こまごまとサービスする、紹介して、気を配れる女…「結婚式の2次会で「彼氏候補」「将来の旦那様候補」をつかまえるきっかけとは?」197人に聞いた女性の本音

こまごまとサービスする、紹介して、気を配れる女…など「結婚式の2次会で「彼氏候補」「将来の旦那様候補」をつかまえるきっかけ」について紹介します。(2015年1月実施 10~20代独身女性197名)

  • 結婚式の2次会で「彼氏候補」「将来の旦那様候補」をつかまえるとしたら、どんなふうにきっかけを作るといいのでしょうか。

    わざと、ぶつかるとか、連絡先を渡してみたりする(20代女性)


    話しかける。それが出来なかったら、友人に連絡先を教えてもらう。(20代女性)


    とりあえず一緒のグループに入って仲良く話をする(20代女性)


    写真撮りましょうかとそのグループに声をかけてきっかけを作る(10代女性)


    とりあえず、主役の人をほめる。式もほめる(20代女性)


    友達の旦那と仲良くなって、彼女のいない人を紹介してもらう(20代女性)


    先ずは、話。お酒を飲んでいるか居ないか、でも決まります。(20代女性)


    帰り際に一緒になった時に、良かったら今日撮った写真を見せてくださいませんか?とアドレスを伝える。(20代女性)


    目当ての人にさりげなく、こまごまとサービスすること(20代女性)


    新郎新婦に協力をお願いして紹介のような形が1番いい(10代女性)


    男性と混じってグループを作ってゲームをする(20代女性)


    誰か共通の友人がいれば、取り持っていただきたい(20代女性)


    隣の席でもじもじして、こんやどうしているかそうぞうさせる(20代女性)


    とにかく、あかるくあいそうよくふるまうとよい(10代女性)


    花嫁の話題からお話を進めていくのが常套手段かと。(20代女性)


    結婚関係の話じゃなくて、趣味とか仕事の話をしたほうが印象に残るし、相手の人となりもわかる。 結婚の話をすると、ただ単に結婚を焦っているように思われることがあるからあまりガンガン行かないほうがいい。(10代女性)


    新郎新婦ネタで近づく。相手側の話を聞いて、「わたしの友人がそんな良い方と結婚できて本当に良かった」と、新郎新婦を一気に褒める。(10代女性)


    騒ぎすぎず、でもさりげなく新婦のそばにいる。主役の二人の近くにいることで、目に入る確立が増えると思うから。(20代女性)


    さりげなく隣や向かいに座ってとにかく話しかける。(10代女性)


    想像つかない。普通に話しかけるものではないのか?(20代女性)


    羨ましいという気持ちを表す場合には少しは興味感じる(20代女性)


    誰の友達とか、ありきたりな会話から次に会う予定をつくる。(10代女性)


    見た感じタイプの男性の近くに座ったり、話しかける(20代女性)


    さりげなく同じテーブルに籍を取る。新郎新婦に紹介してもらう。(10代女性)


    2次回で話しかけて、仲良くなるようにする(20代女性)


    新郎新婦に仲を取り持ってもらう。ゲームなどをきっかけに近づく(20代女性)


    ロビーでさりげなくあたりを探り、一人で来てる人はいないか探す(20代女性)


    はっきりと幹事に、紹介してーと頼んでみる(20代女性)


    主役との仲から始めて今度合コン、連絡先交換、三次会Aさんがいくなら行こうかなー(20代女性)


    気を配れる女になること、周りを明るくする(20代女性)