嘘告白された時の対処法はコレ!ウソ告する理由と男子の心理も解説

  • 嘘告白かも…そう思った時の対処法

    ここまで、嘘告白をする男子の気持ちを紹介しましたが、少しは理解できたでしょうか。それでもやっぱり嘘告白は許せないですよね。ここからは、実際に告白されて、嘘告白かどうか不安になってしまったときにどう対処したらいいのかを見ていきましょう。

    すぐには返信せず様子をみる


    まずは、すぐに返信をせずに様子を見てみましょう。LINEでの告白ならば、1日くらいなら返信をしなくても大丈夫です。本当に好きならば、すぐに返信が来ないと不安になりますよね。そうすると、あなたのことを気遣うようなLINEを送ってくるかもしれません。

    しかし、嘘告白の場合は、そのような気遣いはなく、「早く返事しろよ」といったような攻撃的なLINEが続けて送られてくるかもしれません。その場合は、あなたに対して好意がないことがすぐにわかりますよね。

    また、「返事は少し待ってくれる?」などと返し、1週間ほど相手の様子をうかがってみるのもいいでしょう。学校で相手がそわそわしている様子があったりすれば、いたずらではないことが確認できるはずです。

    「告白は直接言ってほしい」と伝える


    LINEで告白されると嘘告白なのではないかと不安になりますよね。そんな時は、「LINEだと信用できないから直接言ってくれる?」というようにストレートに伝えてしまうのも一つの手です。

    本当にあなたのことが好きで告白をしているのならば、当然直接会ってもう一度告白してくれるでしょう。嘘告白の場合は、そこまではしてこないケースが多いです。物陰に隠れて動画を取られる可能性もあるため、会う場所には気を付けてくださいね。

    質問して相手が本気か確かめる


    相手の本気度を確かめるには、すぐに告白に返事するのではなく、質問して相手の本気度を確かめてみましょう。「なぜ自分のことを好きになったのか」や「自分のどこが好きなのか」といった質問をいくつかしてみましょう。

    本当に好きならば、このような質問には簡単に答えることができますよね。しかし、嘘告白の場合は、このような質問には答えられなかったり、適当にごまかす可能性が高いです。

    また、具体的にどんな付き合いをしていきたいのかといった質問なども、嘘告白の場合は答えづらいのでいいかもしれませんね。

    一旦保留にして情報収集する


    嘘告白か見抜くために「すぐに返事をしない」という方法を紹介しましたが、もちろん一人で悩む必要はありません。返事は一旦保留にして、友達に相談したり、告白してきた男子やその男子が所属しているグループの評判などを調べてみるのもいいでしょう。

    もしかしたら友達の中に、同じグループの男子から嘘告白をされた子がいるかもしれません。友達から悪い評判が上がり嘘告白だと判断したときは、告白はそのまま無視してしまってもよいでしょう。

    冷静に返す


    嘘告白をする男子たちは、女子の焦る姿や、動揺する姿をみて楽しんでいます。それだけに、LINEでの告白には冷静に答えるようにしましょう。好きな男子から告白をされたら、うれしくてついつい色々LINEで話したくなってしまいますよね。しかし、嘘告白だった場合は、それらの会話を男子グループは面白がって共有しているのです。

    それでは、騙されたと知った時に悔しいですよね。そうならないために、LINEでは告白されても「いいよ」と一言で返事をして終わらせるくらいでいいでしょう。そうすれば、もし「嘘告白だったんだ」と知らされても、「知ってたよ。こっちも嘘だから。」と冷静に返すことができるでしょう。

    自分の気持ちを正直に伝える


    LINEで告白されると、嘘告白かもと不安になってしまいますよね。でも、もしその人のことが好きならば、相手に自分の気持ちを伝えるチャンスと捉えるのも良いのではないでしょうか。自分の気持ちを正直に伝えてしまいましょう。

    例え嘘告白だったとしても、相手には自分の気持ちが伝わっているので、もしかしたら、そこから相手が意識しはじめて、恋愛に発展させることができるかもしれません。

    もしだめだとしても、諦めるきっかけになりますよね。嘘告白をするような人だったんだと知ることもできるし、諦めて次の恋へ向かうチャンスにもなります。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)