警察官は不倫しやすい?不倫の理由&きっかけとされた時の対処法

  • そもそもなぜ?警察官が不倫をしてしまうきっかけ

    警察官は、国の法律に基づいて職務をこなしていますから、真面目な人が多いのは事実です。しかし、私生活でつい羽目を外してしまう警察官もたくさんいるでしょう。

    次は、そんな警察官が不倫してしまうきっかけについてご紹介していきます。

    男女2人きりでの勤務


    先にも紹介したように、警察官は男女2人きりで勤務ということも良くあります。同じパトカーに乗ってパトロール中とはいえ、車内は2人だけの空間です。

    もちろん、勤務中なので私語ばかりしているわけではないと思いますが、勤務をきっかけに関係を深めることもあるでしょう。結果的に間違った方向に進んでしまい、不倫をしてしまう警察官もいるのです。

    職場の飲み会


    警察官だって、一般企業のように飲み会が定期的に開催されます。飲み会をきっかけに、違う部署の女性と仲良くなることもあるでしょう。そこから関係が深まれば、不倫に発展することも十分に考えられます。

    しかし、最近は昔と比べて、飲み会の頻度は少なくなっているそうです。職業柄、潰れるほどお酒を飲むわけにもいきませんから、職場の飲み会がきっかけで不倫に発展するケースは、最近はあまり無いかもしれませんね。

    警察官のストレス発散はギャンブルor不倫


    警察官は、職業柄さまざまなストレスを抱える仕事です。とはいえ、守秘義務が多い仕事ですから、第三者に仕事のことを簡単に話すこともできません。結果的に一人でストレスを抱えてしまうことになります。

    そんな警察官のストレス発散方法として多いのが、ギャンブルを楽しむことです。そのほかに、不倫でストレスを発散する警察官も一定数いるのだとか。業界内では「警察官のストレス発散は、ギャンブルか不倫が主流」とも言われているそうですよ。

    既婚者なのに出会い系を利用している


    既婚者なのに、出会い系アプリに登録している警察官もいるようです。もちろん、身分を隠して登録しているケースが多いのですが、相手が未成年の女性だったために明らかになり、ニュースになったケースもあります。

    また、既婚者なのに平気で合コンに参加する人もいるそうで、不倫相手にも既婚であることを黙って関係を持つ人もいるのだそう。ここまでされると、かなりタチが悪いですよね。
  • どうやって不倫してる?警察官の不倫手段

    警察官は忙しく、休日などのプライベートの時間が少ないと思っている人は多いでしょう。確かにそのようなイメージは正解で、普通のサラリーマンと比べたら、休日に遊びに行ける頻度も少ないです。

    とはいえ、プライベートの時間が少なくても、不倫を楽しんでいる警察官はいます。次は、忙しいはずの警察官の不倫の手段についてご紹介していきます。

    不規則な勤務時間の合間


    警察官の勤務体系は大きく分けて、「当番日」「非番日」「公休日」の3つがあります。日勤だけという日もありますが、基本的に警察官は24時間勤務です。

    当番日の翌日が非番になることが多いのですが、管轄内で事件や事故が多発して、急遽勤務になってしまうことも珍しくありません。警察官の妻としては、どの日が勤務日で、どの日が休日なのか把握するのが難しいですよね。

    そんな不規則な勤務時間を言い訳に、不倫を楽しんでいる警察官もいます。「勤務体系を教えて」と言っても、「守秘義務があるから」と教えてくれないケースもあるようです。

    職場の仮眠室で


    警察官は、24時間勤務というシフトが組まれることがあります。もちろん、24時間ずっと起きているわけにいきませんから、警察署内の仮眠室で数時間ほど仮眠を取ることができます。

    そんな仮眠室で不倫を楽しむ警察官もいるのだとか。警察署内で唯一のプライベート空間ですから、声さえ漏れなければ、他の警察官にバレることはないのかもしれません。

    しかし、仮眠室での不倫は昔のことであって、現在でも行われているのかどうかは定かではありません。警察署内の廊下には監視カメラもあるはずですから、時代を考えると、仮眠室での不倫は難しいでしょう。

    平日にラブホテルで


    一般企業とは違って、警察官の休日は土日祝日とは限りません。そのため、妻がパートで働いている平日が休みということも珍しくないでしょう。

    妻が不在の平日であれば、気にせずに外出することができますから、疑われる心配も少ないですよね。仮に自宅にいないことがバレても、「急遽事件が発生して出勤になった」と言い訳すれば、大体の人が納得してくれます。

    特殊な仕事に就いていることをうまく言い訳にしながら、平日のお昼にラブホで不倫を楽しんでいる警察官もいるそうですよ。

    単身赴任中の一人暮らしの部屋で


    この記事でも紹介したように、さまざまな理由で警察官の転勤や異動があります。家族全員で引っ越すこともあれば、単身赴任という形で一人暮らしする人もいるでしょう。

    単身赴任で一人暮らしをしているのであれば、誰からも監視されない自由な空間です。女性を連れてきても妻にバレることはないので、赴任先で不倫を楽しむのは容易でしょう。

    赴任先に妻が足を運ぼうとすると、拒む人もいます。夫に赴任先に行くことを拒まれた場合は、不倫を疑った方が良いかもしれませんね。