占いを信じる人の特徴と心理|信じる理由や信じない人との違いとは?

  • 信じる理由がある?占いを信じる人の心理とは?

    占いを信じる人には、信じるだけの理由があると考えるのが妥当ですよね。続いては、占いを信じる人の心理について紐解いてみましょう。

    自分の未来を知りたい


    もしも自分の未来を知ることができれば、来るべき未来に備えて努力したり用心したりすれば、もっと良くできるかもしれませんよね。自分の未来を知りたいという心理が強い人は、今を良くすることで、その先ももっと良くしたいという心理が強いと言えます。

    もしかしたら当たらないかもしれないけれど、占いの中にこれから先をより良いものにするための参考材料があるかもしれない、だとしたら教えてもらいたい、という心理もありそうです。何がきっかけで人生が良い方向へと転がりだすかはわからないので、この心理は誰もが理解できるものと言えそうですね。

    誰かに背中を押してほしい


    新しいことを始めようか、それともこのままとどまろうかと悩んだ時に、占いを利用するというのはよくあること。こうした理由で占いを信じる人は、誰かに背中を押してほしいという気持ちが大きいでしょう。

    とはいえ、背中を押してほしいという気持ちを持っている時点で、すでに前に進む方向へと気持ちは傾いていると言えます。その上で、もう少し自信がほしくて、占いに目を走らせるのでしょう。

    不安を払拭して安心したい


    何かにつけてあれこれ悩み、いろいろなことが気になる性分の人は、先が見えないことに大きな不安を感じるものです。先が見えないのは自分だけではなく、すべての人に共通することなのですが、何かにつけて不安に感じる人は、不安を解消したくて占いを信じがちです。

    先が見えない不安を払拭したいという心理は、程度の差こそあれ、ほとんどの人が持っている感情でしょう。ただ、不安に感じる気持ちが強い人ほど、占いを信じることでとても安心できるようになります。

    必ず占いの結果のとおりになるわけではありませんが、結果をもとにある程度の予測を立てることはできるので、それなりに役には立ちます。その程度でもいいから安心したいという心理が、人を占いに向かわせるのでしょう。

    今後に備えるために対策をしたい


    未来を知りたい、先のことを少しでも知って不安を払拭して安心したいという心理に共通するのが、未来を予測して対策をしたいというケースです。

    一歩踏み出すために背中を押してほしいとか、不安だから安心したいというのとは違い、いいところを取り入れるべく「占いを信じる人」になっているのです。

    備えあれば憂いなしと言いますが、占ってもらうことで未来をもっと良くすることができると信じているのです。大事な家族や物を守りたいという心理が強い場合も、占いを信じる人になりやすいと言えそうですね。