大切にしてくれる彼氏の特徴とは?愛される彼女になる方法も解説!

  • 彼氏が大切にしたいと思う彼女の特徴

    彼氏に大切にされたいと思ったら、ただ受け身でいるだけではいけません。どれほど彼女を大切にするタイプの男性でも、彼女があまりにわがままだったら見放してしまうかも。では、どんな彼女なら、男性は大切にしたくなるのでしょうか?

    気遣い上手


    彼氏に気遣いをしてもらえる彼女は、彼女自身が彼氏を気遣える人物であることが多いです。彼女がそういう人だからこそ、彼氏は気遣いをしてあげようと思うのかもしれません。

    具体的には、彼氏が落ち込んでいたら話を聞いてあげたり、逆にあえてそっとしておくなど、臨機応変に上手な対処ができる女性です。言わなくても自分のことを分かってくれる彼女のことを、男性は放ってはおきませんよ。

    一緒にいるとよく笑う


    男性は、好きな女性を楽しませたいと考えています。彼女を喜ばせたいという気持ちもありますし、それができると自分に自信を持てるから、というのもあります。

    そのため、一緒にいてよく笑ってくれる彼女を、男性はとても大切にするでしょう。自分が認められているような気分になるのです。

    甘えてくれる


    プライドが高いと、なかなか彼氏に甘えられないかもしれませんね。しかし、大抵の男性は彼女に甘えてほしいと考えています。

    彼氏が「自分を頼ってほしい」と考えるタイプであれば、積極的に甘えましょう。少々負担を感じても、彼女に頼られれば嬉しいはずです。

    ただし、理想的なのは、彼氏の負担を最小限にする甘え方です。たとえば、買い物をねだるのであれば、高額なものはあまりねだらないほうがいいでしょう。高額でも応じてくれるかもしれませんが、調子に乗ってねだっていると「俺は財布代わりかよ…」と思われます。

    あくまで甘える行為や甘える仕草が大事なのであって、負担をかければよいというものではありません。

    適度に甘やかしてくれる


    男性は基本的に甘えられるのが好きだと先ほど紹介しましたが、逆に甘えたいときもあります。むしろ、心の奥底では甘えたいという気持ちのほうが強い男性も少なくありません。

    しかし、男性は女性ほど甘えるのが上手ではないのが難点です。甘えたいと思っていても、「男がそんなことではいけない」と考えてしまいます。プライドが邪魔になって甘えられないのです。

    そんなプライドを取り払って甘えさせてあげられる彼女は、彼氏にとって理想的な存在。彼女が女神のように見え、生涯大切にする!と誓ってくれるかもしれませんよ。

    小さいことで文句を言わない


    何かにこだわりを持っている人は少なくありません。そのこだわりが邪魔されると、文句を言いたくなるのも仕方がないでしょう。

    しかし、たいしてこだわっているわけでもないのに、小さなことで文句を言うのはNG。たとえば、彼氏が用意してくれるプレゼントや、考えてくれるデートプランに、文句を言わないようにしましょう。何か要望があるのなら、次のときに叶えてもらえばいいだけのことですよね。

    どうしても譲れないこだわりがある場合は、初めから伝えておくと安全です。それでも彼が対応してくれなかったら、その時は彼氏に非があるでしょう。逆に言えば、あらかじめ伝えておかなかったのなら、伝えなかった側に非があるということです。

    価値観が似ている


    カップルで価値観が似ているのは、とても貴重なことです。仲が良い友人同士でも、意外と価値観が合わないこともありますよね。

    友人同士なそれでも仲良くやっていけますが、カップルの場合、価値観が似ているかどうかは非常に重要になります。価値観の合わない人と結婚したら、きっと精神的に孤独な暮らしになるでしょう。そのため、男性は自分と価値観が近い女性がいれば、可能な限り大切にしようと思います。

    具体的には、笑いのツボが一緒だったり、金銭感覚が一緒だと、彼氏は大切にしてくれるでしょう。そういう女性が相手なら、一緒に暮らす将来をイメージしやすいのです。