ラブホテルのシステムを徹底解説!初心者必見のラブホの利用方法とは

一度は行ってみたいもののシステムが複雑そうという理由で、ラブホテルの利用に二の足を踏んでしまう人も多いのではないでしょうか。今回は、そんなラブホテルのシステムを徹底解説!行ったことがない人でも慌てることなくスムーズにできる、ラブホの利用方法をご紹介します。

  • ラブホテルの種類や入場方法のシステムは?

    ラブホテルといえば、国道沿いなどにギラギラネオンで建っているホテルというのが定番イメージでしたが、最近は都心などの街中にもあります。そのため、カップルズホテルやレジャーホテルなどとも呼ばれているのが特徴です。

    まずは、そんなラブホテルの種類や違い、それぞれの入場方法のシステムについてご紹介します。

    都心に多いビル型は普通のホテルと同じシステム


    都心に多いビル型タイプのラブホテルは、基本的に普通のホテルと同じシステムと考えておいていいでしょう。駐車場に車を止めたら、建物のエントランスから入ります。

    ラブホテルによっては、駐車場から直接入店できるエントランスがあるところも。車を降りてから、歩いてエントランスに入るのを見られることに抵抗がある場合は、駐車場に続いたエントランスがあるラブホテルがおすすめですね。

    エントランスはロビーにつながっていて、フロント横に部屋の空き状態を示すパネルがあります。部屋を選んでスタッフからルームキーをもらう対面型システムと、スタッフとは一切対面せずに済む非対面システムがあります。

    ザ・ラブホテル!車で入場するモーテル型のシステム


    もともと日本にあった宿泊施設は、必ずフロントを通してチェックインするシステムでした。けれど、カップルでのチェックインは気まずいというのが本音だったことでしょう。

    その点、車社会のアメリカは車で乗り込んで専用の駐車場に止め、フロントを介さずに利用できるモーテルと呼ばれる宿泊施設があります。これを真似て日本にもこのシステムを取り入れたラブホテルができました。

    このモーテル型のシステムは、駐車場が部屋ごとについている戸建てタイプの場合、部屋の前に車を止めてそのまま入室します。ラブホテルの建物によっては駐車場に止めて入室するスタイルもありまずが、いずれも車から部屋へ直接入れるところが大きなメリットですね。
  • ラブホテルのシステムを解説!《チェックイン編》

    ラブホテルのチェックインといえば、顔を合わさないのが普通というイメージを持っている人が多いでしょう。けれども、今や豪華なフロントロビーがしつらえられているところもあります。続いては、ラブホテルのチェックインのシステムを見ていきましょう。

    ラブホテルの定番!パネルから部屋を選ぶシステム


    ラブホテルといえば、パネルを見てお好みの部屋タイプを選んで入室というイメージが強いのではないでしょうか。基本的に部屋選びはパネルで行うシステムが採用されていることがほとんどです。

    ラブホテルがビル型タイプであれば、エントランスから入ったロビー、あるいはフロントの横にパネルが設置されています。ここで空室状況を確認し、空いている中から部屋を選ぶシステムは、ラブホテルの多くに共通しているといっていいでしょう。

    部屋のカギはフロントで受け取る方法と、パネル備え付けの場合とがあります。フロントを介さなくて済むパネル備え付けのシステムであれば、さらにスムーズに部屋を選んでチェックインすることができますね。

    ガレージから直接入室できるタイプは部屋選びが先


    ガレージから直接部屋に入る戸建て・モーテル型のラブホテルでは、部屋ごとにガレージがありますので、まずは部屋選びを先におこないます。こちらは空室があることを確認し、部屋を選んで車を止め、入室するシステムです。

    戸建てのモーテル型の場合、パネルが設けられているところもあれば、パネルがないところもあります。パネルがある場合は好みの部屋を選ぶことができますが、パネルがない場合はとりあえず部屋の確保が優先という形に。

    パネルシステムがない場合、選んだ部屋の様子がどうなっているかは入ってみるまではわかりません。そのため、当たりはずれがあることを覚悟して入る必要がありそうですね。

    おしゃれなところなら…ウェイティングルームで待つ


    ガレージで車を降りて、エントランスから入るシステムのビル型タイプに増えてきているのが、おしゃれなロビーを持つラブホテルです。

    入口にはピアノマンがいたり、ロビー中央に幻想的な雰囲気を醸し出す水槽を備え付けていたりと、ラブホテルというよりはしゃれたシティホテルといった感じです。たいていウェイティングルームが設けられており、無料のドリンクサービスを行っているところもあります。

    難点としては、フロントでのチェックインシステムが多いこと。けれど、女性は飲み物を飲みながら待つことができてます。ラブホテルのチェックインという雰囲気がしないところがメリットですので、待ち時間も苦にならないのではないでしょうか。

    やっぱ気がラク…受付へ行かなくて済むホテルも多い


    おしゃれなラブホテルが増えてきたとなれば、できるだけおしゃれなところに行きたいと思うところですよね。とはいえ、おしゃれなホテルはフロントでの対応システムが多いのも特徴。「これがちょっと面倒…」という場合は、おしゃれでありながら受付に行かなくて済むホテルを選びましょう。

    ラブホテルの中にはフロントで人が対応するシステムを採用しつつ、受付を通さずに入室できるシステムを併せ持っていることがよくあります。どちらのシステムもあるところを探せば、新しくて綺麗なラブホテルでも受付を通さずに利用が可能。特に初めての人は他人に見られるだけでも緊張するだけに、受付に行かなくて済むのは気がラクですよね。