彼女持ち男性を落とす攻め方や注意点とは?脈ありサインも解説!

  • 彼女持ちを落とすための大胆な攻め方

    続いて、彼女持ちを短期間で落とすための大胆な攻め方をご紹介していきます。時間をかけずに積極的な行動を繰り出し、一気に落として略奪する方法です。

    どのようにすれば落とすことができるのか、その方法を見ていきましょう。

    彼女の欠点をカバーできる女性だとアピール


    彼女持ちの彼から、彼女の不満や愚痴を聞くことがあれば、自分はその欠点をカバーできる女性だとアピールすると良いでしょう。

    例えば、「彼女がだらしない」という愚痴であれば、「私は几帳面なタイプ」とアピールします。「女らしさがなくなってきた」という愚痴であれば、彼と会う時にはより一層女らしさを出した方が良いでしょう。

    彼女の欠点をカバーできる女性だとアピールすれば、今彼が求めているものを提供できる存在になります。

    彼女と喧嘩している時はチャンス


    彼が彼女と喧嘩している時は、あなたにとってかなりチャンス。その期間を狙って、積極的に連絡したり食事に誘ったりして、彼との距離をどんどん縮めていきましょう。

    相手が彼女持ちの場合は、こちらの思い通りに彼との時間を作ることがなかなかできません。しかし、彼女と喧嘩して距離が開いている状態の時は、彼と彼女はデートや電話・LINEも減っている可能性があります。彼に時間的な余裕ができているまさに今、あなたが積極的になれるチャンスでしょう。

    また彼も、彼女と喧嘩中なこともあって、あなたからの電話や誘いなどに応じてくれやすいです。長期戦のように愚痴を聞き相談に乗る方法も良いですが、一気にここで距離を縮めて落とすのもアリでしょう。

    好意を匂わせて落とす


    彼女持ちの男性には、こちらの好意をわかりやすく匂わせることも攻め方の一つ。彼から連絡が来た時にストレートに喜びを表現したり、「会いたい」「あなたが理想の男性」などと言葉にして伝えても良いです。あなたの気持ちを、態度や言葉にして匂わせると良いでしょう。

    ただし、肝心の「好き」という言葉自体は、タイミングを見計らうべきです。早まって「好きなの」と告白してしまえば、彼女がいることを理由に断られたり、利用されてしまう可能性もあります。

    彼女持ちであっても、女性から好意を見せられれば男性は嬉しく感じるもの。あなたの心にある「好き」を、態度や言葉にして匂わせて落とすのです。

    男の影をチラつかせる


    彼女持ちの彼とある程度仲良くなり、好意があることが伝わったら、他の男の影をチラつかせると効果的です。彼に今彼女がいる以上、あなたのことを引き止めるわけにも行かず、他の男に奪われてしまう!と危機感や焦りを感じるでしょう。

    さらに、自分の元からいなくなってしまうかもしれない…と寂しくなって、あなたを追いたくなる心理も働きます。あなたが自分から去ってしまうと思って追うようになれば、あとは時間の問題。彼女以上にあなたのことが気になり、考える時間が増え、「彼女よりも好きかもしれない」と気付くようになります。

    そして、彼から「俺の彼女になって」と言われたら、「彼女との関係を終わらせてからもう一回言って」と言いましょう。彼がしっかりと彼女との別れを決断し実行に移せば、略奪愛に成功です。
  • 彼女持ちの男性が女性にアタックされた時の本音

    ではここで、彼女持ちの男性が他の女性にアタックされた時、実際のところどのように思っているのかを見ていきます。アタックされた時の彼女との関係性によっても、思うところは異なるようです。どんな思いで女性のアタックを受けているのでしょうか。

    嬉しいけど彼女にバレたらどうしよう…


    「正直、アタックされることについては嬉しいけど、彼女とうまくいっている時だと、バレたらどうしようって思う」(21歳/男性/フリーター)

    この男性の場合は、彼女とうまくいっているため、彼女と別れる気はない様子。そんな時に他の女性からアタックされた時は、嬉しい反面「バレたらどうしよう」と心配してしまうようです。

    人に好意を持たれるのは嬉しいことですよね。ただし、大切な人との関係を脅かされるとなると、心配や不安が出てきてしまいます。彼女持ちの男性と落とすには、状況やタイミングが大切なことが分かりますね。

    男性としての自信がつく


    「彼女持ちなのを分かっている上でアタックされると、男として自信がつくかな」(28歳/男性/自営業)

    彼女持ちであることを分かっていながら、「私のものにしたい」「彼女から奪いたい」とアタックされると、「俺はそれだけ魅力的なんだ」と自信を持つ男性もいるようです。リスクや障害がある恋愛は、誰だってできれば避けたいものですよね。しかし、それでもアタックしてもらえると、自分の存在価値は高いものだと認識するのでしょう。

    うまくいっていない彼女と別れる決断ができた


    「彼女とはうまくいっていなかったけど、情もあってズルズルと付き合っていた。けど、他の子からアタックされて別れる決断ができた」(31歳/男性/講師)

    もともと彼女とうまくいっていなかったこの男性は、他の女性からアタックされたことがきっかけとなり、彼女と別れる決断ができたようです。

    彼女持ちと言っても、必ずしも彼女とうまくいっているとは限らないですよね。この男性のように、きっかけがない限りズルズルと付き合い続ける男性もいます。

    彼女持ちなので遊び相手として受け入れたことがある


    「彼女と別れる気はなかったけど、アタックしてくれた子も気になって…。最低だと思いながらも、遊び相手として受け入れたことがある」(26歳/男性/会社員)

    この男性のように、アタックしてくる女性を遊び相手にしてしまう人もいます。彼女と別れる気はない、しかしその女性も気になる…となってしまい、どちらも選ぶことができなかったのでしょう。

    彼女持ちであることを了承の上でアタックすると、状況によってはこのように利用されてしまうこともあることを、女性は覚えておきたいですね。