一緒に帰る人の心理とは?隠れた脈ありサインや恋愛テクもご紹介

「職場のあの人がよく帰り際に誘ってくる…いったいどういう心理なの?」と気になっていませんか?一緒に帰る=脈アリかと思いがちですが、実はそうとは限りません。そこでこの記事では、一緒に帰るのを誘ってくる人の心理や誘われた方の心理をご紹介します!

  • 一緒に帰る人の心理が知りたい!これって脈あり?

    「一緒に帰ろうと誘われるんだけど…相手はどういう心理?」と悩んでいませんか?ある日突然誘われた、あるいは気が付けばいつも一緒に帰っているという相手がいると、その人がどういうつもりなのか分からず困りますよね。

    もしかしてこっちのことが好きなのかも、と思ってしまいますが、実際はどうなのでしょうか。ということで、一緒に帰る人の心理を掘り下げていきましょう!

    一緒に帰る=脈アリの心理とは限らない


    一緒に帰る時点で、相手はあなたを嫌っている可能性は低いといえます。だれだって、嫌いな相手と好んで一緒に帰るなんてことしませんよね。たとえ帰り道が一緒でも、できるだけ避けて帰ろうとするのではないでしょうか?

    ただし、一緒に帰るからといって脈ありとも言い切れないのが難しいところです。なぜなら、友達と一緒にいるという心理で一緒に帰る人もいるから。たとえ異性であっても、普通に友人として見なされているのであれば、脈ありとは言えません。

    そのため、単に一緒に帰るというだけではなく、それ以上の要素も踏まえて心理を考える必要があります。ということで、次からは早速一緒に帰る人の心理に迫りましょう。
  • 付き合ってないけど一緒に帰る人の心理

    まだ付き合っていないのに一緒に帰る場合、相手はどういう心理なのでしょうか?詳しく見ていきましょう。

    一緒にいてとても楽しい


    「ただ単に楽しいから。気が合うってだけです」(25歳/女性/事務職)

    純粋に一緒にいて楽しいという心理で一緒に帰る場合もあります。話が合うとか、親しみを感じているという心理ですね。

    脈アリの心理といえなくもありません。しかし、友達感覚で一緒に居たいだけという可能性もあるので、一番難しい部分ともいえるでしょう。

    ただし、たとえ恋愛対象として見られていなくても、一緒に帰るということはアプローチしやすいということですよね。これから先の努力によって恋愛関係になれる可能性は充分にあります。前向きにとらえても良いパターンと言えるでしょう。

    帰り道が一緒だから


    「帰り道が一緒だと、声かけなずに背中見ながら歩くのって気まずいじゃないですか。向こうもストーカーされてる気分になるかもしれないので、いっそのこと一緒に帰ろうかなと」(23歳/男性/飲食店)

    「じゃあまたね」と言って別れた後、実は帰り道が一緒なせいで微妙な距離を空けて歩くことになってしまった…。そんな経験ありませんか?社会人になるとそんなにないかもしれませんが、中高生のころを思い出せば結構思い当たるのではないでしょうか。気まずい心理になりますよね。

    つまり、帰り道が同じなら、あえて一緒に帰らないのはかえって不自然になるかもしれないということです。そのため、特に仲が悪いわけでない場合、帰り道が同じなら一緒に帰ろうと考える人もいます。

    好きな人のことをもっと知りたい


    「職場に気になってる人がいても、オフィスでは声かけられないじゃないですか。なので帰宅時を狙っちゃいます」(28歳/女性/食品メーカー勤務)

    もちろん、相手のことを好きだからこそ狙って一緒に帰る人もいます。一緒に帰るときというのはほかに知り合いがいませんから、相手のことを知るにはもってこいのタイミングですよね。

    もしかしたら、相手の帰る時間などを把握して、合わせてきているのかもしれません。偶然にしては結構よく一緒に帰ることになるな、と思ったら、相手の作戦かもしれませんよ。そういう場合はかなり脈ありと言えるでしょう。

    下心がある


    「できれば一晩そういう関係になれたらなって」(20歳/男性/学生)

    これは特に男性から一緒に帰ろうと誘ってきた場合に、女性が気をつけなければならないポイントです。もしかしたら下心で誘ってきているのかもしれません。

    ただ、対処法はかなりシンプルです。どこかに誘われたらきっぱりと断りましょう。特にお酒の場に誘われたりした場合は要注意。いわゆる、お持ち帰りを狙っているのかもしれません。

    一方、単純にあなたともっと親しくなりたいという心理で誘ってくれる人もいます。その相手が信頼できる人であれば応じてもよいでしょう。できればちょっとカフェでお茶をするなど、下心で行くような場所ではないところなら安心ですね。