40代バツイチ男性を落とす恋愛テク!男性心理や注意点も詳しく解説

気になる相手が40代バツイチ男性だったらどうしますか?離婚歴のある男性はなぜか魅力的に見えますよね。でも本気の恋愛として受け止めてくれるのでしょうか。ここでは、40代バツイチ男性の恋愛心理と注意点を詳しく解説いたします。

  • 40代バツイチ男性に恋…落とす方法はある?

    40代バツイチ男性はなぜか魅力的に見えますよね。好きになってもおかしくはないですし、イケナイ恋でもありません。しかし相手は酸いも甘いも知り尽くしている40代男性。それもバツイチです。落とすことなどできるのでしょうか?

    離婚を経験したバツイチ男性は、未婚男性と恋愛の価値観は同じではありません。相手がなぜ離婚したのか、子供がいる・いないによっても大きく変わると言えます。こんな風に考えると、40代バツイチ男性を落とすのは一筋縄ではいかないことがわかりますよね。しかし諦めることはありません。

    まずは40代バツイチ男性の心理と好みのタイプを知りましょう。その上で落とす方法を考えていくことが近道です。
  • 40代バツイチ男性の恋愛に対する心理

    40代バツイチ男性の恋愛心理はかなり複雑で、自由な独身男性とは大きく異なります。40代になっても魅力的な男性はたくさんいますが、離婚を1度でも経験すると恋愛に対して大きなトラウマを抱えていたりするものです。

    40代の男性は仕事では重い責任を背負ったりする反面、趣味をエンジョイする人が増える年代です。恋多き40代の男性もたくさんいますが、バツイチの男性は人によっては恋愛どころではない人もいるのです。

    40代バツイチの男性と距離を縮めたい人は、相手の深層心理を理解しないと拒絶されることもあるかもしれません。そんな40代バツイチ男性の恋愛心理についてご紹介していきます。

    頑張る恋愛より自然な恋愛がしたい


    40代バツイチの男性が真っ先に思うのが「もう頑張りたくない」ということです。その理由は、結婚と離婚ですっかり心がくたびれているからです。恋愛にトラウマを抱えているケースが多いため、モチベーションを上げるにも相当な時間がかかってしまう可能性も。

    これから出会う女性とは自然体でいられる恋愛を強く望んでいるので、ジェットコースターのように振り回される相手は敬遠してしまうでしょう。

    もう恋愛で失敗したくない


    バツイチとは限らず誰にでも言えることですが、「もう恋愛で失敗したくない」という強い想は離婚という辛い経験した人こそ強く思うものです。独り身で生きて行くのは辛いけれど、「もう1度恋愛をして再婚を果たすパワーなどない」と感じてしまうことがバツイチの人が抱える悩みでもあります。

    さらに40代になると心身の衰えも感じる年代です。ますます出不精になってしまい、恋愛も「面倒くさい」と思ってしまっても無理はありません。

    結婚したくないけど恋人は欲しい


    離婚のトラウマが強く残っているからこそ、40代バツイチ男性は「結婚したくないけど恋人は欲しい」とつい思ってしまっても仕方はありません。再婚はしなくても恋人さえいれば、寂しい気持ちや性的な意味でも満たされると考える男性も多いです。

    割り切った関係を求める人はバツイチに限らず、40代の独身男性にもいます。付かず離れずの都合の良い関係を求める女性ならちょうどいいかもしれませんが、そうではない限りうまくはいかないでしょう。

    子供が欲しい


    男性も女性のように「子供が欲しい」と漠然とした気持ちに襲われることがあります。子供を持たずに離婚をした40代バツイチ男性もそれは同じく、子孫を残したい気持ちが強まることもあるんです。

    「自分の子供が欲しい」と強い思いがきっかけになり、真剣に自分の人生を見つめ直して再婚へ行動を踏み出す40代バツイチ男性は数多く存在しています。その場合は、どちらかと言えば自分よりも若い女性と再婚をするケースが多いです。

    ひとりで自由気ままに暮らしたい


    中には、「やっぱりひとりがいい」と再婚を望まない40代バツイチ男性もいます。離婚後の自由な生活に慣れてしまうと、もう一度再婚したいという気持ちが消滅してしまうのもよくあることです。

    恋人が現れても再婚には踏み切らず、自分ひとりの時間を死守するタイプですね。40代でバツイチでも、リア充な男性はとても魅力的に見えるもの。しかし本気の恋愛には至ることがなく、グイグイ迫る女性からは少しずつ離れていくでしょう。