占いを信じる人の特徴と心理|信じる理由や信じない人との違いとは?

  • 占いを信じる人に質問!どうして信じるの?

    占いにまったく興味がない人は、占いを信じる人に聞いてみたい質問があるのでは?それはずばり、「どうして占いを信じるのか?」でしょう。ここでは、占いを信じる人からの回答を、信じる人の実際の経験や考えを交えてご紹介します。

    人には持って生まれた運命があると思うから


    「未来は自分で切り開くものと言うけど、持って生まれた運命ってあると思うんですよね。芸能に秀でている人を見てると、役割を与えられて生まれてきたという気がして。だから、運命を啓示をくれるのではないかと信じてます」(21歳/女性/大学生)

    占いを信じる人の多くは、こちらの女性のように「自分にも持って生まれた運命があるのだろう」と考えているのですね。自分の未来を切り開くためのヒントを、占いから得たいと思っているようです。

    数字やデータで説明できないものがある気がするから


    「世の中には数字やデータでは説明できないものがある。そういうことに答えを出してくれるのが占いだと思ってます。四柱推命や風水などは勉強が必要だから、占いの種類によっては答えを与えてくれそうで信じられます」(20歳/男性/大学生)

    どれだけテクノロジーが発達しても、わからないことがまだまだたくさんあるのは事実。不思議な出来事が起こると、その答えは占いに求める方がいいという気になるもの。易学など、勉強が必要なタイプの占いなら信じる人も多いでしょう。

    過去に占いをしてもらった時に当たっていたから


    「会社を辞めるか残るかで悩んだ時に、占いをしてもらいました。転職するにはいいタイミングだと言われて転職活動を始めたら、すんなり採用。その後、それまで勤めていた会社は倒産。そこから占いを信じるようになりました」(25歳/男性/会社員)

    実際に占い師にみてもらい、そのとおりに行動したことが当たれば、驚きますよね。まずは占ってもらうかどうかで悩みそうですが、占ってもらって実際にそのとおりになったら、その後は信じるようになるのも自然でしょう。

    信じる者は救われる!と言われているから


    「昔から『信じる者は救われる』って言いますよね。毎日の生活の中でちょっとした信じられるものがあると、気分的にすごく救われる。だからスマホで占いを見て、いい事だけを取り入れています。ラッキーカラーとか」(23歳/女性/事務職)

    女性はもともと占いが大好きなので、毎日目を通しているという人は多いでしょう。毎日同じことの繰り返しの日々の中で、何かいいことが起こると信じたい気持ちから、占いを信じる人も少なくなさそうです。ラッキーカラーなどを信じる程度なら、前向きな気持ちになるのに一役買ってくれそうですね。