寂しいときに気持ちを伝えるLINEの送り方!男性の心理も解説

  • 寂しいときに気持ちを伝えるLINEの送り方

    皆さんは、寂しいときは正直に気持ちを伝えていますか?それとも我慢していますか?

    たとえあなたが寂しさを感じていたとしても、彼氏にきちんと伝えなければ、現状は何も変わりません。だからといって、一方的に気持ちを押しつけるだけでは、悪い方向へ進んでしまいます。

    そうならないために、寂しいときに上手に気持ちを伝えるLINEの送り方をご紹介しましょう。

    相手を気遣いつつ伝える


    彼氏に正直な気持ちを伝えるのは大切ですが、ここで気をつけるべきなのは、あくまで「相手を気遣いつつ」伝えるということです。

    寂しいときは「寂しいからもっとLINEしようよ」「どうしてLINEの返信くれないの?」と、ついつい彼氏に感情をぶつけてしまいやすいでしょう。不安な気持ちから生まれた些細な一言が、喧嘩のきっかけへと発展してしまう可能性もあります。

    そのため、彼氏が確実に起きている時間帯にLINEしたり、「時間のある日に会えたら嬉しいな」と相手を気遣うような文面を入れたりするのがポイントです。

    過去に彼氏が「平日は返信が遅くなる」などと言っていたなら、そのへんの都合もふまえるとなおさら良いですよ。

    寂しそうな印象のスタンプを送る


    言葉で「寂しい」と伝えるのが苦手な場合は、寂しそうな印象のスタンプを送るのがおすすめです。

    普通の会話の終わりにスタンプを送って思いを伝えることで、彼氏としても「どうしたの?寂しいの?」と女性の気持ちを聞きやすくなります。「寂しいと言われても…」と思う男性でも、寂しそうなスタンプには反応してくれる可能性が高いですよ。

    「寂しがり屋なうさぎ」「構ってスタンプ」などのかわいらしいものから面白いものまでたくさんあるので、「寂しい」と文章で伝えるよりも重く受け止められずに済むでしょう。

    デートのお誘いをしてみる


    なかなか構ってもらえなくて寂しいとき、彼氏にLINEで「寂しい」と送ったままにしていませんか?「寂しい」とだけ伝えるのは、「だからこの状況をどうにかして!」と彼氏に言っているのと同じことなので、「面倒だな…」と思う男性も多いです。

    そこで、思い切ってデートに誘ってみるのもおすすめですよ。丸1日会えなくても、「ディナーやランチを一緒に楽しむ」「ちょっとした時間にカフェでお喋りする」なども、れっきとしたデートです。

    お互いの負担にならないようなデートを提案すると、彼氏も快く受け入れてくれるでしょう。いつも彼氏からデートに誘ってもらっている人は、寂しいときに自分からデートへ誘ってみてください。

    おどけた口調のLINEを送る


    「寂しいからちょっとだけLINEに付き合ってほしい」「ストレートに気持ちを伝えるのは恥ずかしい」そう思っている女性は、少しおどけた口調のLINEを送るのもおすすめです。

    例えば、「○日に一緒にお寿司食べに行きませぬか!」「ちょっとだけ構っておくれよ~」のような感じですね。この文章を見た彼氏は驚いてクスッと笑うかもしれませんが、実はそれが本当の狙い。

    おどけることで文章に重さを感じさせないので、特にノリの良い男性やお兄さん気質の男性などは、「しょうがないなあ(笑)」と構ってくれることでしょう。
  • 女性から「寂しい」LINEが来たときの男性心理

    お付き合いをしている以上、男性も「彼女に会いたい」という思いはあるでしょう。とはいっても男性にも色々な性格がありますから、それぞれの考え方は違います。

    そこで、女性や彼女から「寂しい」という文面のLINEが来たとき、男性はどういう心理が働いているのか見ていきましょう。

    好意を実感できる


    「彼女からの好意がちゃんと実感できて嬉しい」(23歳/男性)

    「LINEを頻繁にできなくて申し訳ないなあと思う反面、寂しいというLINEが来ると自分を好きでいてくれるのがよく分かるので、正直嬉しくてニヤけます(笑)」(29歳/男性)

    彼氏も彼女と会いたいと思ってはいるものの、仕事などの都合でなかなか構ってあげられない場合もあるでしょう。彼女から「別れよう」といつ言われてしまうのか、内心ビクビクしている男性もいるかもしれません。

    そんな時に女性から「寂しい」LINEが来ると、「ちゃんと自分のことを好きでいてくれるんだ!」と実感できて、男性としてはとても嬉しいようですね。

    寂しいときのLINEはなんかかわいい


    「最近連絡できていないなーと思っていたタイミングで、彼女から『寂しいよー』というLINEが来てとてもびっくり。素直に気持ちを伝えてくれた彼女をとてもかわいく感じました」(24歳/男性)

    「寂しいときの女性のLINEって、なんかかわいいなと思います。普段のLINEよりも、構ってほしい感じとかいじけてる感じが伝わってくる」(27歳/男性)

    男のプライドもあってか、たとえ寂しいと感じていても、素直に彼女へ伝えられない男性もいます。そこで彼女が素直に「寂しいよ」とLINEを送ると、嬉しさとともにかわいらしさを感じるのでしょう。

    文面やスタンプなどで寂しさが伝わってくるのが愛しい、と感じる場合もあるようです。

    返信に困る


    「寂しいと言われても、じゃあどうしてほしいの?って思う。どう返信するのが正解なのか分からないので、とても困る」(26歳/男性)

    「電話をしてほしいのか、かまってほしいだけなのか。何を求めてそう言っているんだろうと悩んでいるうちに、返信するのを忘れることもある」(30歳/男性)

    女性が「寂しい」とLINEを送ってきた時、自分に何を求めているのかがよく分からなくて、返信に困る男性も多いです。その結果、既読無視に繋がったり、距離ができてしまったりするきっかけになるのかもしれませんね。

    この場合は、「好きってもっと言ってほしい」などのように具体的な要望を挙げてみると、返信がまた変わってくるでしょう。

    面倒くさい


    「正直、面倒くさい。こっちの都合も考えてほしい」(31歳/男性)

    「彼女には悪いけど、寂しいというLINEは少し面倒。彼女が思い描いている理想の返答を考えないと反応が悪くなるし、何かしてほしいって遠回しに言われているみたいで嫌」(24歳/男性)

    普段からLINEや電話を頻繁にしないタイプの男性は、寂しいときに女性が送ってくるLINEを面倒くさいと感じるようです。女性の要求ばかりで、男性側の都合をまるで考えていないような気がするのかもしれません。

    また、「寂しいなら、その時間を好きなことや楽しいことに使えばいいじゃん」と考える男性もいます。