「付き合う」の定義とは?【男女・立場別】交際の意味や定義を解説!

「付き合う」の定義って何だろう?恋バナをするとき、一度は話題になりますよね。男女や立場によって「付き合う」の定義は変わります。今回はそんな「付き合う」の定義について、細かく解説していきます。自分なりの答えを見つけたい人は、ぜひ参考にしてみてください。

  • 「付き合う」ってどういうこと?定義はある?

    あなたにとって、「付き合う」の定義は何ですか?好意を抱いた相手に対して、「あの人と付き合いたい」と思うのは誰にでもあることです。

    しかし、付き合うって具体的にはどういうことを指すのか、説明するのは難しいですよね。どういった定義をすることで、付き合うことになるのか、男女はもちろん個人でも価値観が違います。

    今回は、この「付き合う」の定義について、詳しくお話をしていきます。

    男女で「付き合う」の定義は異なる


    普段、異性と恋人関係になるときに、付き合うという表現をしますが、実は男女で付き合うの定義は異なります。

    例を出すと、女性は「付き合う=体の関係を許すような関係になる」男性は「付き合う=自分の身内として迎え入れ、自分のものであると考える」といった違いです。

    こういった違いがあることを理解していないと、恋愛において辛い思いをすることも。男女のすれ違いは、このような細かな定義や考え方の違いから生まれるのです。

    辞書では「付き合う」=交際ではない?


    実は、付き合うという言葉を辞書で引くと、交際以外の意味も出てくるのを知っていますか?

    ・人の行動に合わせる、人と行動を共にする。「食事に付き合う」
    ・行き来したりして、人と親密になること。「近隣住民と親しく付き合う」

    付き合うには恋人として交際するという意味だけではなく、人としてのお付き合いも含まれているんですよ。

    「付き合う」って特別なこと?


    結局、付き合うってどういうことなのか。

    使うシーンによって相手との距離感は異なりますが、付き合うとは特別なことです。全く知らない他人、挨拶程度の知人とは違って、より一層関係を深めるために付き合うわけですから当然ですよね。

    どうでもいい人にわざわざ付き合って、時間を無駄にしたい人なんていません。

    よく食事に付き合ってくれる人や、恋人としてお付き合いをしている人がいるのならば、その人を大事にしてください。相手はあなたにとって、間違いなく特別な存在です。