「心が広い」ってどんな意味?心が広い人になるための方法【保存版】

あなたの周りに「心が広い人」はいますか?いつでもおおらかで、なにがあっても動じない広い心を持つことができれば、人間関係はもっと楽になるでしょう。今回は、心が広い人の特徴や、広い心を身につけるための実践的な方法をご紹介します。

  • 「心が広い」ってどんな意味?

    「あの人は心が広い」「海のように広い心」など、「心が広い」という表現は日常生活の中でよく使われます。ここでは、言葉の正確な意味をご紹介します。

    おおらかでイライラしにくい人を指す


    「心が広い」という言葉は、人や物事を許容するための心のゆとりがあり、おおらかな様子を表します。心が広い人は、常にゆとりがあり、他人に対して怒ったりイライラすることは滅多にありません。

    「心が広い」の類義語・対義語


    「心が広い」の類義語に、おおらかな・寛大な・余裕がある・ゆとりがある、といった言葉があります。いずれも、人の性格や態度などを表す際に「心が広い」と近しい意味で使われます。

    また、対義語には「心が狭い」という言葉の他にも、器が小さい・度量が狭い・不寛容な、といった表現があります。

    「心が広い」の英語表現


    「心が広い」の英語表現はいくつかあり、〈be generous〉〈big-hearted〉〈broad-minded〉などの言い回しを使います。どれか一つを覚えておけば、英語圏の人とコミュニケーションを取る際に役立ちますね。