍しくないのです。

    友人がどれほど良い人を紹介してくれたとしても、その人と永遠に恋人でいられるとは限りません。交際をする中でお互い環境や性格が変化することもありますので、別れてしまうことはあるでしょう。その時に相手を紹介してくれた友人とどう接していくかは、悩ましい問題の一つです。

    友人の紹介は断りにくい《デメリット》


    友人の紹介で出会った人だと、気が合わない場合でも次のデートを断りにくくなってしまいます。自分はそのつもりがないのに相手から告白されてしまった時、友人のことを考えOKしてしまうという人は少なくありません。

    そのように、友人のことが気になってしまい、断りにくくなってしまうのは大きなデメリットだと言えます。もちろん、友人にきちんと伝えれば断っても大丈夫ですが、「断ったら友達に嫌われそうで不安」という方は自分で恋人を探す方が安心です。