未読スルーは脈なし決定ではない!?男性心理&脈ありへと変える方法

好意を寄せている男性にされると辛いのが、LINEの未読スルー。既読マークすらつかないのは、脈なしのサインと受け取る人も多いでしょう。しかし、未読スルーだからと言って完全に脈なしとは限らないのです。この記事では、未読スルーしてしまう男性の心理などをご紹介します。

  • LINEを未読スルーされてる…これって脈なし?

    「せっかくメッセージを送ったのに既読すらつかない…」そんな経験は誰にでもあるでしょう。中には気にしない人もいますが、好きな男性にされてしまうと、無視されているのかもという不安で落ち込んでしまいますよね。

    しかし、未読スルーされたからといって必ず脈なしなのでしょうか。ここでは未読スルーについて詳しくみていきます。

    そもそも未読スルーとは?


    そもそも未読スルーとは何なのでしょうか。LINEは、相手がメッセージを読むと、自分が送ったメッセージの横に「既読」のマークがつきます。これは、相手がメッセージを確認したという証拠。つまり未読スルーとは、この「既読」のマークが何時までたってもつかない状態のことを言うのです。

    LINEは、特殊な設定をしていない限りメッセージが来たことを伝えてくれます。それなのに「既読がつかない」というのは、メッセージを読んでくれていないということになりますよね。

    メッセージが送られてきた男性にも事情はあるでしょうが、多くの人が悲しい思いをしてしまうのが未読スルーになります。

    未読スルーと判断する期間


    「○○日既読すらつかなかったら未読スルー」という明確なルールはありません。例え1日でも1時間でも、メッセージを送った人が「未読スルーだ」と思えばそうなってしまいます。では、未読スルーで悩んでいる人が「未読スルーだ」と感じる期間はどれくらいなのでしょうか。

    それは、一般的に約3日から1週間程度となります。好きな男性にメッセージを送ったのに読んでもらえないと、例え1日や2日程度でも「スルーされた」と不安になってしまうかもしれません。しかし、忙しかったり、返信内容に迷っている可能性もあるので、1日や2日程度なら未読スルーの可能性は低いでしょう。

    未読スルー=脈なし決定ではない!?


    未読スルーされて一番落ち込むのは、付き合いたいと思っている男性へメッセージを送った時ですよね。一生懸命考えて送ったメッセージがスルーされてしまって、しかも既読すらつかないというのは悲しい限りです。

    しかし、未読スルーされたからといって必ずしも脈なしだとは限らないでしょう。送られた男性も、どのように返信しようか迷っている可能性があるのです。また、忙しくてLINEを開けないというケースもあるでしょう。

    そして、自分の気持ちが優先しすぎてしまっているため、余計に未読スルーを強く感じてしまうこともあります。例え本命の相手だったとしても「返信が来れば良いかな」程度に捉えておくのがおすすめです。

    一番いけないのは脈なしと決めつけること


    未読スルーされた時に一番やってはいけないのが、この男性は脈なしだと思い込んでしまうことです。確かに脈なしである可能性も捨てきれませんが、忙しくてメッセージに返信できないなど、相手側にも都合があるということをしっかりと認識しておきましょう。

    なにより、LINEで送られてきたメッセージに返信するのは義務ではありません。何かの不都合でメッセージが届いていなかった可能性もあるのです。未読スルーは気持ちを不安にさせられますが、好きな男性が相手の時ほど、気持ちに余裕を残しておきましょう。