ああ言えばこう言う人の特徴と心理│対処法や性格の治し方とは?

何か言うたびにいちいち反論してくる人というのは珍しくありませんよね。そんな人と話をして腹が立ったという経験は、誰にでもあるのではないでしょうか?今回は、ああ言えばこう言う人の特徴・心理をはじめ、相手との対処の仕方や、性格の治し方まで徹底解説します。

  • そもそも「ああ言えばこう言う」って?

    慣用句としておなじみであり、日常生活でもよく使われるのが「ああ言えばこう言う」という表現。たいていの人がほぼ正しい理解のもと、使っている言い回しと考えられます。今回は、そもそも「ああ言えばこう言う」とはどういうことなのかに焦点を当てて見ていきましょう。

    「ああ言えばこう言う」の意味を知ろう


    「ああ言えばこう言う」とは、よく知られた慣用句の一つ。その意味は、相手の言うことに素直に従わず、いちいち理屈をこねて逆らうこととされています。

    言葉にはしばしば元となる語源や由来が存在しますが、「ああ言えばこう言う」には明確な由来というものは存在しないよう。いつの時代も相手の言うことを素直に受け入れず、言われれば余計に自分の意見を言う人が多かったのかもしれませんね。

    時代は違えど、こうした人に接した時に、ああ言えばすぐにこう言うんだからといった具合に反発心を感じるのもまた、今と変わらなかったのかもしれません。その結果として「ああ言えばこう言う」という言い回しできたと考えるのが自然でしょう。

    「ああ言えばこう言う」を英語では何と言う?


    ああ言えばこう言うを英語にすると、『If I say this, you say that.』といった言い方になります。「もし私がこういえば、あなたはああ言うでしょ」といったニュアンスですね。

    他にも相手に面と向かって言う場合には『You always talk back to me, don't you.』といった表現も。talk back to~は、~に口答えするという意味ですので、「あなたはいつも私に向かって口答えをするね」ということになります。英語で言うところの、ああ言えばこう言うに該当しますね。

    don't you.は「そうではない」という意味ですが、前に文章があると念押しの意味合いを持つのが特徴です。