未読スルーは脈なし決定ではない!?男性心理&脈ありへと変える方法

好意を寄せている男性にされると辛いのが、LINEの未読スルー。既読マークすらつかないのは、脈なしのサインと受け取る人も多いでしょう。しかし、未読スルーだからと言って完全に脈なしとは限らないのです。この記事では、未読スルーしてしまう男性の心理などをご紹介します。

  • LINEを未読スルーされてる…これって脈なし?

    「せっかくメッセージを送ったのに既読すらつかない…」そんな経験は誰にでもあるでしょう。中には気にしない人もいますが、好きな男性にされてしまうと、無視されているのかもという不安で落ち込んでしまいますよね。

    しかし、未読スルーされたからといって必ず脈なしなのでしょうか。ここでは未読スルーについて詳しくみていきます。

    そもそも未読スルーとは?


    そもそも未読スルーとは何なのでしょうか。LINEは、相手がメッセージを読むと、自分が送ったメッセージの横に「既読」のマークがつきます。これは、相手がメッセージを確認したという証拠。つまり未読スルーとは、この「既読」のマークが何時までたってもつかない状態のことを言うのです。

    LINEは、特殊な設定をしていない限りメッセージが来たことを伝えてくれます。それなのに「既読がつかない」というのは、メッセージを読んでくれていないということになりますよね。

    メッセージが送られてきた男性にも事情はあるでしょうが、多くの人が悲しい思いをしてしまうのが未読スルーになります。

    未読スルーと判断する期間


    「○○日既読すらつかなかったら未読スルー」という明確なルールはありません。例え1日でも1時間でも、メッセージを送った人が「未読スルーだ」と思えばそうなってしまいます。では、未読スルーで悩んでいる人が「未読スルーだ」と感じる期間はどれくらいなのでしょうか。

    それは、一般的に約3日から1週間程度となります。好きな男性にメッセージを送ったのに読んでもらえないと、例え1日や2日程度でも「スルーされた」と不安になってしまうかもしれません。しかし、忙しかったり、返信内容に迷っている可能性もあるので、1日や2日程度なら未読スルーの可能性は低いでしょう。

    未読スルー=脈なし決定ではない!?


    未読スルーされて一番落ち込むのは、付き合いたいと思っている男性へメッセージを送った時ですよね。一生懸命考えて送ったメッセージがスルーされてしまって、しかも既読すらつかないというのは悲しい限りです。

    しかし、未読スルーされたからといって必ずしも脈なしだとは限らないでしょう。送られた男性も、どのように返信しようか迷っている可能性があるのです。また、忙しくてLINEを開けないというケースもあるでしょう。

    そして、自分の気持ちが優先しすぎてしまっているため、余計に未読スルーを強く感じてしまうこともあります。例え本命の相手だったとしても「返信が来れば良いかな」程度に捉えておくのがおすすめです。

    一番いけないのは脈なしと決めつけること


    未読スルーされた時に一番やってはいけないのが、この男性は脈なしだと思い込んでしまうことです。確かに脈なしである可能性も捨てきれませんが、忙しくてメッセージに返信できないなど、相手側にも都合があるということをしっかりと認識しておきましょう。

    なにより、LINEで送られてきたメッセージに返信するのは義務ではありません。何かの不都合でメッセージが届いていなかった可能性もあるのです。未読スルーは気持ちを不安にさせられますが、好きな男性が相手の時ほど、気持ちに余裕を残しておきましょう。
  • 脈なし脈ありどっち!?未読スルーする男性心理

    気になる男性の未読スルーをネガティブに捉えてしまう人が多いのも事実。しかし、いちいち落ち込んでいては心理的に辛いですよね。では、未読スルーする男性の心理とはどのようなものなのでしょうか。これらのエピソードを見ていくと、一概に脈なしだとは言い切れないでしょう。

    忙しくて忘れていた


    「今付き合っている彼女と付き合う前の話ですが、仕事が忙しくて未読スルーしてしまったことがあるんです。後で返信しようと思っていたのですが、すっかり忘れてしまって…。あの時は『脈なしだ』と相当落ち込んだみたいで申し訳ないことをしました。」(29歳/男性/管理職)

    仕事をしている男性であれば起こりがちな、未読スルーのケースです。男性の連絡相手は自分だけとは限りませんよね。ですので、仕事先の相手と連絡しあっていたり、プライベートでも忙しい時は未読スルーされてしまう可能性が高まってしまいます。

    どう返信すべきか悩んでいる


    「女性からのLINE自体が珍しいので、返信するのに4日くらいかかってしまいました。そうしたら相手は未読スルーだと勘違いしたみたいです。決して脈なしではなかったと思うと残念ですよ。」(20歳/男性/学生)

    こちらは慎重になりすぎた結果、未読スルーだと思われてしまったケースです。LINEのメッセージは、意図しなければ取り消しや削除はしにくいですよね。ですので、相手に送るメッセージを熟考する人が多いです。ましてや送信相手に嫌われたくないのなら尚更でしょう。

    LINEが面倒くさい


    「正直LINEが好きではないんです。いちいち起動するのが面倒だし、たまに重たくなる時もありますからね。メールか電話だとすぐに返信すると思いますが、LINEだと脈なしとか関係なく、すぐ返信するかわかりません。」(35歳/男性/飲食店)

    LINEをするという行為自体が面倒だと感じている男性の意見です。使用する環境によってはLINEが起動しにくいなどの弊害があるので、致し方ない理由ですよね。LINE以外の連絡方法だとすんなり返信してくれる男性は、LINEが好きではないか慣れていない可能性があります。

    脈なしだから


    「脈なしの女性からLINEが来てもスルーしますね。既読をつけるだけで変に期待されても困るので、未読でスルーです。直接脈なしだとは言いにくいので、未読スルーで察してくれればと思います。」(25歳/男性/美容師)

    一切気のない相手からのLINEに対しては、大体の人が未読スルーをしてしまうもの。そもそも男性はLINEのようなメッセージアプリ自体があまり好きではない傾向もありますので、好きでもない相手とのやり取りは極力避けようとするでしょう。

    未読スルーされたから脈なしだとは限りませんが、相手がこのように思っている場合は、残念ながら諦めるしかないかもしれません。

    タイミングをコントロールしたい


    「既読をつけると返信の期間が決められてしまうような気がするので、返信する余裕ができるまで未読スルーします。LINEのやり取りをするタイミングは、こちらで掴んでおきたいんですよね。そうでないと忘れてしまいそうなので…。」(31歳/男性/Webデザイナー)

    プライベートでも時間の管理がしっかりとしている男性は、LINEのやり取りをする時間を決めているかもしれません。それには返信を忘れてしまわない為だったり、やり取りを楽しみたかったりといった理由があるでしょう。中にはLINEをするのは休日だけという人もいるでしょうから、「返事は焦らずに待つ」というのが大切ですよ。

    気を引くためにわざと


    「未読スルーすると、良くも悪くも気を引けると思うんです。だから、好きな女性からLINEが来た時はたまに未読スルーしてみます。絶対に後で返信はしますけどね。少しでも自分のことを考えてもらう作戦ですよ。」(22歳/男性/書店員)

    付き合う前の駆け引きとして未読スルーを用いる男性もいるようです。確かに未読スルーされると「嫌われたのかな」「脈なしかな」と考えてしまいますよね。未読スルーをして、こうした駆け引きに持ち込んでいるのです。女性からすると、あまり愉快ではないケースですよね。