ラブホテルのシステムを徹底解説!初心者必見のラブホの利用方法とは

一度は行ってみたいもののシステムが複雑そうという理由で、ラブホテルの利用に二の足を踏んでしまう人も多いのではないでしょうか。今回は、そんなラブホテルのシステムを徹底解説!行ったことがない人でも慌てることなくスムーズにできる、ラブホの利用方法をご紹介します。

  • ラブホテルの種類や入場方法のシステムは?

    ラブホテルといえば、国道沿いなどにギラギラネオンで建っているホテルというのが定番イメージでしたが、最近は都心などの街中にもあります。そのため、カップルズホテルやレジャーホテルなどとも呼ばれているのが特徴です。

    まずは、そんなラブホテルの種類や違い、それぞれの入場方法のシステムについてご紹介します。

    都心に多いビル型は普通のホテルと同じシステム


    都心に多いビル型タイプのラブホテルは、基本的に普通のホテルと同じシステムと考えておいていいでしょう。駐車場に車を止めたら、建物のエントランスから入ります。

    ラブホテルによっては、駐車場から直接入店できるエントランスがあるところも。車を降りてから、歩いてエントランスに入るのを見られることに抵抗がある場合は、駐車場に続いたエントランスがあるラブホテルがおすすめですね。

    エントランスはロビーにつながっていて、フロント横に部屋の空き状態を示すパネルがあります。部屋を選んでスタッフからルームキーをもらう対面型システムと、スタッフとは一切対面せずに済む非対面システムがあります。

    ザ・ラブホテル!車で入場するモーテル型のシステム


    もともと日本にあった宿泊施設は、必ずフロントを通してチェックインするシステムでした。けれど、カップルでのチェックインは気まずいというのが本音だったことでしょう。

    その点、車社会のアメリカは車で乗り込んで専用の駐車場に止め、フロントを介さずに利用できるモーテルと呼ばれる宿泊施設があります。これを真似て日本にもこのシステムを取り入れたラブホテルができました。

    このモーテル型のシステムは、駐車場が部屋ごとについている戸建てタイプの場合、部屋の前に車を止めてそのまま入室します。ラブホテルの建物によっては駐車場に止めて入室するスタイルもありまずが、いずれも車から部屋へ直接入れるところが大きなメリットですね。