話を聞いて同調したりする、差し入れをする、人として気遣って当たり前なこと…「特に恋愛感情がなくても、男性に向けて心掛ける日常的な気遣いとは?」172人に聞いた女性の本音

話を聞いて同調したりする、差し入れをする、人として気遣って当たり前なこと…など「特に恋愛感情がなくても、男性に向けて心掛ける日常的な気遣い」について紹介します。(2015年2月実施 10~20代独身女性172名)

  • 特に恋愛感情がなくても、男性に対して優しい気遣いをすることはありますか。

    とにかく聞き上手になる、褒めてあげることが大事(20代女性)


    恋愛感情がなければ、飲みに誘ったりはしない。体調が悪そうなら、大丈夫か確認するために声をかけることはある。(20代女性)


    見返りが変ええてくることを信じて、にこやかにふるまうようにはしています。(20代女性)


    男の人も意外と話好きが多いので、話を聞いて同調したりする。(20代女性)


    全く知らない人にはできないが、同僚とかであれば食事に誘ったりする(10代女性)


    日頃の挨拶や感謝の気持ちは必ず伝えるようにする(20代女性)


    病気や体調の悪い人は女でも男でもほおってはおけないですね。(10代女性)


    人の原点に立てば、あり得る。但し、誤解されないようにする必要がある。(20代女性)


    仕事を頑張った後には、お祝いの言葉をかける(20代女性)


    勉強や仕事でテンパっている友人や同僚に差し入れをする(10代女性)


    風邪ひいて寝込んでいるとか聞いたら男女を問わずほってはおけません。(20代女性)


    男性より前を歩かない、年齢が同じでも見下したような口調で話さないなど、男性を立てるようにしている。(20代女性)


    男性に向けてだけではないが、男女平等に体調が悪そうだったり、落ち込んでいれば気にかける。(20代女性)


    食事を取りわける、飲み物の減り具合を見て店員を呼ぶ(20代女性)


    職場で怒られて落ち込んでいたりすると飲みにさそう。(20代女性)


    受験生には、やさしくしている。幸運を祈っている(20代女性)


    職場の男性(後輩)が落ち込んでいるときなど、飲みに誘うこともある。(20代女性)


    人として気遣って当たり前なことは誰にでもやることが多い(10代女性)


    元気がなさそうな男性に、最近元気なくない?と気遣いの一言。(10代女性)


    一人でいる人には声をかけたくなる。そーゆー人ってたいがいおもしろいから(20代女性)


    男性に特定したことはないが行為がなくとも困ってたり体調が悪そうだったら声をかけます。(10代女性)


    体調が悪そうな人には、必ず気遣いをしてあげる(20代女性)


    「失恋などで落ち込んでいる男性を励ますために飲みに誘う」(10代女性)


    日常茶飯事。相手の様子が少しでもおかしければ、人として心配するのは当然だと思う(20代女性)


    体調を気遣って声をかけたり、残業やお疲れ気味だったら差し入れをします。 あと、落ち込んでいる友人がいれば飲みに誘ったり、愚痴や悩みを聞いています。(10代女性)


    普段自分のために頑張ってくれている人へなら気遣う(20代女性)


    たいちょうがわるそうだとついついかわいそうでやさしくこえをかける(20代女性)


    落ち込んでいる時には「一人じゃなくて私は貴方の頑張りを知っている」事や「味方」である事を話す。(20代女性)


    普通に飲みの席でも飲みすぎて具合悪そうなら異性としてではなく人間として介抱する。(20代女性)


    恋愛感情が無い場合、男性を男性と見ていないので、特に男性に向けて気遣いをしている意識はありません(20代女性)