ちゃん付けで呼ぶ男性心理とは?呼び方でわかる男性心理&女性の本音

大人になっても、男性からちゃん付けで呼ばれると、違和感を感じたりもしますよね。男性が女性に対して、ちゃん付けをするのはどんな心理によるものなのでしょう。ちゃん付けする男性側、ちゃん付けされる女性側、それぞれの心理に触れながら、ちゃん付けの意味をご紹介します!

  • ちゃん付けってどう思う?

    男性から名前を呼ばれる時に、ちゃん付けをされたとして、あなたはどう思いますか?全く気にしない人もいるでしょうが、そのちゃん付けに深い意味を勘繰ってしまう人も多いもの。反対に、男性もそのちゃん付けに深い意味を持つ人と、そうでない人がいるのです。

    今回は、男性が女性に対してちゃん付けをする際の、男性心理をみていきます。男性はどんなつもりでちゃん付けをしているのか、女性はちゃん付けをどんな感覚で捉えるのかご紹介します。

    自分がちゃん付けされていて、その意味を探りきれない女性は、是非参考にしてみてくださいね!

    好き嫌いが分かれる


    ちゃん付けに対する男性の感覚と女性の感覚は、大きく異なります。それこそ、関係性や状況によっても、捉え方が変わってくるもの。そして女性の中では、ちゃん付けというものに対して好き嫌いがはっきり分かれやすくなるでしょう。

    極端な一例ですが、男性が状況判断した上で、好意的にちゃん付けをしたとします。ですが、女性の目線ではどうでしょう。同じ状況でも相手に対する感情次第では、とても失礼なことと感じたりもするのです。

    女性の方が、状況観察する力はあるので、うっかりちゃん付けをしてしまうと関係に亀裂が入る可能性も充分にあります。

    距離感が大切


    前述したように、好意を持ってちゃん付けをしたとしても、無礼さを感じる女性はいます。そこには、心の距離感も大きく関わっていて、お互いに対する認識でも言葉の捉え方が変わってくるからだと言えるでしょう。

    男性がちゃん付けをする時には、自分の状況判断だけではなく、お互いの距離感を意識しておく必要があるようです。自分が近いと思っていても、相手はそうでもないと思っていることだってあります。一歩通行にならないことが大切なのです。
  • ちゃん付けしてくる男性心理【友達編】

    あくまでも友達であるのに、男性が女性に向かってちゃん付けをするのは、どういった心理によるものなのでしょうか。これもまた、男性の抱えている心理が、そのまま女性に伝わると言う保証はありません。ですが、男性の心理を探るだけでもちゃん付けに対する意識は変わるでしょう。

    男友達がちゃん付けをしてくる時、どのような心理を抱えているのか、挙げていきます。

    もっと仲良くなりたい


    今よりももっと距離感を縮めて「もっと仲良くなりたい!」と思う男性は、親密度をあげようとして、ちゃん付けをすることがあります。苗字であっても、名前であってもちゃん付けをして、お互いに打ち解け合おうとしているのです。

    男友達が、気さくに積極的に声をかけてきて、さらにはちゃん付けするようになったら、「私と仲良くなりたいのかな?」と思っていいでしょう。ちゃん付けに抵抗がある場合は、こちらからも気さくにさりげなく、「他の呼び方に変えてほしい」と意思表示をすることも大切ですよ。

    可愛いと思っている


    『〇〇ちゃん』という響きが、単純に可愛いと思う男性も、女友達にちゃん付けをする可能性があります。可愛いと思っているということは、一切の悪気もなければ、他意だってありません。安心感を感じられる女友達に、親しみを込めて呼んでいるのでしょう。

    実は、こういった心理からちゃん付けをする男性の多くは、素直な性格をしているとも言われています。嫌味っ気がない分、ちゃん付けをされても悪い気分はせず、受け入れることが出来るようです。

    女性として扱おうとしている


    「女の人なんだからちゃん付け」と考えている男性は、実は多いものです。子供の頃から、男の子はくん付け、女の子はちゃん付けが当たり前になって成長しているのでしょう。特に何か考えているわけではなく、女性なんだからちゃん付けしているだけ、という人も実際にいます。

    女性の方も、子供の頃ならそれを受け入れることが出来たでしょう。しかし、大人になった今では、ちゃん付けを違和感に感じるもの。子ども扱いされている気持ちが拭えずに、ちゃん付けに対して違和感を感じているのです。

    機嫌を取ろうとしている


    ちゃん付けに対して、可愛らしいや女性らしいという印象を持つ男性は、ちゃん付けを褒め言葉のように捉えています。そういった男性は、女友達に何かお願いしたい時、ご機嫌をとりたい時にちゃん付けをしているようです。

    普段は違う呼び方をしてるのに、妙に腰が低くなった時だけちゃん付けをしてくる男友達は、ずばりこの心理に当て嵌まるでしょう。さらに甘えた素振りが見られれば、何かしらの下心を持っていると考えていいのかも知れません。