彼女持ち男性を落とす攻め方や注意点とは?脈ありサインも解説!

  • 彼女持ちの男性を落とす事に成功したエピソード

    最後に、彼女持ちの男性を落とすことに見事成功した女性のエピソードを見ていきます。

    そのエピソードから、略奪によって得たもの、失ったものも把握しておきましょう。

    幼馴染に恋人が!愚痴を聞きつつアプローチして…


    「幼馴染に恋人ができたと知ってショックを受けて、初めて彼のことが好きだと実感した。そこから彼女の愚痴を聞きつつアプローチ。2年かけて落とすことに成功した」(23歳/女性/保育士)

    相手に恋人ができるまで、好きな気持ちに気付けないでいたのでしょう。気付いた時には彼女に先を越されている状態だったこの女性は、2年もかけて彼へアプローチ。その結果、幼馴染を落とすことに成功したようですね。

    彼女持ちの場合は、男性がいつ彼女と別れてくれるのかわからないため、落とすまでに時間がかかることも多いです。辛く寂しい時間をひたすら耐える必要があるため、軽い気持ちでは落とすことができないでしょう。

    友達の彼氏を略奪成功!


    「友達カップルと一緒に遊ぶことの多かった私は、いつの間にか友達の彼氏を好きに…。気持ちを抑えきれずアプローチし、彼を落とすことには成功したものの、友達は失いました」(18歳/女性/学生)

    この女性が好きになった男性は、友達の彼氏。一緒に遊んでいるうちに魅力に気付き、どんどん抑えきれない気持ちが高まっていったのでしょう。

    結果的に男性を落とすことはできたものの、大切な友達を失ってしまったようですね。失う覚悟で挑んだ恋であっても、しばらくは後悔や心残りがあったでしょう。

    意外とすんなり落とすことができた


    「彼女持ちだから、当たって砕けろ精神でアプローチした。そしたら、彼女とはうまくいっていなかったみたいで、案外すんなりと彼を落とすことができた」(27歳/女性/美容師)

    「彼女持ち=うまくいっている」と捉えてしまいがちですが、危機的状態にあるカップルや、別れる寸前のカップルも多く存在します。もしかしたらこの女性が好きになった彼女持ち男性は、彼女と別れる寸前だったのかもしれません。

    その状況が後押したのか、すんなりと落とすことに成功した様子。勇気を出してアプローチしてみたことが、成功への一歩だったのでしょう。

    マンネリ化していた彼に刺激を与えてみた


    「彼女持ちの彼だったけど、彼女とはマンネリ状態だと聞いていた。思わせぶりなことを言ったりドキドキさせたりと、彼女にはない刺激をたくさん与えて落とすことに成功!」(29歳/女性/医療事務)

    彼女にはない魅力を重点的にアピールしたのでしょう。マンネリ化しているところに刺激的な女性が現れたら、男性も心が揺れてしまうはずです。

    このように、自分が持っている恋愛テクニックをうまく活用して、彼女持ちの男性を落とす女性もいます。どの方法が相手にとって有効か、見極めた上で攻めることも大事ですね。
  • 彼女との関係性や男性の性格に合わせた攻め方を!

    あなたが「このやり方ならうまくいくはず」と思っていたこれまでの攻め方が、彼女持ちには通用しないこともあります。

    彼女とうまくいっている状態の時にいくらアプローチしても、男性を落とすことは難しいでしょう。その場合は長期戦となり、徐々に距離を縮める必要が出てきます。逆に、彼女とうまくいっていないとしたら、短期戦で一気に近付き、ぐいぐいアプローチしていくのが効果的でしょう。

    彼女持ちを落とすときは、自分の中にある恋愛マニュアルで攻めるよりも、彼女との関係性や男性の性格に合わせた攻め方をしたほうが、効率的で効果的です。また、彼女に不満を持つ男性は、愚痴の中に理想の女性像が投影されていることも多く、あなたが目指すべき「相手の男性が求めている女性象」が見えてくることもあります。

    時間やリスクといった問題はあるものの、彼女持ちだからといって必ずしも失敗するわけではありません。攻め方やアプローチの仕方次第では、略奪することも可能です。

Photo:All images by iStock