セックスでいけない理由ってなに?【男女別】解決法も詳しく解説!

セックスでいけないのはどうしてなのか、その理由をご存知ですか?この記事では、セックスでいけない理由を男女別にご紹介。それぞれの解決法についてもお伝えしています。セックスでいけるようになりたい!パートナーをいかせたい!そんな方はぜひ参考にしてみてください。

  • セックスでいけないと悩む男女は多い?

    男女が体を重ね合うことで、お互いの愛情を確かめ合ったり快感を求め合ったりする行為、それがセックスです。愛する人とするセックスは、何よりも幸せを感じるひとときですよね。

    そんな幸せを感じるはずのセックスにも悩みはつきもの。実は、セックスでいけないという悩みを抱えている男女が多いというのです。セックスでいけないのはどうしてなのでしょう?

    今回は、セックスでいけない理由を男女別にまとめてみました。解決方法についても詳しくお伝えしていきたいと思います。

    オナニーではいけるけどセックスではいけない


    セックスでいけないパターンで多いのが、オナニーではいけるけどセックスではいけない、というパターンです。オナニーでいけるのは、自分で行ういわゆる自慰行為だから。気持ちいい場所がピンポイントで分かる上、相手がいない分、気を遣うことなくリラックスできるのが、イクことにつながっているのでしょう。

    オナニーでいけるということは、イクという感覚は知っているわけなので、セックスでいけないのがとてももどかしいですよね。相手にも悪いと思ってしまいますし、オナニーでイクときの快感をセックスでも味わってみたいと思うことでしょう。

    いけるときといけないときがある


    相手や状況により、いけるときといけないときがあるというのも、セックスでいけないという悩みで多いパターンです。セックスは一人でするものではないので、相手との体の相性や気持ちの問題、セックスをするときの状況などが複雑に絡んできます。いけるときといけないときがあるのは仕方のないことなのかもしれません。

    パートナーがセックスでいかず悩む人も?


    セックスでいけないという悩みは、自分のことだけに限った悩みではありません。自分ではなく、セックスをする相手であるパートナーがいかなくて悩んでいる人も多いのです。

    自分はいけるのにパートナーがいけないと、何か自分に原因があるのではないかと不安になってしまいますよね。自分だけがいくのも、パートナーに悪い気がするでしょう。二人でいけたらそれがベストなので、何とかして相手をいかせたいと悩んでしまう人が多いようです。