変顔をしたらあだ名がついた、真面目にしすぎたら堅いイメージがついた…「学校や職場での自己紹介で、本来の自分とは違うイメージを与えてしまった失敗とは?」207人に聞いた女性の本音

変顔をしたらあだ名がついた、真面目にしすぎたら堅いイメージがついた…など「学校や職場での自己紹介で、本来の自分とは違うイメージを与えてしまった失敗」について紹介します。(2014年10月実施 10~20代独身女性207名)

  • 学校や職場での自己紹介で、本来の自分とは違うイメージを与えてしまった失敗には、どんなものがありますか?「顔芸をしたので『変顔ちゃん』のあだ名が」「ハイボールが好きと言って酒豪だと思われた」など、想像でも構いませんので具体例を教えてください。

    高学歴の典型のような性格に思われたてしまう(20代女性)


    喋りを遅くしたせいで、のろまだと思われた(20代女性)


    お酒が好きな方と言って,飲み会に毎回誘われた(20代女性)


    特技がまったくないのに、強制だったため、囲碁段というどうでもいいうそをついた(20代女性)


    お酒の席が好きだと言ったらお酒を飲める人だと思われた(実際は飲めなくてわいわいするのが好きなだけ)(20代女性)


    酒のつまみが好きだと話したらのんべえと思われた。お酒は飲めない(20代女性)


    「顔芸をしたので『変顔ちゃん』のあだ名が」「ハイボールが好きと言って酒豪だと思われた」(20代女性)


    あだ名があまり可愛らしくないので、性格も可愛らしくないと勝手に思われた。(20代女性)


    変なサービス精神を出し過ぎて、これも自分なのだけれど、やり過ぎの時(10代女性)


    大きな失敗をして、仕事のできないイメージがついたとき(20代女性)


    田舎が好きなのに、実際は都会で育ったことで、都会にかなり詳しくて遊んでると思われた。(20代女性)


    緊張でもじもじしていたら、ぶりっ子と思われた(20代女性)


    人見知りなのにしゃべりすぎて、イメージと違うと思われがち(20代女性)


    ワインが好きといったところ単なる酒好きと思われてしまった。(20代女性)


    暗い印象をもたれないようにと、冗談とか交えて底抜けに明るい人みたいな自己紹介してしまったけど、実はそんなに明るくないことがわかるまで、しょっちゅう「落ち込んでるの?」「具合悪いの?」と言われるハメになった。(10代女性)


    真面目に見られそうだから、全然真面目でないと紹介したら本当に不真面目だと決めつけられた。(20代女性)


    お酒が好きと言っただけで酒豪だと思われた。顔立ちもお酒が強そうに見えるらしく、本当はお酒が弱いので後々面倒くさい。(10代女性)


    自分では言わなくても、周りの人が、最初から泡盛とか全然いける子だよ~と言って、酒飲みに思われる。実際は確かに飲めるけど、お茶等健康的なものの方が好きなのに。(20代女性)


    女子特有のどんな時でも一緒に行動したり陰口を言い合ったりするグループが面倒で男子と話すことが多くなった時期にビッチだとか言われた。(10代女性)


    わたしのもっているきんはたかいよ。といったらおまえ女だろう。(20代女性)


    むりしてたくさんたべたら、よくたべるひとだとおもわれるようになった(20代女性)


    思わず面白くもないだじゃれを言ってしまったとき(20代女性)


    「まおちゃん」スケートの浅田まお選手に似ている理由で言われています。今まで言われたことはないです・・・。(20代女性)


    無理してちょっと元気にニコニコ真面目に自己紹介、実際は大人しく人付き合いは苦手のめんどくさがり屋。すぐばれちゃう。(20代女性)


    テキーラが好きと言ってかなり飲む人だと思われた(20代女性)


    かぜをひいていて声ががらがらだったらハスキーちゃんといわれるようになった(20代女性)


    面白いことが好きと言って、見る側の人間だが、面白いことをやるのが好きだと思われた。(10代女性)


    MCのリハーサルでちびっこと言おうとしたらチビって言ってしまいそれから。ざきやまといわれるように(20代女性)


    緊張してちょっと言葉の選び方を間違えてしまい、おっちょこちょいのレッテルを貼られる。など。(20代女性)


    入社して6年目だがいまだに自分が出せず猫かぶりなのでとても疲れる(20代女性)