寂しいときに気持ちを伝えるLINEの送り方!男性の心理も解説

  • 寂しいときにLINEを送っていいのはどんな男性?

    「寂しい」というLINEが送られてきた時の男性心理についてご紹介しましたが、実は男性の性格やタイプによって、寂しいときにLINEを送っていいのかどうかが変わってくるんです。

    孤独を感じて寂しいとき、以下のような男性に「寂しい」LINEを送ると、丁寧に返信してくれて面倒くさいとも思われにくいですよ。

    いつも構ってくれる男性


    いつも何かと構ってくれる男性は、女性が寂しいときに送るLINEにも上手に返信してくれます。なんだかんだLINEが続いている男性や、タイムラインの投稿に毎回反応してくれる男性などはこのタイプです。

    うざいと思うこともなく、いつもと同じように返信してくれる男性には、「自分も相手に構ってほしい」という心理が働いている可能性があります。寂しがり屋、自分に自信がない、依存体質などの人に当てはあまりやすい傾向です。

    女性が男性に構ってもらっているように感じさせながらも、実は男性の方が構ってもらっている感じですね。

    自分に好意がある男性


    好きな人からのLINEはとても嬉しいものです。暇さえあれば「連絡をとりたい」「会いたい」と思っている人もいるでしょう。そのため、自分に好意がある男性なら、寂しいときのLINEにも快く対応してくれます。

    面倒くさいと感じることもなく、むしろ「LINEしてくれて嬉しい」「かわいい」と思い、さらにあなたのことを愛しく感じることもあるでしょう。

    ここでの注意点は、寂しいときに自分に好意がある男性へLINEを送ることで、「私もあなたが好きですよ」とアピールしているように受け取られる可能性があることです。

    男性に対する気持ちにもよりますが、べったり頼ってしまうのは避けた方が良いかもしれません。

    マメな男性


    マメな男性は何事も面倒くさがらず、しっかりと女性の話を聞いて安心させてくれるタイプがほとんどです。普通の男性には「寂しいって言われてもなあ…」と思われそうな場合でも、マメな男性ならきちんと向き合ってくれます。

    「モテる男はマメな性格」と言われることがよくありますが、マメな男性はとにかく周囲への気配りが上手なんです。たとえ付き合っていなかったとしても、寂しいときにLINEをくれた女性を放っておいたりはしませんよ。

    話を聞いてもらったり構ってもらったりした後は、「ありがとう!」と感謝の気持ちを伝えましょう。そうすると、男性としても「喜んでもらえてよかった」と思えるので、嫌な気持ちが残ることもありません。

    何でも受け入れてくれる優しい男性


    困っている人を放っておけなかったり、頼まれたことを断らずにやり遂げてしまう人が、あなたの友人にも1人はいるのではないでしょうか。

    何でも受け入れてくれる包容力のある男性は、寂しいときのLINEにも付き合ってくれます。このタイプの人は頼られることで自分の存在意義を認識できるため、寂しいときにLINEをくれたことを嬉しいとすら感じるでしょう。

    優しい男性には特に「LINEに付き合ってくれてありがとう」などの気持ちを伝えてあげてくださいね。「ありがとう」の言葉が、その男性にとってはとても嬉しいものですから。
  • 要注意!寂しいときの間違ったLINEの送り方

    寂しいとき、このモヤモヤとした気持ちや孤独感を彼氏に理解してほしいと思いますよね。とはいえ、間違ったLINEの送り方をしてしまうと関係が悪化したり、最悪の場合、お別れしてしまうことも…。

    いくら彼氏に構ってほしいからといって、以下のようなLINEの送り方はNGですよ。

    「会いたい」としつこく言う


    彼氏にも彼氏の事情があります。彼女に会いたい気持ちを我慢して仕事を頑張っている最中かもしれません。そんな時に、自分の気持ちだけを押し付けて「会いたい」「いつごろ会える?」としつこく言うと、自分勝手な女性だと思われてしまうでしょう。

    あまり会えていなくて寂しいときに「会いたいなあ」と一言送るだけでも、何かしらの返信をしてくれるはずです。「今は忙しい時期だからもう少し我慢して」などと返ってきたら、彼氏の現在の状況を把握することもできます。

    「会いたい会いたい!」と子どものように駄々をこねられると、男性はうんざりしてしまいますから、寂しくてもしつこく言うのは避けましょう。

    構ってくれない彼氏を責める


    女性は恋人中心、男性は仕事中心になりやすいとよく言われます。「どうして構ってくれないの?」「俺だって仕事が忙しいんだよ!」という喧嘩がよく起こるのは、男女の考え方の違いが原因なのかもしれません。

    うまく付き合っていくには、お互いの状況や考え方を想像し、歩み寄る必要があります。間違っても、LINEの返信がこないからといって、相手を責めるのは禁物。つい勢いで「もう別れる!」などと言ってしまい、本当にそのまま別れて後悔した女性もいることでしょう。

    寂しいときに相手を責めるのは、逆効果にしか働きません。

    嘘で気を引こうとする


    「気になる男性ができたから別れてほしい」などのように、わざわざ嘘をついてまで彼氏の気を引こうとするのは間違いです。

    ここでも男女の考え方の違いが出てきます。女性は寂しいときに「言わなくても察してほしい」という思いが強いのに対して、男性は「ハッキリ言ってくれないと分からない」という思いが強いです。正反対の意見ですよね。

    このような違いがあるため、あなたが嘘で彼氏の気を引こうとしても、その裏にある女性の心理を男性は理解できません。仮に気を引こうとしているのが分かっても、「面倒くさい女だな…」と思われるだけで終わってしまう場合もあります。

    構ってほしい気持ちを遠回しに伝えるやり方は、男性が相手だと通用しないので気をつけてください。

    ネガティブな内容の長文メッセージを送る


    寂しいとき、彼氏へLINEを送ろうとすると、どうしてもネガティブな内容になりやすいです。いわゆる「重い」と言われるような内容ですね。それに加えて、寂しい気持ちを分かってほしくて長文メッセージを送ってしまうと、その重さが倍増します。

    ネガティブな内容は、どんな種類のものでも、受け取り側としては良い気持ちはしません。仕事で疲れているときなどは、特にうんざりしてしまうでしょう。

    また、内容を問わず、長文のメッセージを面倒くさいと感じる男性が多いのも事実です。「返信したくないなー」「疲れるなー」と思い、彼女の思いが込められたLINEを無視する男性も少なくありません。