占いを信じる人の特徴と心理|信じる理由や信じない人との違いとは?

Webサイトや雑誌などにしばしば載っている占い。女性は特に「今日の運勢はどうかな?」と気になる人が多いですよね。占いを信じる人には、どのような心理や特徴があるのでしょうか。一方で、占いを信じない人との違いも気になるところです。今回は、「占いを信じる人」に迫ってみます。

  • 占いを信じる人はどんな心理?

    世の中には数多くの占いがありますが、占いを信じる人もいれば、信じない人もいますよね。信じる人には信じるだけの理由があると考えられるものの、いったいどんな心理がそうせるのでしょうか。ここでは、占いを信じる心理について考えてみます。

    特に女性は占い好きが多い


    雑誌やWebサイトなど、さまざまなところで占いを見かけます。占いは易学というひとつの学問でもあり、種類も豊富です。人によって好みは違いますが、おなじみの占いといえば、星占いや四柱推命などが挙げられます。タロットカードを使ったタロット占いも、神秘的で人気ですね。

    占いを信じる人にとりわけ女性が多いのは、女性は占いが当たった時に感じるうれしさが男性よりも大きいからだそう。占い師に占ってもらう場合、自分の気持ちを言い当ててもらう形になりますよね、占い師の発言が核心を突いていた時に大きな喜びを感じることが、女性を占い好きにさせる最大の理由なのかもしれません。

    占いを信じる人には特徴があるって本当?


    占いが好きということと、占いを信じるということは、似ているようで別物です。「好き」には「楽しむ」という要素が関係していますが、「信じる」には「自分をゆだねる」という要素が含まれているのが大きな違いでしょう。

    したがって、占いを信じる人には、いいことも悪いことも他人にゆだねてしまいがち、という特徴が見られます。こうした占いを信じる人の特徴については、このあとのページで詳しくお伝えしますが、確かに納得できる!と感じる人が多いのではないでしょうか。

    目に見えないものに興味を引かれる


    占いを信じる人は、見えないものに興味を引かれやすい心理の持ち主も少なくありません。いわゆる「スピリチュアル」と呼ばれる、神秘的な現象に関心を持っているケースです。近年のパワースポット巡りの人気は、多くの人がスピリチュアルなものに関心を寄せていることを、如実に物語っていると言えそうです。

    占いの結果を導きだした原因が、目に見えないものである場合も多いでしょう。もともとスピリチュアルなものに関心がある人が、目に見えないものが答えをもたらす占いに興味を引かれるのも、自然なことなのかもしれませんね。